通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クロスゲーム (3) (少年サンデーコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クロスゲーム (3) (少年サンデーコミックス) コミックス – 2006/3/17

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クロスゲーム (3) (少年サンデーコミックス)
  • +
  • クロスゲーム (2) (少年サンデーコミックス)
  • +
  • クロスゲーム 5
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 30pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 186ページ
  • 出版社: 小学館 (2006/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409120130X
  • ISBN-13: 978-4091201300
  • 発売日: 2006/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11.4 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 ついに高校野球部に入った主人公、しかし入ったのは現監督が「肥だめ」と呼ぶ、前監督が率いるファーム(2軍プレハブ組)だった。

 現監督、校長代理(教頭)、一軍マネージャーの新キャラクター達も魅力的ですね。

 作者のフォローによる主人公の特技にも注目!

 次巻、一軍との練習試合につながる第3巻。

 個人的には紅葉の今後に期待ですね。

 やはり、高校野球漫画はあだち充の真骨頂ですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
クロスゲーム第三巻。
高等部に進学した主人公たち。光たちはそろって公式野球部に入部するわけだが、そんなにスムーズに話は進まない。
出てきました「敵キャラクター」。

あだち充のマンガに出てくる敵キャラクターは「高校野球を利用する輩」と同義に近い。
金儲けのため、名を上げるため、プロ野球への腰掛として、それぞれが高校野球を「道具」としてしか見ていない。
彼らは主人公たち「高校野球が好きなやつら」と激しく対立する。それが今回は一軍対プレハブ組という対立構造となっている。

「高校野球を利用する輩」を描くあだちのペンには、普段のユーモアを込められてはいない。
彼のマンガに登場する敵キャラクターは、キャラとしての愛着もわかないただの「嫌な奴ら」なのだ(一部の例外をのぞいて)。

逆に彼が描く主人公たちは、高校野球という限定的なファンタジーのなかで自由に躍動する少年たちだ。
彼らは、プロにいったらどうこうなんて夢物語は語らない。
目の前の試合に全力を注ぎ、その結果に一喜一憂する。
考えてみれば、少なくともあだち自身はタッチの続編を、H2の続編を描かないし
達也や比呂のプロ野球選手や大リーガーになった姿は描かない(短編でプロ野球は描いてるかもしれ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
確かにこの人が描くのはどう見ても同一人物のような見た目。
もち名前は変わるが、見た目に然程(というか全く)変化は見られない。

ただ、内容とすれば結構面白いと思ってる。
なんかありがち的な感じもしないでもないが、まぁそこはそこ。

この作者さんはやはり野球漫画描かせた方が本人にも一番いいのでは?
途中ボクシングとかヘンテコなの(失礼)描いてましたが、野球がベストではないですか。

今サンデーで3つの野球漫画が連載されているというのはどうかとも思いますが(苦笑) 2006/04/16現在
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告