Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 56の割引 (9%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森高夕次, アダチケイジ]のグラゼニ(1) (モーニングコミックス)
Kindle App Ad

グラゼニ(1) (モーニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.2 34件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] グラゼニ(モーニングコミックス)の17の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

紙の本の長さ: 224ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

グラゼニ=“グラウンドには銭が埋まっている”!! 下は240万円から、上は数億まで。格付けが、年俸によって完全に決められている超格差社会・プロ野球。凡田夏之介(ぼんだ・なつのすけ)は高卒でプロ入りした8年目の中継ぎ投手。左腕でサイドスローという一風変わった武器と、全球団の1軍選手の年俸をソラで言えるという不思議な特技で、厳しい世界を必死でサバイバる!

内容説明

「プロ野球は人生の縮図」と言う人がいるが、そんなことはない!
トンデモナイ成果主義による年棒。同じユニホームを着ていても、そこにはトンデモナイ階級がある!
現在8年目、中継ぎ投手としてなんとか1軍にいる主人公・凡田夏之介はそんなトンデモナイプロ野球界で生き残れる!?

下は240万円から、上は数億まで。格付けが、年俸によって完全に決められている超格差社会・プロ野球。凡田夏之介は高卒でプロ入りした8年目の中継ぎ投手。左腕でサイドスローという一風変わった武器と、全球団の1軍選手の年俸をソラで言えるという不思議な特技で、厳しい世界を必死でサバイバる!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 51432 KB
  • 紙の本の長さ: 224 ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/5/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009KYCFD2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
日本で一番メジャーなプロスポーツ、何と言ってもそれは野球。
試合の結果や有名選手の動向は、毎日朝晩のニュースでも目にしますし、ドラフトやら契約更改やらのたびに、選手の年俸に度肝を抜かれる人も多いはず。

しかしその、一見高額な年俸の裏には……という、テレビ画面からは見えない、プロ野球のシビアな現実を描いているのがこの漫画。視点が実に面白いです。しかも主役は中継ぎ投手というマニアックさ。

内容は、選手の引退や獲得をめぐる「大人の事情」な話あり、同じ球団の選手仲間との絆の話ありでバラエティーに富んでいて、投手の成績の付き方なんかも、普段何となく野球を見ていた自分には勉強になりました。
一球一球に、高校野球とは全く違う意味でのドラマがあると思えば、プロ野球の試合がこの先、三倍は楽しく見られそうです。楽しく、と言って良いかは果てしなく微妙ですが(笑)。

ただこの漫画、基本一話読み切りの週刊連載で、この先どこまでネタが続くのか!?できるだけ息長く続けてほしいという期待も込めて、満点付けさせていただきます。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みみあて トップ1000レビュアー 投稿日 2011/7/15
形式: コミック
普段の野球中継はほとんど見たことがない。家族のおつきあいで流れてるのを横目に、別のことをしているような生活の自分だが
選手の内側を見せてくれるこの漫画にハマッてしまった。

ルールも知らないけど、打率の説明など読むとわかりやすかった。
のんびりと続いて欲しい良作。

夏之介君、全然格好良いタイプではないけど(すみません)憎めなくてカワイイ。
なぜこの主人公がいいのか解らないけど、好き。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「年俸1800万ってのは全然ダメなんです!」のオビが眼に入って衝動買い、そして大当たりだった作品です。

 所詮プロはカネ、とかグラウンドには銭が埋まっている、とか言いたい放題な野球マンガですが、引退後のポストが確約されてる主力と違って将来の保証もない、大多数の野球選手だったらそういう思考で野球するよね、と改めて気付かされました。そんなリアリティのある一方で、友人の先発投手のために奮投する主人公、後の無い敵チームの選手にも同情しつつ全力で打ち取る主人公。厳しい世界で必死にもがく凡田選手がとても魅力的です。ONE OUTSが好きな方だったら是非オススメします。

 でも防御率3点台前半だったら年俸3000万くらいは堅いと思うんですけど・・・。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
プロ野球選手のシビアな収入面に焦点を当てたマンガ。

先発投手の交代要員として出番を準備する中継ぎ投手を主人公に
選手の実力と年棒がどう関係しているのかを解説していく。
一般の野球マンガにあるような
試合戦略や勝ち負けといった部分は非常にあっさりと描かれ、
選手の価値基準に関してひたすら掘り下げていく。

野球選手が何億もの年棒で契約しているニュースを見かけるが、
それがいかに限られた頂点の話なのか、
いかに不安定でシビアな立場なのかがよくわかる。

野球好きよりも、人材評価やキャリアアップなどに興味がある人向け。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
☆3か迷ったのですが、リアリティのある漫画は嫌いではないので4にしました。
ハッキリ言って私は野球の知識はゼロに等しいです。
凡退、リリーフ、先発ローテーションの意味すら知らなかったド素人。
今までスポ根モノの野球漫画を読んだことはありましたが、ゲームの詳しい内容(投手の駆引き等)はすっ飛ばして読んでいましたので気になりませんでした。
ですのでただ読むだけではチンプンカンプン。主人の解説付きでゆっくりじっくり読み進めました。
するとなかなか面白い。
プロだからこそ切り離せない『年収=評価』という概念があるからこそ一つひとつの勝負の理由や背景が見えてくる。
4巻まで読みましたが野球に興味が出て、今ではプロ野球ニュースもたまに見る程になりました。
夢あふれる子供には向かない漫画だとは思いますが、社会人であれば共感できるのではないでしょうか。
ただ、解説がないと野球に興味が無い人にとってはつまらないかも・・・。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover