この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

グッドバイ・ブルー・スカイ(紙ジャケット仕様) Limited Edition

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 7,379より 中古品の出品:1¥ 1,050より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ゴドレイ&クレーム ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2006/6/28)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 66 分
  • ASIN: B000FDF2BY
  • JAN: 4988005433107
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 244,730位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ヘヴン|リトル・ピース・オブ・ヘヴン
  2. ドント・セット・ファイアー
  3. ゴールデン・リング
  4. 罪と罰
  5. ビッグ・バン
  6. 10000人の天使
  7. スウィート・メモリー
  8. エア・フォース・ワン
  9. ラスト・ページ・オブ・ヒストリー
  10. 絶望の時
  11. リトル・ピース・オブ・ヘヴン(エクステンデッド・ミックス)(Bonus tracks)
  12. ビッツ・オブ・ブルー・スカイ(Bonus tracks)
  13. ヒドゥン・ハートビート(Bonus tracks)
  14. ライノウ・ライノウ(Bonus tracks)
  15. キャント・スリープ(Bonus tracks)

商品の説明

内容紹介

Japanese Limited Edition Issue of the Album Classic in a Deluxe, Miniaturized LP Sleeve Replica of the Original Vinyl Album Artwork.

メディア掲載レビューほか

ストレンジ・デイズ誌監修による`ストレンジ・デイズ・プレゼンツ ロック・レジェンド`シリーズのゴドレイ&クレーム編。ハーモニカを大胆に導入し、アコースティックなサウンドを前面に出したアナログ感覚あふれるアルバム。ゴスペル、カントリー、バラードなど多彩なスタイルに、宗教的とも思える厳かな雰囲気が漂う温かみのある1枚。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 1988年春にリリースされた現時点でのラストアルバム、全ての曲にハーモニカが使用されたハーモニカアルバムで、リリース当時はなぜアートオブノイズのような最先端技術を駆使してきた2人が時代に逆行する音楽を発表したのかと感じたし、リックアストリーやデビーギブソン等のヒット曲に比べると地味で、流行から外れていると感じた。機械に頼らずに心から感動できる人間の肉声や生のハーモニカを使って、余計な装飾を省いた楽曲で勝負しようとしたことは、むしろ世間的なイメージの意表をつくと計算したのかもしれない。当時はティアーズフォーフィアーズやマイクオールドフィールドなど、機械で楽曲を作りまくっていたアーティストたちが、無感情で無感動な機械の奏でる音楽に疑問を抱き、ゴスペルや民族音楽など、機械には出せない生身の人間の音楽がもたらす感動や躍動感を追究していた時期で、ケビンとロルも同じような気持ちを抱いていたのかもしれない。全ての曲が60年代に作られた曲だよと言われたら信じてしまいそうな程に素朴で、英国人が作曲したとは思えないほどアメリカ的で、黒人音楽の雰囲気が濃い。参加ミュージシャンも黒人が多く、ハーモニカもギターソロ風だったり、サックスソロ風だったり、各々の楽曲のカラーに合わせて使用されている。リリース当時は評論家に絶賛されていたが、セールス面では惨敗だった。10代や20代のアメリカ人にとっては、クライのよ...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
88年発表の7作目。前作『ヒストリー・ミックス Vol.1』は同名ビデオ作のサントラ、リミックス・アルバム的な側面が強かったため、純粋なオリジナル・アルバムとしては83年の『バーズ・オブ・プレイ』以来の5年振りとなった作品で、現時点でのゴドレイ&クリームとしてのラスト作。
1.はいきなりアフリカン・コーラスのような生々しいコーラスが登場してビックリ。その後にチャカポ・リズムにいつものヴォーカルが登場して一安心。曲はドゥー・アップをベースにした楽し気な曲で、その筋としてはかなり本格的。もっともコーラスは良く聞くとかなり複雑で思いっきり錬られていると思う。それに相反するようにバックで自由に演奏するハーモニカもいい味を出している。2.はアップ・テンポなオールディーズ風のポップ・チューンだが、こちらも凝りに凝りまくったコーラスが聞き物。3.はカリプソをベースにしたトロピカルな曲。10ccと比較してもさほど違和感のない仕上がりだが、やはりコーラスは凝りまくっている。4.は一変してダークな雰囲気を持った曲だが、ヴォイスによるリフを除けばこちらも10ccに近い仕上がりを見せている。
とにかく凝りに凝りまくったコーラスが聞き物で、明らかにそれにこだわった作品と言えると思う。また全編でハーモニカも使用されており、様々な表情を見せるたくさんの曲に統一感を強く印象づけている。ただしそ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告