通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫) 文庫 – 1999/7/12

5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)
  • +
  • グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)
  • +
  • ステーシーズ―少女再殺全談 (角川文庫)
総額: ¥1,834
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大橋賢三は高校二年生。学校にも家庭にも打ち解けられず、猛烈な自慰行為とマニアックな映画やロックの世界にひたる、さえない毎日を送っている。ある日賢三は、親友のカワボン、タクオ、山之上らと「オレたちは何かができるはずだ」と、周囲のものたちを見返すためにロックバンドの結成を決意するが…。あふれる性欲と、とめどないコンプレックスと、そして純愛のあいだで揺れる“愛と青春の旅立ち”。大槻ケンヂが熱く挑む自伝的大河小説、第一弾。

内容(「MARC」データベースより)

五千四百七十八回。これは、大橋賢三が生まれてから十七年間の間に行なった、ある行為の数である…。あふれる性欲と美甘子への純愛との間で揺れる"愛と青春の旅立ち"。大槻ケンヂが熱く挑む自伝的大河小説。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 315ページ
  • 出版社: 角川書店 (1999/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041847079
  • ISBN-13: 978-4041847077
  • 発売日: 1999/7/12
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 129,529位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
すきで一冊の本を何回か読み返すなんことはときどきあるが、そんな一冊。主人公賢三の少数精鋭(?)の友達との友情と美甘子に対する恋心の話。私はさえない賢三にとって、急に恋愛へのパスポートを手に入れたかのような、美甘子との甘い付き合いが好きです。美甘子への恋心と自意識過剰がとてもリアル。美甘子がクラスに溶け込むために無理していたなんてあたりも実にリアル。一気に読めてしまう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あんざす 投稿日 2014/1/30
形式: Kindle版 Amazonで購入
知らず、買ってしまった。Kindleで70%OFFで買ったので、続編を定価で買うのも躊躇ってしまい、続きが読めずじまい。

テンポも良く、高校生の狭い世界で悶々としてある様が明るく描かれていて、自分の過去とは重なり合わないものの、カタルシスは、なぜか感じられた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
どの本でもストーリーとして共感できる部分もあるし、そうでない部分もあると思います。
この本はそういったことが顕著に現れていると思いました。

そこで私が思ったことは、1970年代周辺に青春時代(特に高校時代)を送っていた人はとても共感できる小説であるのではないか、ということです。
このことにより☆を-2つさせてもらいます。私はその時代に青春を過ごさなかったので、分からないところや共感できないところが多くありました。
とは言え小説内には共感できる部分もありました。この共感できる部分は男であるならば、一度は抱いたことがるのではないかと思います。

私個人の意見を申しますと、んまぁそれなりに知名度があったから読んだけど、うん。と言う感想を持ちました。
以上のことを踏まえると、☆3つです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
グミ・チョコレート・パイン前半、
私は「ウン、ウン」と思いながら読んだ。
時代と性別は違えど、ケンゾーとタメの私は面白くってどんどん読めた。
私は、この本からはオーケンの優しさが感じられると思う。
オーケンの謳う通り、若きボンクラ共に読んで欲しい。
いや、若きボンクラでなくても是非。
明日を、人生を正々堂々と受けて立つヒントが見つかるんじゃないでしょうか。

ネタバレになるので詳しくは書かないが、
チョコ編を読んだところで、
私は自分がすっかりケンゾーになっているということに気付かされた。
私はケンゾーと同様に完全に美甘子に惚れてしまっていた。

創作物に触れて、笑って泣いてをこんなにもめまぐるしく体験したのははじめてでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
誰もが経験してきた、汗臭くって、どんくさくて、そのくせプライドだけは人一倍高かった10代。好きな娘の事を考えると居ても立ってもいられなくて、枕を抱きしめて畳の部屋をゴロゴロ転がったあの頃。のほほん脱力系ミュージシャン、大槻ケンヂが、そんなあの頃の夢と不安と切なさを描いた最高の一冊。大人より、今を生きてる少年少女に是非とも読んでもらいたい!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大槻ケンヂ氏の半自伝的小説。これでもかと青年期の己の性の衝動を赤裸々に告白しその有様はさながら「仮面の告白」級。しかし、しかし、そんなことがこの小説のテーマじゃないんですよ!これは青春小説なんです。ここに出てくるやつらは、人付き合いは不器用、気が付くとクラスで孤立してしまうタイプ、でも本や映画の教養はずば抜けていて、その点自分は何かをなし得る特別な人間で、ほかの有象無象とは違うと思っている。そう青春の文学青年が陥りやすいナスシシズム。そして彼らは実際に行動をおこすんだよね。とにかく100%青春。こんなのを読んだ夜には、何か行動したくなるにきまってる!にきび面、カッコワルイ、異性のことで頭ピンク色、頭でっかち、でも自転車こいで街に出て、世界を変えたい(そんなん不可能なのに)いやできるかも、と本気で思ってしまう。これ青春ですよね。そんな絞ると青汁がでてきそうなくらい青春な本がこの本なんです!!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
存在は知ってたのだけど、ずっと読んでいなかった。何を思ったか、ちょっと前に思い出したようにまとめて大人買いして、この一週間で一気に読んだ。この作品が書かれたのが'92年だって。「二十歳だったその頃に読んでたらなぁ、、。」なんてことをちょっと悔しく思いつつも15年くらい遅れて読んでみても面白く読める。個人的にはグミ編が甘酸っぱくて好き。その後の展開の布石としても重要であるが、この部分だけ読んでも十分に楽しめる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー