この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

グッド・モーニング Original recording remastered

5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 3,500より 中古品の出品:9¥ 980より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2000/6/21)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: キングレコード
  • 収録時間: 35 分
  • ASIN: B00004W9XB
  • JAN: 4988003247416
  • その他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 291,080位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. (I’M STILL)BELIEVING IN DREAMS
  2. GOOD MORNING
  3. BECAOUSE OF YOU
  4. INSIDE LOVE
  5. LITTLE BIT
  6. DEALING WITH LIFE
  7. LITTLE BIT MORE

商品の説明

内容紹介

ソニー・ロリンズのバックも経験した実力派ジャズ・ギタリスト、増尾好秋。1979年録音でソロ・アルバムとしては4枚目となる作品。実弟であるギタリスト・増尾元章との共演も収録、ソフトでメロウな好秋ギターを堪能できる1枚です。

メディア掲載レビューほか

エレクトリック・バード・メロウ・グルーヴ・コレクション。T.M.スティーヴンス、ロビー・ゴンザレス他との共演による「BELIEVING IN DREAMS」「GOOD MORNING」他、全7曲を収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
いいアルバムですね。この増尾好秋という人、今回のCD化で初めて聴いたのですが、特にこのアルバムは捨て曲なし、頭から最後まで通して、スゴく聴き心地の良いアルバムでした。
CASIOPEAやThe Square、高中正義をよく聴いたJ-FUSION世代にはお薦めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
この時代のJazzは、まさにFusion全盛で、御大ナベサダもFusionJazzで大ヒット連発。
その中で増尾好秋のこのアルバムは彼にとってのベスト盤と言える。
ギターを弾きすぎずメロディー、編曲に重きを置いた曲作りが絶妙。
さすがソニーロリンズのバックをやっていただけの事はあります。
初夏の日差しがカーテン越しに見えるような音楽。
良質のFusionアルバムとしてお薦め。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1979年にレコードとして発売されたものを聴き、増尾さんのギターパートのコピーに精を出し、全曲思い出せるほど聴き込みました。最近思い立って検索、CDを購入しました。懐かしい22歳の頃の思い出がよみがえり、改めて良い作品だと思いました。お手本のようなギターを弾く好秋、トレモロアームを多用した独特の演奏をする弟の元章との絶妙のコンビネーション。バックミュージシャンも皆達人で、見事に二人の演奏をバックアップ。そこから創り出された音楽は、爽やかで、軽やかで、美しく、楽しく、スリリングです。世代を超え、音楽ジャンルを超えて、どなたにもお勧めの逸品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
学生の時から聴いている名盤です。
特に、夜リラックスしたい時にはこのCDが最高ですね!
今でも古さは感じさせない名盤だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
初めてこのアルバムを聴いた時の感動と衝撃はすごかった。自分としては生涯のアルバムベスト10に入る。若い人にぜひ聞いて欲しいアルバム。「Sailing Wonder」も大好きだが個人的にはこのアルバムに思い入れがある。とにかくセンスのいい音楽とはこう言う音楽を言うのだろう。AKBからジャズ、はたまたクラシックまで何でも聞いているが個人的に増尾好秋は好きなアーチストBest10に入る。タイトル曲の「Good Morning」は聴くと今でも鳥肌が立つ。30年経って今なお輝いている。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
こちらのレビューを拝見して、まるで同窓会に来たような気持ちになります。皆さん、このアルバムにそれぞれの思い入れがあるのですね〜。増尾さんのギターはテクニックがありながら、肩の力を抜いて弾いている感じが素敵だと思います。このアルバムは特に爽やかで仲間うちでセッションしているような雰囲気が心地よいです。私は子供でしたがラジオ番組のオープニングにBecause of Youが流れるのを聴いて一度で好きになりました。今、すっかり大人になってCDをまとめ買いしましたが、やはり、このアルバムは特別な一枚でした。同時代のギタリストの誰より好きです。お人柄も。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムの評価については
もう既に皆さんが語ってられるように、本当に名盤だと思います^^

当時私もCrossover(=Fusion)Bandをやっていましたが
当時はテクニックばかりが優先される時代背景がありました。
その中で、あえてテクニックに頼らず、
またテクニックが無ければ出てこないであろう「力まない」美しい数々のフレーズ。
楽器をやっていて、ややもすればテクニックばかりにのめり込みがちなこのジャンル、
「はて?音楽って何だっけ?」と立ち止まり考えさせてくれるようなアルバムだと思います。

レコード当時、曲数が4曲で30cmで45回転、高音質版も発売されていましたね^^
懐かしいです。
ちょっと静かに聴きなおして、想い出に浸ろう・・・・(^^ゞポリポリ
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/1
形式: CD
高校生の時に一人でコンサートに行き、「グッドモーニング」のジャケットにサインをしてもらったのを今もお部屋に飾っていますが、偶然CDを見つけて即購入!アナログは既に聞けない環境になっていましたのですっごく嬉し懐かしです。
このさわやかな音楽を沢山の人に聞いて欲しいです。癒しの1枚ですよ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私はその昔(高校生の頃です)、北海道に住んでいて、土曜日の夜更けに民放で放送される「ウイークエンドシアター」なる映画番組を(ひとりで)よく見ていました。このアルバムの最後の曲(little bit more)がオープニングに流れるのが恒例で、この音楽がテレビから流れるとわくわくしたものです!日本の自主制作映画〜アートシアターギルド(ATG)関係がよくオンエアされていました。映画の方はチョット大人びていたり、意味不明だったり、それはそれは刺激的でした。大学に入って、寮の先輩(だったかな)を通じて、このアルバムを偶然知り、しかもかなり探していた「little bit more」を最後の曲として再発見したときの驚きと喜びは今でもよく覚えています。他の曲も素晴らしい。その当時、フュージョンというジャンルがきらきらに輝いていたことを後世に証明するかけがえのない一枚です!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー