中古品:
¥ 1,200
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: (@^▽^@)♪大変きれいな状態です!丁寧に梱包して発送させていただきます!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 900MP3アルバムを購入

グルーヴィー Limited Edition

5つ星のうち 4.4 39件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の レッド・ガーランド ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2005/9/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 40 分
  • ASIN: B000AMZ0XA
  • JAN: 4988002491711
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 1,014,085位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
8:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
6:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
4:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
9:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
7:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
3:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

期間限定プライスでお届けする、ビクターJAZZ名盤シリーズ`BEST VALUE 1500`。本作は、レッド・ガーランドの1956、57年録音盤。 (C)RS

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
タイトル通りに本当に爽快な一枚。前倒しでドンドン転がっていくグルーヴィーなピアノに、後乗りのベースとドラムスが追っかけごっこをする。この三者の微妙なタイミングのずれがスゥインギーなサウンドを作り出している。ベースのポール・チェンバースの音が良く聞こえてサイコーだ。彼のリーダー作ベースオントップより、こっちのプレイの方が好き。一見(一聴?)フィリージョージョンズと間違えそうな位、やくざな乗りのドラムスのアートテイラーのプレイもカッコイイ。少し控えめのフィリージョーという感じだ。アートテイラーはトレーンのジャイアントステップスでも、ワイルドなドラムスを叩きまくっているけどね。リズムセクションとピアノの絡みを勉強するのにも、これは最適の1枚と言えるでしょうね。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
レッド・ガーランドの名義のアルバムですが、ポール・チェンバースのウォーキング・ベースが聴き所だと僕は思っています。JAZZのベースの良さが分かるでしょうし、音がせまってくるようでもう最高の演奏です!
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sakiki 投稿日 2005/10/2
形式: CD
レッドガーランドの軽快なピアノもよいが、サイドマンがそれに劣らずよい。1曲目のポールチェンバースの芯があり転がるようなベース、アートテーラーのオーソドックスだが的を得たバッキング、それらが三位一体となった演奏を聴いてください。音質もよいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 JAZZに余り興味がなかった頃、ジャケットとタイトルがカッコ良くって思わず衝動買いをしてしまったアルバム。でもこれが良かった!1曲目のCジャムブルース。これにはまってしまった。とことん熱くはなく、印象はむしろクールなんだけど、音がグルーヴして弾むような感じが妙に気に入ってしまってJAZZを本格的に聴くキッカケとなりました。正に"Groovy"。タイトルに偽りなしです。肩肘はらずにリラックスして聴けることも秀逸。今でも我が家のへヴィーローテーションの内の一つです。コテコテのJAZZファン以外にむしろお薦め1作。いつもそばに置いておきたい素敵なアルバムです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ピアノトリオで何枚か好きなのを上げろ、といわれたら絶対にはいる一枚です。しかし、世間一般では「1.C JAM BLES」「4.WILLOW WEEP FOR ME」のブルージーな曲に人気があるようです。
確かにその二曲もいいのですが、僕は誰がなんと言おうと、2, 3, 5です。特に「5.WHAT CAN I SAY DEAR」です。これ以外のこの曲の演奏を見たことがないのですが、大好きな曲です。逆に「3.WILL YOU STILL BE MINE」は結構やってる人がいるので、他の演奏を探すのもまた楽しいです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
管が無いピアノトリオ。ずんずん聴かせる。ずんずん自分の中に入り込んでくる。
何となく聞き流してしまうような曲は無い、と言えます。存在感が全く違いますよ。
ガーランドがリーダーのアルバムですが、ポール・チェンバースが「刻み」ます!
ベースが聴きたいな〜というとき。このCDを推す人はあまりいないとは思うが、
私はコレを推したい(ピアノ・ドラムもイイけど)。体幹まで響かせてくれる曲集。

 レッド・ガーランド(ピアノ)
 ポール・チェンバース(ベース)
 アート・テイラー(ドラム)
 ■1956年12月14日(4、5曲目)、1957年5月24日(6曲目)、8月9日(1-3曲目)
 ニュージャージーにて 録音

トリオなので当然ですけど、三人でこの音、出しているのです。お薦めの作品☆
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 4649 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/2/18
形式: CD
ジャズは50年台と60年台以降で結構演奏の洗練度に目立った差がある。懐古的な50年代ジャズの熱狂的ファンがいる一方で60年台以降のモーダルな演奏に慣れてると50年台のジャズはなんとも退屈に感じてしまうのも事実だろう。確かに、この版は50年台の典型的ピアノジャズなので少し退屈といえば退屈なのだが、演奏自体の完成度はとても高く聴いているとなんとも心地の良い気分になれるのでモーダルなジャズが好きな人もとりあえず抑えておきたいアルバムだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
マイルス・デイビスという人は時代の中で最適なピアニストを抜擢する才能に長けていた。レッド・ガーランドというバド・パウエル系のピアニストの中でもとりわけ優れているというわけではない新進をスカウトし、グループのサウンドを決定付ける個性とサウンドを定着させたのだから。その後、ビル・エバンス、ウイントン・ケリー、ハービー・ハンコック、チック・コリア、ジョー・ザビヌル、キース・ジャレットというふうにそれぞれが時代のピアノスタイルを打ち出し、巨匠として活躍した。現在レッド・ガーランドのピアノを聞くと、50年代ではホレス・シルバー、トミー・フラナガン、ソニー・クラークなどと比較するとやや劣る甘く、癖のあるカクテル・ピアニストといった印象がぬぐえない。なぜマイルスは彼を雇ったのだろうかと思ってしまうほどである。しかし当時のマイルスクインテットにはガーランドが必要だったのである。バラードとブルース、ミュートプレイなど50年代後半のマイルスのコンセプトには不可欠な存在だったのだ。そしてザ・リズムセクションと呼ばれるほどの完成度とオリジナリティがそこに醸成され、数々の傑作をものにしていった。しかしながら、マイルスのコンセプションはヤドカリが殻を脱ぎかえるように、リズムセクションを刷新し、新たなリズム陣を形成していった。すなわちその後のガーランドとはマイルスの50年代後半の残滓であり、生き証人だったのでは...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー