この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グスク文化を考える―世界遺産国際シンポジウム『東アジアの城郭遺跡を比較して』の記録 単行本 – 2004/6

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,579

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

沖縄屈指の名城“今帰仁グズク”を東アジアの視座から語り合った国際シンポジウムの全容。研究論文、遺跡紹介等を集録した最新研究の決定版。

内容(「MARC」データベースより)

沖縄屈指の名城「今帰仁グスク」を東アジアの視座から語り合った国際シンポジウムの記録。世界遺産登録の意義とグスク研究の新展開、北山の世界と今帰仁グスクの歴史など4部構成で、最新の研究成果を紹介する。


登録情報

  • 単行本: 478ページ
  • 出版社: 新人物往来社 (2004/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4404032064
  • ISBN-13: 978-4404032065
  • 発売日: 2004/06
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.6 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,483,933位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
琉球、沖縄の歴史や文化を知る上で欠かせないのがグスクです。グスクは防御のための城ばかりでなく、中国や日本との交流や文化発祥の中心であったからです。グスクは今日でも聖地として機能しています。

本書は25名余りの執筆者によって、最新のグスク研究の成果がまとめられています。入門書ではありませんが、琉球のグスクを知りたい方、琉球の歴史に関心のある方には必読の書としてお勧めします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック