Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 486

¥ 1,026の割引 (68%)

(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[新井素子]のグリーン・レクイエム (講談社文庫)
Kindle App Ad

グリーン・レクイエム (講談社文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 486
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 252
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

商品の説明

内容紹介

えっと、作品のご案内です。腰まで届く長い髪の娘・明日香。その髪に驚くべき秘密と力をひめた彼女の正体は? 彼女を愛してしまった青年・信彦との、のがれられぬ運命が明日香を見舞う。彼女の行く先は、さて、どこ? ショパンのノクターンが全編を包む「グリーン・レクイエム」、他二編の心躍るSF。

内容(「BOOK」データベースより)

信彦が七つのときに出会った緑の髪の少女。十八年後、信彦が公園で見かけた、陽のあたるベンチに坐っている明日香がその少女にそっくりだった…!緑の長い髪をもつ明日香と、彼女を愛してしまった信彦。明日香の正体は?二人の恋の行方はどうなるのか…?!美しいピアノの調べにのって展開する切ないラブストーリー。小学校高学年から。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 258 KB
  • 紙の本の長さ: 168 ページ
  • 出版社: 講談社 (1983/10/15)
  • 販売: 株式会社講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00K6AGF8A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 59,039位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
私が此の本を読んだのは中学生の時でした。非常にインパクトがあり、新井素子ワールドとでも言いましょうか、独特の世界観を持った作品です。此の様な作品を電子書籍として読めるのは良い時代になったな~と思います。ただ、残念なのが、特に古い作品の電子書籍に多いのですが、この作品も然り、挿絵が省かれていることです。

あと、新井素子さんの作品のラインナップをもう少し充実させてください。出来れば新井素子さんの作品は全作品を読み返したいので・・・。

皆さんも軽い気持ちで読んでください。そして、新井素子ワールドを味わってください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
新井素子さんの原点みたいな作品ですね。高校生のときに読んだのを、久しぶりに買い直して読んでみました。ラストも忘れていましたので、ちょうど良かったです。あのころからグリーンエコロジーとか考えていたんですね。著者の思いが伝わってくる良い作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
新井素子の話だから。
と思って興味がある人はどうぞ。
今この人が売れてるのかどうかわからないけど、昔は一世を風靡した人でした。
この人読まないと話にならないくらい売れた人です。
ある時代を反映した一なので、そう言う意味で読む価値はあると思います。
内容はSFだと思ったら、(いや、SFなんだけど)SF期待するとちょっと。。。。
ファンタジーですね。
ファンタジーとしてもちょっと、もう少し緩いかな。
読みやすいかも知れません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
いちいちカスタマーセンターに連絡するのも面倒になるくらい、レビュー混ぜこぜが多いので、変だなと思ったら、各レビューの一番上を見てください。

小説は短編も入ってますが、漫画は「グリーンレクイエム」1作です。

文月版と比べると柔らかいタッチなので、若い子向きかと。ただ、内容も若者向けに変わってる部分があった…と思います。

原作小説を読んで興味を持たれた方は、両方読み比べるのも面白いですよ。

私はどちらも何となく物足りなくて。絵は(当時の)成田美名子さんが良かった(T_T)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ハッピーエンドを許さなかった新井素子の代表作、
『グリーン・レクイエム』の春名里日によるコミックス化。
原作小説も一巻だったが、この作品をコミックス一巻に纏め上げるのも
かなりの力を必要としたと思う。
原作には極力近いが、やはり、一巻にまとめる、という肯定上、
省かれる面、簡易にくくる面等も出てくる。
だが、原作の持つ、悲痛・非情な文章表現は春名氏の絵の持ち味で
緩和されており、末路にショックを受けたくない人や、
ハッピーエンドしか好きじゃない人はコミックスで
とどめておくのも良いのかも知れない
(それだけ、原作の方は暗いというか、イタイというか…)。
さて、余談だがひとつだけ引っ掛かるのは、
氏の描いた主人公嶋村と明日香の髪の色。
「黒」…って、ベタ、無いんですけど二人共…。
(カラーでも嶋村の髪の色は 茶。)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
新井素子ワールドへの初心者向けの一冊と云えよう。
わりかし誰でもすんなり読める内容となっているが、
当時高校生の著者の知識の深さに感心させられる。
愛する者がヒトじゃなかったら?
その愛が許されぬものだったら?
愛する者が望むものが、自分にとって悲劇だったら?
読み終えた時、やりきれなさと音楽と植物の知識が残る。
同時収録されている短編作品はその口直しといったかんじで
あっさりギャグテイスト。この短編もついている事により、
この一冊はグリーンレクイエムのずっしりした重さをカバーでき、
再読できる一冊となったのだと思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover