この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グルジア現代史 (ユーラシア・ブックレット) 単行本 – 2009/2

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,999
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

東西文明の十字路に位置し、“ワインと薔薇の国”としても知られるグルジアの独立の歩みと民族紛争の悲劇をまとめた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

前田/弘毅
1971年生まれ。1995年東京大学文学部東洋史学科卒業。博士(文学、東京大学)。コーカサス地域研究、イラン・グルジア史専攻。上智大学、北海道大学、北海学園大学、日本大学等で講師を歴任。現在、大阪大学世界言語研究センター特任助教、北海道大学スラブ研究センター客員准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 63ページ
  • 出版社: 東洋書店 (2009/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4885958296
  • ISBN-13: 978-4885958298
  • 発売日: 2009/02
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.4 x 0.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 997,979位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
4
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
学者・研究者というものは(東欧に限らず)、研究対象とする国への思い入れのあまり偏った見解を示す事が相対的に多いのだが、前田氏は非常にバランスある記述を心掛けているように感じられる。アブハジア、南オセチア紛争の概略も知れる。グルジアの政治面の沿革を知るには良い本だ。

「バラ革命」によるシュワルナゼ失脚の背景にあるのが、巷間で言われていたような、単なる「ソ連型政治への人々の批判精神と、民主化革命への希求」といった単純なシナリオではない事が見えてくる。実際、サアカシヴィリもそれなりに強権的であって、共闘していたニノ・ブルジャナゼが袂を分かつ結果を招来している。

ウクライナにはユリヤ・ティモシェンコが出て、グルジアにはニノ・ブルジャナゼが出ている。ロシアに対して対立も辞さないものの、対立一辺倒ではない実利中心の外交を志向するしたたかさを備えているのが両者に共通している。いずれも女性政治家であるところが興味深い。

ただし、「現代史」と銘打つ割には、政治史が中心であり、現代グルジアの文化面やグルジア正教会についての記述にはかなりの弱点が見受けられる(というより殆ど書いていない)。ユーラシア・ブックレットによる、グルジアを含むコーカサス関連分野の出版拡充を期待したい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
グルジアのガイドが、グルジアは戦争の歴史ですと言っていたが、その中で1900年代以降を中心に研究的にまとめてある。観光旅行の資料としては堅苦しいがグルジアに興味がある人には参考になると思う。私は2012年9月に旅したが、10月に総選挙がある予定で都市部では盛り上がっていた。グルジアは北海道位の広さで自然が美しくグルジア正教の教会や、スワネティ地方の塔の家も興味深かった。人々も穏やかで親日的であり、女性は会う人ごとに美人で食事もおいしく、これから日本人旅行客も増えると思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 ソ連崩壊後のグルジアの現代史をコンパクトにまとめた一冊。
 先ず民族事情。他の中央アジア諸国同様、国内に複数の民族が混在する。しかもロシア人やドイツ人などの移民ではなく、オセチア人、アブハズ人、アチャラ自治共和国、と言った強い民族独立心を持った民族を国内に擁し、ごくごく最近まで紛争が絶えないエリアである。
 一方、歴史だが旧ソ連から独立した当初はシュワルナゼ時代、21世紀に入りバラ革命が起こり、サアカシュヴィリ時代へ。サアカシュヴィリ政権は現在も続くが、揺らぎつつあるのが現在。
 イラン北部と国境を接し、チェチェン紛争などにも関与する、何より地政学的にロシアとアメリカの外交バランスが要求され中央アジアでは最も国際情勢上注目されるグルジア。
 ただ、これだけだと政争激しい国、と言う印象だが、その一方でテンギズ・アブラゼ監督映画「懺悔」についても触れられている。この作品を観たことがあるが、挿入されるベートーベンの「歓喜の歌」が強烈に印象に残る。古典ではなく現代において新しい中央アジアの文化発信地でもあるのである。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
グルジアという国は日本人にとって馴染みの薄い国ではあるとおもう。それは当然であり、正直に云えば小国である。
しかしながら歴史的に宗教や民族、大国間の利害の中で翻弄されてきた歴史を持つ。1991年にソ連からの独立を回復し、20年間の激動の歴史を刻んできた。
シュワルナゼを倒して大統領に就任したサアカシュヴィリは、過激なまでの民族主義を全面に押し出している。ロシアにも一歩も譲らない。波乱万丈の歴史を辿ってきたグルジアにとって民族たることは重要なことなのである。
しかし民主主義国家として未熟なグルジアは、健全に政党政治が機能していない。野党も統率が取れていないし、与党の政権運営もままならない。これは日本にも少し通ずるものがあると思う。
サアカシュヴィリ政権も、価値観外交の一環で日本との結びつきが密になりつつある。政権交代でこの先どうなるか不明ではあるが、中央アジアとの関係も決して小さいものではない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告