数量:1
グリーグ:ヴァイオリンソナタ集 がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料無料】Amazon.co.jp配送センターから発送されます。正規品です。レンタル品はお取り扱いしていません。コンビニ・ATM・ネッ トバンキング・Edy払いが利用可能です。ブックレット付。ケースに使用感・変色がありますが、盤面はご利用に問題のない大変良好な状態です。また定価より高価になっている場合 がございますので、必ず定価をご確認いただきご理解の上ご注文ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

グリーグ:ヴァイオリンソナタ集

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,851
価格: ¥ 1,572 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 279 (15%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,572より 中古品の出品:5¥ 1,000より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • グリーグ:ヴァイオリンソナタ集
  • +
  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ
  • +
  • フランク&ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ、他
総額: ¥4,660
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: デュメイ(オーギュスタン), ピリス(マリア・ジョアン)
  • 作曲: グリーグ
  • CD (2007/4/25)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 70 分
  • ASIN: B000NDFKHW
  • EAN: 4988005465986
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 119,656位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ長調 作品8 第1楽章:Allegro con brio
  2. ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ長調 作品8 第2楽章:Allegretto quasi andantino - Piu vivo - Tempo I
  3. ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ長調 作品8 第3楽章:Allegro molto vivace
  4. ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ト長調 作品13 第1楽章:Lento doloroso - Poco allegro - Allegro vivace
  5. ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ト長調 作品13 第2楽章:Allegretto tranquillo
  6. ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ト長調 作品13 第3楽章:Allegro animato
  7. ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 作品45 第1楽章:Allegro molto ed appassionato
  8. ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 作品45 第2楽章:Allegretto espressivo alla romanza - Allegro molto - Tempo I
  9. ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 作品45 第3楽章:Allegro animato

商品の説明

メディア掲載レビュー

グリーグが残した3曲のヴァイオリン・ソナタを全て収録したアルバム。グリーグ生誕150年記念として、1993年にベルリンで録音され大絶賛を受けた傑作。ヴァイオリン奏者デュメイと、ピアノ奏者ピリスによる演奏で、デジタル録音盤。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2011/8/22
形式: CD
フランスのヴァイオリニスト、デュメイ(Augustin Dumay 1949年-)とポルトガルのピアニスト、ピリス(Maria Joao Pires 1944- )によるグリーグ(Edvard Grieg 1843-1907)のヴァイオリン・ソナタ全3曲を収録したアルバム。録音は1993年。

グリーグの3つのヴァイオリン・ソナタはいずれも美しい作品であるが、なぜか録音される機会が少ない。最も高名な第3番でも、新録音のニュースにはあまりお目にかからない。

これらのソナタにはしばしば構造的な欠点が指摘される。その「欠点」は、これらのソナタに、と言うより、グリーグの作品全般に言われることだが、対位法的な処理があまり行われず、音楽が展開力に乏しいことである。逆にグリーグの美点として「美しいメロディ」を創作する能力があった。そのため、グリーグの全作品を俯瞰すると、圧倒的に多いのが「小品」である。メロディだけに紡がれた、大きな展開のない音楽だ。逆に本格的なソナタ形式を踏襲するような規模の大きい作品は極端に少ない。交響曲は習作とされる1曲のみだし、ピアノ・ソナタとピアノ協奏曲がいずれも名品だけれど、たったの1曲ずつ。

そのような背景にありながら、なぜかヴァイオリン・ソナタだけは3曲もあるのである!この事実は結構重要な気がする。グリ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
グリーグの音楽であれば過度なロマン性よりも節度ある表現と北欧音楽の特徴である凍るような透明感を聴きたいと思い、まずピリスのピアノから選んだ。といってもグリーグのソナタは録音が少ないのであるが...デュメイのヴァイオリンもピリスのピアノも両者とも素晴らしく実に息の合った演奏でグリーグ音楽の魅力を存分に味あわせてくれる。デュメイは美しい音色でしなやかに息の長い旋律をゆったり奏でる部分など、ほれぼれするほどに魅了される。緻密な奏法でヴィブラートが控えめなのが良い。ピリスは知性的な演奏スタイルで中低音を支えるとともに、随所で煌めくような中高音域の旋律を奏しデュメイと対等に透き通るように見事な音楽を聴かせる。節度ある情熱的表現、美しく歌わせる旋律、何とも言えない北欧的情緒が充満した見事な演奏である。音楽そのものは一方が旋律を歌うとき他方が伴奏に回る造りが多く複雑さに欠けるが、それを補って余りある流麗で情感を内に秘めた名演と思う。ヴァイオリンソナタが好きな方々にお薦めである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
グリーグのソナタ、特にデュメイのファンというわけではなかったのですが、
凛とした演奏、とても好きです
このCDを買ってよかったと本当に思います
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック