Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 428
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[三田紀房]のクロカン 2
Kindle App Ad

クロカン 2 Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] クロカンの27の第2巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 428
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 363

紙の本の長さ: 355ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


まとめ買い

商品の説明

内容紹介

秋季大会準決勝、桐野高校野球部は、強豪・信明学園にサヨナラ負けを喫してしまう。この大会の優勝に監督解任を賭けていたクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)だったが、彼を慕う野球部員達の直訴によって続投を認められる。夏の大会で快進撃を続ける桐野高校、悲願の甲子園初出場なるか!? そしてクロカンを待ち受ける意外な運命とは……!? 「勝つってことはな、与えられるもんじゃねえ。手汚して血みどろになって、つかみとるもんだ」――。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 84978 KB
  • 紙の本の長さ: 355 ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2007/7/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AM7ZZWY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
 主人公黒木監督率いる桐野高校は念願の甲子園出場を決める。しかし黒木の傲慢な態度に業を煮やした学校側は改善要求をし、黒木はそれを拒否。桐野を去る事に・・・甲子園出場したという実績に、強豪高校私立高校からの監督依頼を受けるが、もうひとつの依頼である田舎の公立鷲ノ森高校を、生徒との契約金150万円を条件に、引き受ける。が、ある程度洗練された桐野とは違い、ほぼ一からの指導に、少なからず失望する。
 拙文ですが概要だけを説明するとこんな感じです。
個々の練習に対してお金を要求するという方法を取るのですが、大変面白いと思いました。黒木は言います。「俺は技術を売り、お前らが買う。そうすることで自分から代償を払って掴み取るという事を覚える。この一斗缶が金で一杯になった時、それがお前らの自信に変わる。」
積み重ねた自発的な行動が自分を形成する、言い換えれば単純であり至極当たり前だと思います。しかしこういった事をスポーツを通して真っ向から教えてくる、そんな人物がこの本の中にいます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
桐野高校野球部監督・黒木は部長の森岡と衝突しながらも、技術よりも気持ちを優先した野球を貫き、桐野高校を甲子園に導く....が、甲子園では彼の振る舞いはふさわしくないということになり、結局、黒木が甲子園の土を踏むことはなかった。黒木は、後を森岡に託して、桐野高校を去ることになる。
桐野で1つの伝説を作った黒木。しかし黒木の本当の伝説はここからである。
やることがなくなった黒木。しかしそんな黒木を高校野球界は放っておかなかった。強豪高校、そして...鷲ノ森高校の野球部員から、それぞれ野球部監督のオファーを受ける。黒木は、黒木らしく、どうしても1勝したいという鷲ノ森高校野球部キャプテン浅井のオファーを受ける。
こうして鷲ノ森高校野球部監督・黒木(通称クロカン)が誕生する。
非協力的な鷲ノ森高校の職員と戦いながら、黒木がこの野球部をイチから強豪まで育て上げるプロセスは圧巻です。学校や会社で指導者や教育者の立場にいる方は、是非ご覧になってみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover