グリーン・インフェルノ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,350
通常配送無料 詳細
発売元: Sepia-Shop ”Wings of the DOVE” - 鳩の翼 -
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

グリーン・インフェルノ [DVD]

5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,068 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,036 (25%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,068より 中古品の出品:3¥ 1,950より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • グリーン・インフェルノ [DVD]
  • +
  • ヴィジット [Blu-ray]
総額: ¥4,459
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ロレンツァ・イッツォ, アリエル・レビ, カービー・ブリス・ブラントン, マグダ・アパノヴィッチ
  • 監督: イーライ・ロス
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2016/04/20
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01B5R2HE8
  • JAN: 4988013536586
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 54,556位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

そこは、人間が喰われる地獄―

≪トラウマ級の恐怖が日本を喰い尽す―。ホラー界の帝王イーライ・ロス、帰還! ! ≫
★1981年に全世界をトラウマの渦に巻き込み興行収入約10億円の大ヒットを記録した、
ルッジェロ・デオダート監督によるホラー映画の金字塔『食人族』。
もはや伝説として語り継がれるこの『食人族』をモチーフに、ホラー界のカリスマが今世紀最大のショックを解き放つ! !
★監督は、『キャビン・フィーバー』で鮮烈な監督デビューを果たし、容赦なき描写で圧倒した『ホステル』で
ホラー映画界のカリスマとなったイーライ・ロス! 本作は6年振りとなる待望の監督作。
残酷無慈悲な食人エンターテインメントがここに誕生!
★主演は『アフターショック』に出演し、イーライ・ロスの実妻でもある女優ロレンツァ・イッツォ。
さらにミュージシャンとして活躍するスカイ・フェレイラが出演。極め付けに、食人族の99%をまさかの現地人が怪演! !

[内容解説]
≪STORY≫
過激な慈善活動をしている学生グループは、資源を狙った企業の森林伐採により絶滅の危機に瀕しているヤハ族を救おうと現地へ乗り込む。
しかし、彼らの乗った飛行機はエンジントラブルを起こし、熱帯雨林に墜落。
生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたヤハ族とは、人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。
捕らわれた彼は一人、また一人と喰われていく―。

[特殊内容/特典]
特典映像にはファン必見の秘蔵映像を始め、日本独自のコンテンツとして、デザイナー・ライターの高橋ヨシキ氏と、
RHYMESTERの宇多丸氏の濃厚コメンタリーを特別収録!!膨大な知識量に裏打ちされた解説は全映画ファン必聴の内容。
さらに本編には、ヘッドフォンで迫力の音声を楽しめるDTS Headphone:Xを収録!

【初回仕様】 ※初回特典は数量限定により、在庫がなくなり次第終了となります
スペシャルアウターケース付き

【音声・映像特典】
・オーディオ・コメンタリー<イーライ・ロス(監督・脚本・製作)×ニコラス・ロペス(脚本・製作)×ロレンツァ・イッツォ(主演)他>
・高橋ヨシキと宇多丸(RHYMESTER)の音声解説
・イーライ・ロス監督インタビューinトロント国際映画祭
・メイキングクリップ
・フォトギャラリー
・予告編集

[スタッフキャスト]
【CAST】
ジャスティン:ロレンツァ・イッツォ
アレハンドロ:アリエル・レビ
エイミー:カービー・ブリス・ブラントン
サマンサ:マグダ・アパノヴィッチ
ラース:ダリル・サバラ
ケイシー:スカイ・フェレイラ
【STAFF】
監督・脚本・製作::イーライ・ロス『キャビン・フィーバー』『ホステル』シリーズ

