この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クロスセンス (クレアールノベルズ) 単行本 – 2006/5/25

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,116
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

アイドル歌手の謎の自殺―彼の後を追うように自らの命を絶つ多くのファン。その舞台となる『Bar海辺』の正体とは!?携帯電話に仕組まれた謎を、フリーターの若者と元敏腕刑事が解き明かし、仮面の下に隠された真の人間像に迫る!メール社会の本質をえぐり出す問題作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

寺西/一浩
作家、プロデューサー。1979年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。第44回名古屋タイムズ少年少女賞受賞。参議院開設50周年論文優秀賞受賞。大学在学中に元外務大臣田中眞紀子氏との交流を綴ったエッセイ「ありがとう眞紀子さん」(すばる舎)を出版し、衝撃の文壇デビュー。2004年、株式会社トラストミュージックエンタテインメント代表取締役社長に就任し、島倉千代子歌手生活50周年事業で大成功を収めるとともに、「島倉家―これが私の遺言」(島倉千代子著 文芸社)をプロデュースし、ベストセラーに導く。2005年ミス日本コンテスト(中部・北陸地区)審査委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 138ページ
  • 出版社: クレアール出版 (2006/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894312603
  • ISBN-13: 978-4894312609
  • 発売日: 2006/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,401,137位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
サスペンスものによくありがちなムリヤリな展開ではなく、楽しくサクサク話が進む。若干続きを期待させる終わり方だったので続編が気になる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
構成はシンプルだけど、「あっ」と思わせる作者の発想が随所にあり楽しめました。

ページ数は少ないのだけれど、きちんと読後感があるというか、自分の中にストーリーが刻まれていてその余韻がまた面白かったです。

実際こんなに偶然が重なることはないと思いますが、それでも着眼点の一つ一つは的を得ているものだと思います。

切り口がいくつかあるのですが、これだけの切り口をよくこのページ数にまとめたものだと感心です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
所々に作者ならではの発想が見られて面白かったです。表面的にはミステリーだけど、本当に伝えたいことはもっと人間的な感情に根ざした部分だと思いました。

自殺や裏切りで物語が展開していく中で、主人公のちょっと抜けてる面や物語後半から出てくる源さんなどのキャラがほっとさせてくれたように思います。

この作品自身が答えを提示しているわけではなく、今まで見えそうで見えていなかった、もしくは敢えて見ないできた「社会問題」を世の中に提示してくれている、そんな風にも感じました。ある意味コトンと心に音を立てた作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あまり本を読まないのですが、たまたま読んだこのクロスセンスは良かったです。読みやすくて共感というか気持ちがわかる箇所が多かった。普段あまり本を読まない方はもちろん、読み慣れている方も新鮮味あっていいと思うので、是非一読オススメします!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告