クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: Asleep
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: オタショップ
カートに入れる
¥ 3,916
通常配送無料 詳細
発売元: WEST online
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

5つ星のうち 3.2 321件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 2,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,935 (59%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、MJ本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,000より 中古品の出品:9¥ 383より

この商品には新しいモデルがあります:


【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
  • +
  • 10 クローバーフィールド・レーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • +
  • インデペンデンス・デイ:リサージェンス 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
総額: ¥6,518
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: リジー・キャプラン, ジェシカ・ルーカス, T・J・ミラー, マイケル・スタール=デヴィッド, マイク・ヴォーゲル
  • 監督: マット・リーヴス
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Mono, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2008/12/05
  • 時間: 85 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 321件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001FVXUDC
  • JAN: 4988113741644
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 108,016位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★次世代ディスクの最高スペックでリアルな迫力を体感!!
★ブルーレイディスクのみの特典付き!!
★日米でNo.1を記録する特大ヒット!迫真の映像で迫り来る“体感型”パニック・アクション!
★ニューヨークで青年ロブの転勤送別パーティの最中に、正体不明の巨大生物が出現。街はパニックと化し、戦闘状態に突入する軍隊。ロブは恋人の救出に向かうのだが…。
★警告!あまりにも臨場感あふれる体感型映像に、車酔いに似た症状を起こす観客が続出!
★仕掛人は「M:i:III」や「LOST」の天才クリエイター、J.J.エイブラムス!ハリウッドで最も注目を集める才人が、日本の怪獣映画からヒントを得て本作をプロデュース!

<映像特典>
“謎の映画”の謎に迫る、約90分以上の豪華“必見”映像特典を収録!
■SPECIAL INVESTIGATION MODE ※ブルーレイディスクのみの特典!!
■監督マット・リーヴスによる音声解説 ON / OFF
■クローバーフィールド メイキング映像(製作会議から撮影終了まで、製作現場の舞台裏にとことん迫ったメイキング)
■視覚効果(デジタル合成で作られた迫真の映像のメイキング。 合成前と合成後の映像の比較も見どころ)
■モンスターの正体(劇中に登場したモンスター制作の過程に迫るメイキング)
■NGシーン(撮影中にキャストやスタッフが思わず笑ってしまったNGシーン集)
■削除シーン(本編からカットされた4種類の削除シーンを収録<音声解説付き>)
■別エンディング(完成版では使われなかった2種類の別エンディングを収録<音声解説付き>)
※Easter Egg(隠しコマンド)あり

※ジャケット、商品仕様などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「LOST」シリーズのヒットメーカー、J・J・エイブラムスが製作を手掛けた体感型SFパニックアクション。巨大な“何か”に襲われ大混乱に陥ったニューヨークの惨状を、一般市民が撮影したビデオカメラという視点からリアルに描き出す。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 westsidestory 投稿日 2010/12/11
形式: Blu-ray
全編ハンディカメラで撮影した映像というが、実際はそれで済むわけが無い。背景の高層ビルが破壊されたり、モンスターが徘徊するところを撮影できるわけがないのだから。ではどうやって合成したのか。固定カメラ、あるいはモーションコントロールカメラの映像にCGやマットペイントを重ねるのは簡単かもしれないが、あれだけの手ぶれの映像である。合成してから画面をぶれさせるのか、それとも手ぶれの映像に重ねることなどできるのか。メイキングを見て分かった。後者のようである。しかもほとんどの場面が何重にも処理された画面だ。手の込んだことをしながら、それを感じさせず、わざわざ素人が撮った画面に見せている。お見事。重ね撮りをしてしまったという設定で、過去の映像がフラッシュバックのように現れるというアイデアも効果的である。ところで、ラストのコニーアイランドの映像が現れた直後、沖合で起っているできごと、一度目は見逃したがあれは何だったのか。モンスターと関係があるのか。説明されないこともいくつも残し、作り方は贅沢なのにあえて見え方としては不完全にして興味をそそる。レビューにいたっては、作られた映像であることから意識がそらされているどころか、実写ととらえているかのようなものまである。やるなあ、J・J。
1 コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
一市民がたまたま所持していた手持ちのビデオカメラで巨大怪獣の襲撃の様子を収めたというコンセプトの映画。
多くの怪獣映画では演出でしかない「わー」と逃げてるだけの大衆の目線となるので、パニックや無残な被害状況がダイレクトに感じられたり、結果的に対応できていないとはいえ怪獣映画では単なるヤラれ役になりがちな軍隊がやたらと勇敢で頼りになりそうに見えたりと中々斬新でした。

しかし、生のリアルな映像と言うコンセプトだからこそ、襲撃から間一髪脱出だとか、都合よくいく先々で怪獣関係の被害に遭うと言った、定番の物語展開が一種の違和感として感られた部分もあり、終盤のヘリのシーンはさすがに無理やり感が。
また、この映画のコンセプト上仕方ないですが、自分や仲間が危機に陥っても撮影を続ける撮影者や、過酷な状況でも壊れずクリアな映像を撮り続けるカメラの存在でフィクション感が増してしまっています。

とは言え一般人が未知の脅威にさらされた際の限界や、恐怖感は伝わったので、細かいツッコみどころに目をつむり、雰囲気を楽しむものと割り切ってしまえば中々の良作だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
日本の怪獣映画って、どこからなぜ怪獣が出てきたか、どんな怪獣か、ソレに人間がどう対処したか、結末としてどうなったか、全て明らかにされる「神の目線」で描かれるが、欧米の映画では、天災のようにイキナリ現れて人に害を成す。まあソレを突き詰めたらこうなったって感じですね。ほとんど何も明らかにされないまま終わるのは、日本人的には消化不良にも感じられますが、私個人的にはコレはコレでアリだと想います。続編が企画されていたが無くなったという事ですが、種明かしのための続編は無くてもイイかなとも想います。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dorujirf トップ1000レビュアー 投稿日 2017/4/10
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
初期の何も分からないけど何か恐ろしい何かが居る…と言う雰囲気・臨場感は良く出ている映画だと思いました。
大真面目に見ちゃうと悪い意味で血圧が上昇してしまう映画でもありますが、雰囲気だけを楽しもうと思えば良映画です。

ですが、低評価をしている人の意見も同意する所も多いです。
あまりネタバレになるので言えないですが端的言ってしまうと、物凄く主人公が頓馬でムカつきを覚えてしまう。
私自身も主人公の身勝手さと周りに振りまく害悪にはちょっと・・・と引いてしまいました。

無自覚ほど恐ろしい毒はないと感じさせられた作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
一市民の目線から見た怪獣騒動というのが基本コンセプト。
ゆえに情報も状況も何もかもわからない。それが当然。
怪獣が何匹いるとか、虫に噛まれたら助からないとか
わからないのが当たり前、誰が教えてくれるわけでもなし。

本来なら避難するところを、彼女を助けるためという名目で
あえて危険地帯に身を晒すことになる状況づくりはまあ必要。
友人たちも、なし崩しに同行するというのもしょうがない。
カメラは回してなきゃ、そもそもお話にならんしね。

ファインダーに納まってるものだけが、彼らが知り得た全て。
怪獣の正体とか爆撃の結果とか、そんなものはわかるわけない。

怪獣映画は何百本と観てきましたが、ここまでストイックに
視点がブレなかったものはそうそうありません。
スピ版「宇宙戦争」が近いけど、あっちは自分で撮ってねえ。

EDクレジットの音楽はまさに伊福部リスペクト。
ある意味この映画一番の聴きどころなので飛ばさないように。
一曲だけなのでサントラは出ませんし。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー