通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
グアテマラの弟 (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

グアテマラの弟 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2011/2/9

5つ星のうち 4.8 39件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 160
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 50

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • グアテマラの弟 (幻冬舎文庫)
  • +
  • わたしのマトカ (幻冬舎文庫)
  • +
  • もぎりよ今夜も有難う (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,485
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

グアテマラの古都・アンティグアに家と仕事と家族を見つけた年子の弟。ある夏、姉は十三年ぶりに弟一家を訪ねる旅に出た。まばゆい太陽とラテンの文化で、どんどん心身がほぐれていく。そして陽気に逞しく暮らす人たちと過ごすうち心に浮かんだのは、外国を知らずに逝った父、家事にあけくれ続ける母のことだった。旅と家族をめぐる名エッセイ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

片桐/はいり
1963年東京都生まれ。成蹊大学卒業。俳優として、舞台、映画、テレビと幅広く活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 203ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344416163
  • ISBN-13: 978-4344416161
  • 発売日: 2011/2/9
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,958位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ああ、こんな感じ方ステキだなぁあ。
と、思いつつ、さり気ない感想の旅日記を
嫌味なく読めました。

子どもの頃、姉弟の関係が気まづくなっても
年をとったらお互いに、間に流れた時間を経て
理解しあえることもありますよね!
 やっぱり・・・
血がつながっているってスゴイなぁ!

とか、

些細な感想が”はいりワールド”のすんなりと
入り込める凄さだと思います。
本当に、読み終わったら「 いいかんぢ! 」
という爽やかさが残りました。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
はいりさんの文章はとてもユニークですね。そして、感受性が豊かで、そのきもちの表現がすごく豊かです。
それと、冒頭にずいぶんとネタふりをして最後に抱腹絶倒にさせるオチの付け方も絶妙のセンスがあります。
長い間、疎遠になっていた一つ下の弟を中心としたほのぼのとしたグアテマラ滞在のお話です。
読み始めは、あっけらかんとしているようで書かれていますが、その背景に何かもの悲しいような感じが伝わってくるようです。
弟は大学院まで出たのに、なぜグアテマラなのか。なぜ年上で子連れの奥さんと暮らしているのか。
グアテマラに滞在しているうちに、そういったなぞが解けてきて、その地と人と空気にぞっこん・・・ハマッてしまったというものです。
住んでるところはそれぞれ離れていても、はいりさんも弟さんもとてもあたたかく家族思いです。
そのことがじんわりと伝わってくる本です。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
初めて著者を見た日から・・・あのビジュアルのインパクトは変わらずですが、
人の魅力って こういうことか!?と思わせてくれた本です。

文章がうまいなぁーとまず感じます。
それ以上に とにかく内容が・・・可笑しい!!!

落ち込んだ友人がいると すぐに コレ贈ってます。
海外旅行好きな方なら さらに面白さを感じてもらえそうですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ラテンの国の陽気でゆったりした生活が生き生きと伝わってきて行ってみたくなりました。もし行けたら弟さんの学校の食堂にも行きたいです。小説に出てくる食べ物がどれもとてもおいしそうでした。
実はこの本を読むきっかけになったのも、はいりさんがテレビで義理の妹さんに教わったというグアテマラ料理を作っているのを見たからです。
日本とグアテマラの家族や近所の人たちとの交流がとても温かくユーモアたっぷりに描かれていてとても面白かったです。ちょっと大人びた子供たち。甥っ子さんや近所の子供の話も好きでした。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Pimpa 投稿日 2013/11/1
形式: 文庫 Amazonで購入
可能ならば★6つつけたいぐらい面白かったです。
エッセイ本は普段あまり読みませんがコレは別格。
片桐はいりさんはドラマや映画でしか拝見した事がなく、
普段どのようなお人柄なのか以前、私のマトカ、を読むまで知りませんでしたが、
言葉選びと感性が物凄く謙虚で想像力豊かで、私のツボです。
是非、もっと色々書いて頂きたい。
そういえば、1度、都内のデパ地下でご本人をお見かけした事がありますが、
確かに好奇心旺盛そうに目を爛々と輝かせていた気がします。
きっと、いろんな事に興味を持ってステキな人たちに囲まれた、魅力的な女性なんじゃないかと思います。
思わず読んでて噴出してしまいました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前作「わたしのマトカ」同様、すてきな旅の記録です。
遠くへ行くこと、人に出会うことの素晴らしさを堪能できます。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
小説か⁈と思ってしまった。
エッセイとか超えてる感じ。
グァテマラに行ったことも、さして興味もななかった←片桐さんとて 弟さんが住んでなければ縁がなかっであろうけど。
グァテマラという国、国民性みたいなものが なんとなく 片桐さんの感じ方で
わかってくるような。初めて、片桐さんの文章を読みましたが、言葉が綺麗なんだけど 堅苦しいはなく、面白く書こうとかは 微塵も感じず
でもセンスがすごくある方だと思います。そして笑えました、、
またどこかの国を旅したら 書いてほしいなぁ。表紙のデザインと タイトルも素敵です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック