¥ 670
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クロニクル・レギオン5 騒乱の皇都 (ダッシュエッ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クロニクル・レギオン5 騒乱の皇都 (ダッシュエックス文庫) 文庫 – 2016/4/22

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クロニクル・レギオン5 騒乱の皇都 (ダッシュエックス文庫)
  • +
  • クロニクル・レギオン4 (ダッシュエックス文庫)
  • +
  • クロニクル・レギオン  3 (ダッシュエックス文庫)
総額: ¥2,009
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

災厄の英雄、平将門復活! !
強大な戦力を手に入れた女皇照姫は、将門の率いる二千騎ものレギオン"零式"により皇都東京の実権を握る。
一方、征継の記憶を蘇らせ、さらなる力を手に入れるため、皇女志緒理もまた東京に凱旋する。
二人の高貴なる少女が相まみえるとき、新たな戦いの火ぶたが切って落とされる! !
幻想と歴史がクロスする覇道戦記、激突の第五巻!!

内容(「BOOK」データベースより)

征継の記憶を取り戻すため、皇都東京への訪問を決意した志緒理。だが、時を同じくして皇都東京では女皇照姫が災厄の英雄・平将門を復活させてしまう!!将門の率いる二千騎ものレギオン“零式”により、武力で実権を握る照姫だが、将門にはさらにおそるべき秘密が隠されていた…!!志緒理と共に皇都入りした征継は、ついに記憶を取り戻す鍵となる人物、神君徳川家康と邂逅を果たす。だが家康の放つ意外な言葉に迷いを感じて…!?いっぽう虎視眈々と巻き返しを狙うエドワード率いる大英帝国も、ある密約をもとに次なる計画を立てていた…。幻想と歴史がクロスする覇道戦記、混沌と激突の第五巻!!


登録情報

  • 文庫: 352ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086311100
  • ISBN-13: 978-4086311106
  • 発売日: 2016/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 79,516位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
主人公の征継を始め、いにしえの英傑たちが武勇と知恵を競うシリーズも5巻目。

皆が思惑バラバラに動き回っているのが楽しい。
世界有数の大英傑たるカエサルは勿論、英国の黒王子や獅子心王も目的のために動く本巻だが。
そこに大権現と天海僧正が係わって加速していく。

その上にキーパーソンたる敵役への作中の征嗣と衛青の「平將門」の評はハッとさせられた。帝都物語で刻み込まれた存在感で勘違いしてしまうが、世界規模の英傑と比べるとそりゃね。ところがそれをすら覆す高性能ッぷり。やはり仇役こそチートじゃ無きゃね。

とにかくそうした復活者たちの行動も凄いが女性陣、特に志緒理の行動が凄まじい。
本来は有能な王女さま系のヒロインであり、外見も嫋やかで清楚な姫君なのだが、中々に腹黒い。

秀才というか天才たる志緒理にコンプレックスを抱く、女皇・照姫の凡人ッぷり。それ故に状況が不透明な、予定調和がどう崩れるか分からないジョーカーになっている。

普通のヒロインは照姫に救いの手を差し伸べるのじゃないかしらん。まさかこう来るとは。
そんな女傑の志緒理が征嗣が絡むと、どこぞのチョロインみたくなってしまう。
主人公であり前世を憶えていない強大なれど半端な復活者橘征嗣の
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック