通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クレヨンしんちゃん 46 (アクションコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クレヨンしんちゃん 46 (アクションコミックス) コミックス – 2007/7/13

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クレヨンしんちゃん 46 (アクションコミックス)
  • +
  • クレヨンしんちゃん (Volume47) (ACTION COMICS)
  • +
  • クレヨンしんちゃん(50) (アクションコミックス)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 119ページ
  • 出版社: 双葉社 (2007/7/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575941107
  • ISBN-13: 978-4575941104
  • 発売日: 2007/7/13
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
世間で言われているほどオレは酷いと思わなかった。巻頭カラーでのシロの話で、シロの母犬がもとの飼い主に保健所に送られ、シロは捨てられるという場面はあったが、シロはこういう苦しい経緯をたどってしんのすけに拾われたんだなと逆にシロとしんのすけの関係に深みが増したぐらいだ。
それに元シロの飼い主は決して悪気があってやったのではなく、あれは家族の病気の関係で仕方のなかったこと。その一家は色々と手も尽くした結果やむを得ず選んだことである(ちゃんとシロとの別れを惜しむ場面も描かれている)
後シロの世話してた捨て猫が翌日ハエが鷹って死んでいたという話をほんの一部乗せたということで叩かれたらしいが、以前の話の経緯だしあれはとてもメッセージ性のある話だと思う。何も非難する事ではない。かわいそうな話ではあるが、シロという存在、重要性を大きく表したと考えるべきじゃないかな。
一方、ギャグはきちんと健在でひろしの同窓会やパロディの亀谷コウ吉(落ちかなり笑った)の話など、とても楽しめた。…徳先生とまつざか先生の話についてはまだ何もいえない。

この作品をただ「かわいそう」「ひどい話」「酷い、最低」だけで捉えては本当に台無しになってしまうよ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前のレビューで動物の命が軽くみられているとかかれていますが、そういう描写は
ありませんでした。

今巻は大人が出てくる話が多かったことで星をひとつ抜きました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「まんがタウン9月号」クレヨンしんちゃん連載において、まつざか先生の恋人「徳郎さん」がテロに巻き込まれ死亡。そして、それを取り巻く暗い話が巻頭カラーで載った。徳郎さんといえば、この巻含め前後の巻でも、松坂先生とのやりとりで相当出演回数も多い。しかし、そのまつざか先生も、酒を片手に自暴自棄なセリフ「あとで私もいくからね」とキャラクターも変化。いまさら取り返しのきかない「9月号」に関しては、かなり波紋もあったはずだ。そこで今、46巻をあらためて読み返すと(結ばれない二人の結末を知って)、まつざか先生と徳郎さんの話はとても辛すぎる。この46巻のシロの保健所の話より私はこっちの方がショックである。46巻、どちらにしても衝撃作であるので☆三つ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 「動物の命を軽く見ている」かどうかは,個人的な感覚によるところが大きいと思います。僕個人は,不快感を抱くほどではありませんでした。

 本編もさることながら,「外伝」のファンです。今回の『吸骨鬼』は特にお薦めです(種本を知っていれば,もっと楽しめます)。

 巻を重ねてきたことですし,「外伝」のみを集めたスペシャル版が出れば面白いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 し〜あん 投稿日 2007/8/1
形式: コミック
いつもクレしんは楽しく読ませてもらっているが、今巻は動物を愛する人は読まない方がいい。自分もその一人だが、今回の一話目に収録されている、『シロの生い立ち』の話だが、正直言って動物の命を軽く見すぎている。ああいう結末にしなければいけなかった理由、そしてそうせざるを得なかった事に対する飼い主の罪悪感がみじんにも感じない。いくらマンガとはいえ、ああいう風にする必要があったのか?人として...いや、同じ生き物として最低だと思う。おかげでそのあとの話が全然笑えなくなった。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告