映倫マーク R18


[発売元]ポニーキャニオン

(C)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly Entertainment Inc.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ホステル』のイーライ・ロス監督が『食人族』をモチーフに描いた食人エンタテインメント。絶滅の危機に瀕しているヤハ族を救おうと現地へ向かった学生グループの乗る飛行機が墜落。学生たちは助けを求めるが、そこにいたヤハ族は食人族で…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
この映画は本当にアマゾンの奥地に行って、未開の村の人たちに出演してもらったという特典映像についてるメイキング映像でビックリしました。
食人のシーンもあるわけでどう思ったろうかと。出演できた事に感謝されてるとの事なのでいいのかな。
世界の果てまでイッテQみたいなロケ地の大自然の美しさとともに(自分は絶対行きたくないなと思うけど)、登場人物がトイレに困るシーンが妙なリアリティーがある。
さてグロ度はかなりのもので、見る人を選ぶだろう。普通の人にはショッキングだろうし、耐性ある人には普通。
食人族により目ん玉えぐり出し、人体カット(内臓類はゾンビとの混同を避けたかったのかあまりない)もなかなかだが、飛行機が墜落した時の方が地味にショッキングな気がする。木が突き刺さったり、お約束の羽根で頭カットとか。
モンドな食人族映画というより、人間の嫌らしさと社会問題を描いた作品風味になっているので、ストーリーがしっかりしている。そのため、現地に行く経緯が割りと長いのだが飽きないで見ることができる。

余談だが、インド洋の北センチネル島には実際に未開の民族、センチネル族が暮らしていて、島の外との接触を一切拒否している。好戦的で、スマトラ沖地震の物資を積んだヘリにヤリをはなったり、漂着した二人を殺害し、死体回収に向かった政府がヤリなど
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
所謂「カニバリズム」が描かれてはいますが、この映画が訴えている事の本質は、『環境保護団体の偽善』(と言うより、実は森林伐採と原住民の駆逐という自然開発企業と『裏取引』があるという『外道』)です。
映画のスタート・シーンは、アフリカ諸国を中心に、古くから行われている『女子割礼』問題を大学の講義で聴いた正義感溢れる女子学生が、国連職員である父親に、「そのような『蛮行』を行っている国に『国連が直ちに介入してよ!』と頼みます。しかし、地域文化や宗教も複雑に絡んだこの問題は、「昨日今日のもの」ではなく、「そんなに簡単に解決は出来ないんだよ」と父親に諭されます。彼女は「天然ガス資源開発になら、直ぐにでも『介入』するんでしょ?」と生意気な口応えをしてしまいます。実は彼女の、この『青い正義感』が、その後、彼女自身に予想だにしない恐怖を体験させる事になるとも知らずに・・・。
『環境保護団体』のリーダーは、彼女の父親の『地位と権威』を利用して、アマゾンで『自然保護テロ』を行い、成功させます。
テロで現在の開発企業を撤退させ、競合他社に開発権を譲渡する、そして自身は『自然環境保護の英雄』になる、という実に穢い男です。
そして、真相を知る「仲間」を「消す」為に、帰りの軽飛行機を人為的に墜落事故を起こさせます。しかし、『本当の自然とそこに暮らす原住民の風習』に無知であ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
食人映画はあえて敬遠していましたが
パッケージの素晴らしさからか購入してしまった。。

初めて食人映画を観てしまいましたが、これがなんと非情におもしろい!!
単なるグロさだけにフューチャーされがちな食人映画ですが
脚本もしっかりしていて、映像美、緊張感、どれをとっても本当に素晴らしかった!

またスマホやSNSを巧く絡めているのも現代ならではの脚本であろう。

購入して良かったと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
傑作ホステルの監督でもあるイーライ・ロスの2015年公開の最新作。
食人族をテーマにした映画だけあって、ゴア・グロ描写はかなり激しく、思わず目を背けたくなる場面も多い。
特に、最初の犠牲者であるジョナが食人族に食べられてしまうシーンは、その強烈さ含めて、本作でも出色の出来であると感じた。

ホステルでもそうだったのだが、イーライ・ロスの映画はただ怖い、残酷な映画
なのではない。
その裏にある人間の卑劣さ、そこに対峙する主人公という構図を誠実に描くのが特徴だ。
本作のように主人公含めた若い集団が、次々と襲われていく展開はよくあるが、
「ボランティア集団が善意で守ろうとした民族に襲われてしまう」という意地悪な設定は面白い。

個人的には、主人公が旅立つ瞬間に見送る友人の顔が、一瞬その後起きることを予感しているようなショットがあったのが気になった。
上記のような瞬間瞬間の人間の表情を観ているだけでも楽しめる作品である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す