Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グリーグ全ピアノ作品演奏解釈 単行本 – 2007/1/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 24,501 ¥ 10,800
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

著者、ステーン=ノクレベルグはノルウェー作曲界の重鎮、またピアニストとしても優れた業績を残し、とくに「グリーグ・ピアノ作品全曲録音」は、高い評価を獲得している。本書は長年グリーグの作品に親しみ、演奏を行なってきた著者が、その集大成としてピアニスト・学習者に向けて書いた演奏解釈の本である。生涯や芸術論をめざしたものではなく、学問的な分析を避け、彼が残した楽譜そのものに焦点を当て、演奏を通じてグリーグ自身の作曲法に迫ろうとしたものである。グリーグを知るための「道徳」ともいえる、ピアニストおよびグリーグ音楽研究者・ファン必携の貴重な本といえよう。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ステーン=ノクレベルグ,アイナル
1944年生まれ。ノルウェーの代表的ピアニストの一人。グリーグの音楽解釈の第一人者。若くして演奏と音楽教育に頭角をあらわし、全ドイツで最年少で音楽院の教授に就任。現在もドイツ・ハノーヴァー音楽院及びノルウェー国立音楽院教授。ノルウェー国内のみならず、欧米各国で演奏と教育活動を続けている。ベルゲン音楽祭でのグリーグ作品演奏に対する評論家賞、ロンドン・シンフォニー・オーケストラとの共演に対するBBCレコード大賞など、各種の賞を獲得。数回に及ぶ来日で、1997年には、6夜にわたる全グリーグ演奏会を行なった。日本グリーグ協会名誉会長

大束/省三
1948年東大経済学部卒。ディナ・ノタルジャコモ、ジャンヌ・フォール=バダールに声楽、池内友次郎教授に音楽理論を学び、北欧文化協会に入会してスウェーデン語を学習。1960年代より北欧歌曲の演奏、北欧音楽研究に励み、北欧合唱団を組織して68年より99年まで5回北欧に演奏。現在、日本グリーグ協会会長、北欧音楽協会代表、北欧合唱団主宰、北欧文化協会理事。2001年、ノルウェー王国功労勲章第一等級リッデル章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 514ページ
  • 出版社: 音楽之友社; 音A版 (2007/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4276131731
  • ISBN-13: 978-4276131736
  • 発売日: 2007/1/1
  • 梱包サイズ: 21.4 x 16 x 4.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,478,926位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2010年9月21日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告