通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クロイツェル・ソナタ (岩波文庫 赤 619-5) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 旧装丁・カバーなし(裸本)・昭和 50 年47版・帯付・状態は、背ヤケ・背に小口ヤケシミがあります。・雨濡れ防止をして丁寧に梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

クロイツェル・ソナタ (岩波文庫 赤 619-5) 文庫 – 1957/2

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クロイツェル・ソナタ (岩波文庫 赤 619-5)
  • +
  • イワン・イリッチの死 (岩波文庫)
総額: ¥1,036
ポイントの合計: 32pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

登録情報

  • 文庫: 175ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (1957/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 400326195X
  • ISBN-13: 978-4003261958
  • 発売日: 1957/02
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 283,738位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 音楽の危険な魅力を描いた文学作品として有名なこの小説は、古典たるにふさわしい簡潔さと深みを備えています。米川正夫氏によるこの翻訳は、第一版が1928年ですが、今でも自然に読める平易かつ的確な文章です。後期のトルストイに特徴的な単純な構成と明確な思想性もこの作品では教条主義的な寓話に堕すことなく、小説としてはプーシキンの最上の短編やドストエフスキーの後期中編を思わせる完成の域に達しています。
 米川氏による解説も簡にして要を得ており、作者と翻訳者の呼吸がぴたりと一致しているという印象を強めています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この本が語る「愛」は「ロマン」ではありません。
動物性、道徳性を持ち出し、新旧の性の考え方の違いを持ち出し、合理的に説明し、問題点を浮き上がらせようと試みています。そして、その問題は、女性の社会進出など、今まさにアジェンダとすべきものです。全く古さを感じさせません。日本の流れと比較すれば、平成元年以降の思想によって書かれていると言って過言ではないでしょう。100年ほど彼が進んでいるのでしょうか、それとも、欧州の影響を日本よりも100年早くロシアが受けていたと言うことでしょうか。
私はこの本の問題定義、社会批判に大方、同意します。
そして、愛の神秘性を、政治や宗教、医療に悪用されない為に、女性にも読んで欲しいと思います。しかしながら、女性にとっては、言葉が汚く、彼女たちの普遍と思える(しっかり読んでいただければ本当は違うと思うのですが)娼婦の側面も問題視していますので、耐えうるものではないかもしれません。それでも、「愛」と言うものを逃げずに考えてみてください。
しかし、不思議ですね。トルストイは熱心なキリスト教だったとき聞きます。それでも自分で0から道徳を作り上げて、毎日自問自答を繰り返し、あらゆる矛盾を指摘しています。(矛盾は権力の故意によってしかもたらされないと私は考えます)。私は彼のような自由な批判が宗教家から出てくるものとが信じられませ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告