クロスファイア [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クロスファイア [DVD]

5つ星のうち 3.4 23件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 5,012 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,468 (23%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、john-mediaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 5,012より 中古品の出品:10¥ 598より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • クロスファイア [DVD]
  • +
  • 千里眼 [DVD]
総額: ¥8,512
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 矢田亜希子, 伊藤英明, 原田龍二, 長澤まさみ, 吉沢悠
  • 監督: 金子修介
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2001/01/25
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HS0U
  • JAN: 4988104014085
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 33,737位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   パイロキネシス(念動発火能力)という特殊な能力を持つ青木淳子(矢田亜希子)は、その能力ゆえ孤独な日々を送っていた。密かに思いを寄せる会社の同僚・一樹(伊藤英明)の妹がレイプされたうえ、殺されたことで、復しゅうのために自らの能力を使い始める。だが、淳子の能力に興味を持つある組織と警察の追手が伸びようとしていた…。
   宮部みゆきの小説『クロスファイア』『燔祭』を金子修介が映画化。特殊な力を持ってしまった者の悲しさを、矢田亜希子がはかなげだが強さを秘めた役作りで熱演。伊藤英明演じる一樹とのほのかな恋も美しく描かれている。レイプ殺害事件を発端に広がりのあるストーリーを展開し、ラストにはド派手なクライマックスも! 娯楽作としても十分楽しめる。ベテラン刑事を演じた桃井かおりの好演も見どころ。見た後、優しい気持ちになれる良作。(茂木直美)

内容(「Oricon」データベースより)

宮部みゆき原作の同名小説の映画化。矢田亜希子が初の主演を務めている。伊藤英明、原田龍二、長澤まさみほか共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

矢田亜希子さんが好きなので購入しました。
2000年の映画なので、劇場公開当時は21歳だと思いますが、可愛いです。
長澤まさみさんも本作でデビューしており、非常に初々しいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ミヤベ作品にここ2〜3年はまっていて、「クロスファイア」が一番最初に読んだ作品だった。
映画やドラマもほとんど見たが、そのすべてが駄作と言える出来。
唯一良作といえるのがこの作品だ。
原作では途中から同じ超能力者との関係に溺れていく主人公だが、
正直結末を描くために無理矢理あの展開に持っていった感じだった。

映画の中で同僚に想いを寄せる主人公の方がきわめて自然に感じた。
この作品は原作とは全く別の作品として鑑賞することを勧める。
ミヤベ作品はどれも複雑な人間関係が描かれているので、
これらをすべて表現するには恐らく今の日本人の監督では能力が足りないのだと思う。

それと「青木淳子」と「矢田亜希子」のイメージが違うという人が多いが、
若くてちょっと綺麗で、でも翳がある女性がイメージなら
「矢田亜希子」はよく演じていたのではないだろうか。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
矢田亜希子の楚々たる風情が絶妙。
微妙な恋心は絶品。
見応え十分。

一風変わった超能力映画。
桃井かおりの絶妙なタッチに感服。
微妙なリアリティ、見応え満喫。

意外な傑作。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
それにしても金子修介監督は女優発掘がうまい。「ガメラ2レギオン襲来」の水野美紀といい、この「クロスファイア」の矢田亜希子(ほとんどノーメイク!!)もしかり。後に、いずれも連ドラの主役を張れるほどの売れっ子になった。
宮部みゆきの原作は、確かにもっと奥が深い。しかし、2時間弱の映画にするには、娯楽色を前面に押し出し映画的要素だけをうまく拾い集めた金子演出は、成功している。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作2本(「燔祭」と標題作)を1本にまとめるのは厳しいなあ。
悪役も矮小化されて、しょぼくて、クライマックスのまんま「ガメラ3」の
超能力合戦は営業的に必要なんだけど、失敗作でしょう。
でもね、好きなんです。おでこの広いヒロインもいいし。
プログラム・ピクチャーなんだし。
あ、原作大好きな人は期待しないで見てね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とにかく誰も彼も芝居が固くて始終違和感がつきまとう
役者の力量というより演出の力不足の方が大きそうに思えたけど、当時旬だった矢田亜希子を使った超能力ライトホラーアイドル映画を一本仕立てるのが目的だったなら確かにこの仕上がりは水準以上
当時見るならよかったね

今、あえて見るのはよっぽどひいきの役者さんがいないと辛いんじゃないかな
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作とは無関係に考えてるのは当然として、一つの映画としてほとんど見るべきところがないように思います。
役者陣が大方ヘタ、ということもありますが、何より「誰が/誰を/なぜ」焼き殺すか、
ということに、ほとんど作品としての考慮が払われていません。

その点、原作では読者がその結論に満足するかどうかは別として、
一つの思索がなされていたように思います。
映画は別物ですから、私としては映画版独自の「思想」を見たかったのに。
それができないなら、その点だけでも原作をなぞればよかったのだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
かなり酷評されてますが、アイドル映画(?)としては、結構いい出来じゃないですか。この作品より酷い邦画なんてヤマのようありますよ。全体を通して、主人公・青木淳子(矢田亜希子)の悲しい運命の雰囲気がよく描けていると思います。矢田亜希子は、こういう翳のある役だと結構いけるんじゃないでしょうか。伊藤英明の演技はイマイチですが、二人の“純愛もの”として考えれば、初々しく観れます。長澤まさみは、なかなか存在感があり、その後の活躍も納得させられます。それにしても、値段が高すぎると思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
宮部みゆきの『クロスファイア』『燔祭』を映画化したもの、と言いたい所ですが後半は完全なオリジナルシナリオで、原作の繊細な雰囲気やテーマが台無しです。特に感じるものの無い大味な作品に改悪されてしまっているので、オススメできません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー