新品:
¥4,400
ポイント: 44pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 7月31日 土曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日7月 30日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
グラフィック・メディスン・マニフェスト: マンガで... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

グラフィック・メディスン・マニフェスト: マンガで医療が変わる 単行本(ソフトカバー) – 2019/6/26

5つ星のうち5.0 2個の評価

価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/6/26
¥4,400
¥4,400 ¥4,000

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • グラフィック・メディスン・マニフェスト: マンガで医療が変わる
  • +
  • 医療におけるナラティブとエビデンス 改訂版──対立から調和へ
  • +
  • 関係性の医療学──ナラティブ・ベイスト・メディスン論考
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

「語ること」と「聴くこと」が医療を変える!?

ナラティブ・メディスン(Narrative Medicine)とナラティヴ・セラピー(Narrative Therapy)に関する北大路書房の好評書をご紹介。

医学教育 精神看護 ナラティブ・メディスン 医療人類学 ナラティヴ・セラピー 社会構成主義 医療人文学 社会構築主義 緩和医療 終末医療 ホスピス ターミナルケア オンコロージー 腫瘍学 医学教育 精神看護 ナラティブ・メディスン 医療人類学 ナラティヴ・セラピー 社会構成主義 医療人文学 社会構築主義 緩和医療 終末医療 ホスピス ターミナルケア オンコロージー 腫瘍学 医学教育 精神看護 ナラティブ・メディスン 医療人類学 ナラティヴ・セラピー 社会構成主義 医療人文学 社会構築主義 緩和医療 終末医療 ホスピス ターミナルケア オンコロージー 腫瘍学
グラフィック・メディスン・マニフェスト: マンガで医療が変わる ナラティブ・メディスンの原理と実践 ナラエビ医療学講座: 物語と科学の統合を目指して
著者 MK・サーウィック,イアン・ウィリアムズ,スーザン・メリル・スクワイヤー,マイケル・J・グリーン,キンバリー・R・マイヤーズ,スコット・T・スミス 著 小森康永,平沢慎也,安達映子,奥野 光,岸本寛史,高木 萌 訳 リタ・シャロン,サヤンタニ・ダスグプタ,ネリー・ハーマン,クレッグ・アーバイン,エリック・R・マーカス,エドガー・リベラ=コロン,ダニエル・スペンサー,マウラ・スピーゲル 著 斎藤清二,栗原幸江,齋藤章太郎 訳 斎藤清二 著
内容紹介 マンガという媒体とヘルスケア言説の間の相互作用を探究する新しい試み。その中核は,健康と病いについてのストーリーテリングであり,医学および社会言説においてしばしば周辺化され,タブー視されている,患者の複雑な経験を描き出すことにある。一般患者という概念に抵抗し,矛盾する視点や経験でもって「複数の患者」を鮮やかに表現しようとするムーヴメントへの誘い。 ナラティブ・メディスンは,全ての診療において必要とされる「語ることと聴くこと」から生まれる感情と間主観的関係の重要性を強調する。それは患者と医療者,学生と教員,そして彼ら全てと社会を強く結びつける。人文学と医学を架橋するリタ・シャロンらによってコロンビア大学に創立された医療者のための全く新しい教育法の全貌が,今ここに明らかにされる。 エビデンス・ベイスト・メディスン(科学的根拠に基づく医療)とナラティブ・ベイスト・メディスン(物語と対話に基づく医療)を共に大切にする医療の在り方とは。近代医学に基づく適切な医療の提供も,病む主体の全人的な側面の重視も「有効な1つの物語」として扱い軽やかに統合していく枠取りを会話形式の中に素描する。
ナラティヴ・セラピー ナラティブ・メディスン ナラティヴ・アプローチ 社会構成主義 ナラティヴ・セラピー ナラティブ・メディスン ナラティヴ・アプローチ 社会構成主義 ナラティヴ・セラピー ナラティブ・メディスン ナラティヴ・アプローチ 社会構成主義 ナラティヴ・セラピー ナラティブ・メディスン ナラティヴ・アプローチ 社会構成主義 ナラティヴ・セラピー ナラティブ・メディスン ナラティヴ・アプローチ 社会構成主義
精神病と統合失調症の新しい理解:地域ケアとリカバリーを支える心理学 総合臨床心理学原論: サイエンスとアートの融合のために ふだん使いのナラティヴ・セラピー: 人生のストーリーを語り直し、希望を呼び戻す 手作りの悲嘆: 死別について語るとき〈私たち〉が語ること みんなのスピリチュアリティ:シシリー・ソンダース,トータルペインの現在
著者 英国心理学会・臨床心理学部門 監修 A.クック 編 国重浩一,バーナード紫 訳 斎藤清二 著 D.デンボロウ 著 小森康永,奥野 光 訳 ロレイン・ヘツキ,ジョン・ウィンズレイド 著 小森康永,奥野 光,ヘミ和香 訳 アンドリュー・グッドヘッド,ナイジェル・ハートレー 編 小森康永,改田明子,岸本寛史,安達映子 訳
内容紹介 なぜ人々は,時に声を聞き,他の者から見れば奇妙なことを信じ,現実離れした混乱の時を体験するのだろうか。最新の研究や当事者の体験談を豊富に引用しながら,精神疾患の「心理的・社会的な側面」に光を当てる。生活上の負担や影響を踏まえた支援のあり方を探り,多元的・複眼的視点からメンタルヘルスの制度改革を説く。 混乱と分断を超えて,公認心理師時代の「臨床心理学」はどうあるべきか。臨床心理学の基盤となる原理的事項を多角的な視点から見つめ,多くの人が共有できる「有効な概念化」を目指す。その上で,医学などの近接領域との関連を意識しつつ,診断・見立て・アセスメントや臨床倫理の問題,そして多職種協働についても扱う。 ナラティヴに生きるとは? 誰の人生にも,身がすくんだり,頭痛の種になったり,悲しみをもたらしたり,恥ずかしくなったりする出来事があるだろう。誰の人生にも,美しさや優しさ,中休み,逃避,ないし果敢な抵抗から成る出来事やちょっとした瞬間があるはずだ。本書は,私たちが敬意を持ち共に生きることのできる人生のストーリーラインを作るためのものだ。 大切な人を亡くしたとき,遺族は,故人への自らの「とらわれ」を断たねばならないのか? 悲嘆の痛みをやり過ごす最も良い方法は,「既製のモデル」に従うことではなく,その人自身の反応を「手作り」することにある,というのが本書の信念である。社会構成主義の立場から,死の臨床における治療的会話の新たな枠組みを示す。 ホスピスはいかにして死にゆく人とその家族を支えるのか? 英国のホスピスで長年働いてきた医療者やボランティアが,スピリチュアリティをどのようなものとして理解しているのか,自身の経験を交えながら率直に語り合う。シシリー・ソンダースが創設したセント・クリストファー・ホスピス50周年記念として編まれた論文集。

商品の説明

出版社からのコメント

【訳者紹介】
●小森 康永(こもり やすなが):序章,第3章,終章
現在 愛知県がんセンター中央病院
がんセンターの精神腫瘍医になって早13年が経ちました。緩和ケアの中核概念はトータルペインで,身体・心理・社会・スピリチュアルという次元が複雑に絡み合い,興味は尽きません。今回も,がん教育から偶然,GMへ展開したわけですが,確かに,例えばレジデント向けの講義で,スライドに母の流涙する顔(『母のがん』)が大きく映し出される時,教室の雰囲気が大きく変わります。
●平沢 慎也(ひらさわ しんや):第1章
現 在 東京大学,東京外国語大学,慶應義塾大学にて非常勤講師
専門は英語学。主要論文に「『クジラ構文』はなぜ英語話者にとって自然に響くのか」(『れにくさ』5(3),2014),「英語前置詞byの時間義」(『言語研究』146,2014)。
●安達 映子(あだち えいこ):第2章
現在 立正大学社会福祉学部
ナラティヴ・プラクティスに傾倒して研究と実践を進めてきました。大学において社会福祉士養成に携わり,またソーシャルワーカーの現任者教育にかかわる中で,ナラティブ・メディスンが唱えるナラティブ・トレーニングにも深く関心を寄せています。今回GMに触れ,また違った角度から大いに刺激を受けつつ,現在は<書くことwriting>をテーマの一つにしながら「サポーターズ・ライティング・プロジェクト」などの活動に取り組んでいます。
●奥野 光(おくの ひかる):第4章
現在 二松学舎大学学生相談室
私は文学部のある大学の学生相談室でナラティヴを実践しているカウンセラーです。近現代小説のテクスト分析に取り組む学生さんたちの話を面白く聴かせてもらっています。小説もグラフィック・パソグラフィーも,読者を分け隔てないところや,想像や対話へと招き入れてくれるところが大きな魅力だと感じているところです。
●岸本 寛史(きしもと のりふみ):第5章
現在 静岡県立総合病院緩和医療科
ベースは内科医ですが,臨床心理学と医学の2つの観点を対等に持ちながら診療に携わることを意識してきました。その流れで,語りだけでなく絵画などのイメージも取り入れてきたので,GMのような取り組みが医療の中から生まれてきて,刺激を受けています。GMは,語りと絵とが自然な形で統合された表現としてのマンガが医療の中で持つさまざまな可能性に目を開かせてくれます。
●高木 萌(たかぎ もえ):第6章
現在 翻訳家,カリフォルニア州 LCSW
カリフォルニア州でソーシャルワーカーとして,精神病や薬物中毒を患った患者さんにカウンセリングをしたり,ホスピスで緩和ケアに携わったりしてきました。小森先生のGMへの熱意や,これまた小森先生繫がりでがんサバイバーの家族という視点で翻訳を担当した『母のがん』をきっかけに,GMの魅力を学び始めました。

内容(「BOOK」データベースより)

グラフィック・メディスンの中核は、健康と病いについてのストーリーテリングであり、医学や社会言説においてしばしば周辺化され、タブー視されている、患者の複雑な経験を描き出すことにある。マンガを通して、一般患者という概念に抵抗し、矛盾する視点や経験でもって「複数の患者」を鮮やかに表現しようとするムーヴメントへの誘い。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 北大路書房 (2019/6/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/6/26
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 228ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4762830690
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4762830693
  • 寸法 ‏ : ‎ 22.85 x 20.5 x 1.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年5月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告