通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
グリーン家殺人事件 (創元推理文庫 103-3) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。クリーニング済!24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。【検品担当者より】丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。日本郵便ゆうメールにて毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グリーン家殺人事件 (創元推理文庫 103-3) 文庫 – 1959/6

5つ星のうち 4.2 27件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1959/6
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 111

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • グリーン家殺人事件 (創元推理文庫 103-3)
  • +
  • 僧正殺人事件 (S・S・ヴァン・ダイン全集) (創元推理文庫)
  • +
  • ベンスン殺人事件 (S・S・ヴァン・ダイン全集1) (創元推理文庫)
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 467ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1959/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488103030
  • ISBN-13: 978-4488103033
  • 発売日: 1959/06
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 145,570位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

中学生時代夢中になって読みました。
ヴァン・ダインのミステリィは、当初に心理的探偵法を売り物としていたこともあって、
犯人の異常な性格や心理に焦点をあてた作品が多く、忘れ難い犯人を次々と生み出します。
本作の犯人は、次作の「僧正殺人事件」と並んでその代表例であり、この特異で奇怪な人物像は、
事件の真相が語られるに従って明らかになって行きます。
犯人の設定に関しては、すぐネタが割れるとか、古いとか言われます。
確かに一部は当たっているのですが、広大な屋敷を夜な夜な徘徊し、屋敷内の図書館で連続殺人の構想を練るくだりや、
現実と空想をない交ぜにして大胆に連続殺人を犯していく犯人の存在感は、強烈な印象を与えてくれます。
また探偵ファイロ・ヴァンスとのやりとりもシリーズ中屈指の名対決であり、何回読み返しても飽きません。
大昔の作品で若い人には読みづらいかもしれませんが、今時の作品にはない重厚さと趣のある世界が楽しめますのでお薦めです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
クイーンが「Yの悲劇」で本作を凌駕しようと試みたり、浜尾四郎が本作にインスパイアされて「殺人鬼」を書いた、ということを考えると、本作のインパクトと影響がいかに大きかったかが分かる。
そして、本作は本格ミステリの重要なガジェットのひとつをクリエイトしたものとしても、高く評価されるべき作品である。

ストーリーがほとんど家の中で進行し、怪しげな住人というか家族がいて、その中に犯人がいるらしい、というプロットは、現在ではとても陳腐なものと思われるだろう。
しかし、すべては本作の土台の上にあるのだ。
そしてこのミスディレクションも、当時としては斬新なものだったろう。

ミステリとしての重厚さは十分である。
ただ、現代の読者には、多分犯人はすぐ分かってしまうだろう。
だから、単に面白いミステリ、手軽にミステリを読みたいというひとにはオススメしない。
本書の歴史的意義、数々の作品の土台を確かめたいというミステリ読みには、必読の名作である。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
歴代の本格推理のランキングで必ず入るヴァンダィンの僧正と並ぶ2大傑作のグリーン家である。
1920年代に発表されたこともあり、かなり古い作品だが、今読んでも十分楽しめるのは凄い事である。
館内での住人5人程度が次々殺害されていき、犯人はその中の一人・・・という王道的館ものクローズドサークルものの古典であり、教科書である。
現在、作者のヴァンダインの著作が全て刊行されているのは日本だけらしいが、要するに作風がこれは日本人好みだなという感じがする。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2017/4/25
中学生のときヴァン・ダインの『僧正殺人事件』を読んだ。傑作の呼び声が高いことに期待していたのだが、読み終えてみると正直ピンとこなくて、この人との縁はそれきりだった。でもいつかもう一つの代表作『グリーン家殺人事件』を読もう、と思い続けて何十年、わたしはやっと本懐を遂げた! なんて大げさだけれど、とにかくまあ読んだわけである。

予想外に読みやすかった。中学生には「???」だった独特のクドい作風も、そこまでは気にならなかった。30年という歳月の経過は、確実にヴァン・ダインへの耐性を高めていたのだ。内容もこれまた予想外にそこそこ楽しめたのだが、一方で「こりゃ欧米では廃れるわな」ということもしみじみ痛感させられた。殺人→尋問→殺人→尋問みたいな単調な展開は、現代の読者にはいささか退屈だろう。場面転換も舞台劇のように地味だ。

ところで、ヴァン・ダインといえばミステリ作法上のタブーを提唱した「二十則」が有名だけれど、本書を読了して改めてそれを眺めてみると、えーと自分自身が守れてないよね? という内容がちょこちょこある。例えばある殺人で、読者が知り得ない秘密の場所を活用した機械トリックが出てくるのだが、これなんかとてもフェアとは言いがたい。事件の謎を解く手がかりは、すべて明白に記述されなければならないのでは…。また、別のトリックでは、シャーロック・ホーム
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/18
たとえ「翻訳物ってカタカナの名前が覚えられない」と敬遠している人でも、この本は大丈夫。昨今の推理小説のいささか過剰なタイトルからすると地味な印象ですが、中身はどうしてどうして、ショッキングな資産家連続殺人なのです。惨劇の舞台となるグリーン家の人々は個性が強烈な人々で、複雑な血縁関係が展開しているわけでもないので、カタカナが苦手でいちいち登場人物一覧を読み返すのが辛い、という方でも未亡人・兄・弟・妹・養女・医者・メイド・料理女・執事と、これだけ覚えれば問題なし。人物描写もさることながら、屋敷の重苦しく暗い雰囲気も抜群。古き良き時代の名作です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー