中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クレムリン(1) (モーニング KC) コミック – 2010/6/23

5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者からのコメント

ツー編集長(現・モーニング編集長)と担当者の判断ミスに感謝します。

出版社からのコメント

世に「猫漫画」は数あれど、働こうともしない若者を健気な猫たちが支える展開は前代未聞ではないでしょうか。猫人間と人間猫が営むユートピア。あらゆる「格差」の境を紛らす平等指向。菅ニャオ人首相にもぜひお読みいただきたい怪作です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • コミック: 128ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063729141
  • ISBN-13: 978-4063729146
  • 発売日: 2010/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 puraban 投稿日 2010/7/1
形式: コミック
一読した後には「・・・アレ?」と思ったこの作品。
もしあなたもそう思っても、ため息と共にブックオフに持っていく前に、もう一度読んでみて下さい。さらにもう一度。そしてもう一度。
そうすれば、あなたはもう、この猫達を追い出すことはできないでしょう。
あまりにシュールなこの漫画は、一読するだけでは面白みが伝わらないかもしれませんが、何回も繰り返して読むと不思議な愛着が湧きます。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本の作りが非常に独特だったので、興味を引かれて購入した。
内容も実に個性的。
絵柄は表紙そのまんまである。

人間の「キャッツ君」と三匹の猫「関羽」が中心に繰り広げる
ボケとツッコミの話なのだが、淡々と展開されていく内容が
実にシュール。
町中の猫にプレゼントを配るために、町中の猫が集まってサンタに
なるという本末転倒の話や、バレンタインに人間より猫からチョコを
もらいたがるキャッツ君のライバルなど、普通の発想では出てこない
ようなギャグのオンパレードに驚かされる。
そもそもキャッツ君が拾った動機からしてグダグダで楽しい。

猫がペットを飼いたいと言い出すのもアレだが、ウミウシという
選択はどうかと思う。
ゆるーい笑いをご堪能あれ。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鑑定人@寝不足 トップ1000レビュアー 投稿日 2010/7/2
形式: コミック Amazonで購入
モーニング本誌の方で見かけ、ただならぬ「味」に惹かれて、ついつい購入。
そして現在、すっかり虜になってしまいました。

「クレムリン」というタイトルだけを聞くと、なにやら難しそうな政治系の書籍を連想してしまいますし、実際に無関係というわけではないようですが、基本は猫マンガです。

世にも珍しい6コマ漫画という形態ですが、それよりも特筆すべきは、独特の脱力系のタッチとストーリーです。

ストーリーは主人公の青年が3匹の捨て猫を拾うシーンから始まります。
ここだけを見ると、同じモーニングで連載されていた猫マンガの傑作「クロ號」と似ていますが、シュールなタッチとストーリー等、全くの別物です。(どちらも傑作!)

常に無表情で、一見冷酷そうだが、実は優しい好青年の主人公。
そんな彼は何故か猫語を理解する事ができ、何故か猫の大家が営むアパートに住んでいます。

同じく何故か人間語を話せるネコ達と遭遇し、寛大な心(?)でアパートに連れ帰ります。
この猫達も主人公同様に無表情なのですが、それなのに実に愛くるしくて憎めません。

何が起きても無表情だけど、何が起きても平然と受け入れ、ツッコミを忘れない主人公。
やはり常に無表情だけ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
絵がすごく手抜きである。

まったく感動的なまでの超手抜きだ。ネコが描いてるんじゃなかろうか。
赤塚富士夫が完成させた「手抜き奥義」の正当な後継者は彼だけだ。
なんというか、真面目に読もうとかそういった余計な情熱を1ページ目からそぎ落としてやるせない気持ちにさせてくれる。
38度くらいの微妙な温度の風呂につかって腐りつつある気分だ。もうどうでもいいや。

具体的に説明すると、
背景がない。
背景があることが稀なのでたまに描いてあると「あー、背景だー!」って感動できる。これは新しい。
地面がない。
地面がたまにしか描かれてなく登場人物たちが白い空間になんとなく浮いている感じがする。
だが別に気にならない。全体的にバランスが良い手抜きなのでどこか一か所の手抜きが気にならないのである。斬新だ。
時間が不明。
登場人物たちは夜なのか昼なのかもわからないファジーな時間世界にいます。
登場人物たちは、いきなり野外や屋内や街のどっかに瞬間移動するのですがクレムリンの世界は時空間が極めていいかげんなので
どんな演出上の無茶も適当に正当化されてしまうのです。小畑健が作画したら2コマもたないでしょう。
作者は実際には卓越した画力を持っ
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
思い返せば大学生時分。吉田戦車『伝染るんです。』の終了後に、突如始まった高野聖ーナ『パパはニューギニア』。
笑いで引きつった下アゴを守るため、思わず雑誌から目を背けた、あの日の遠い記憶がよみがえる。
他誌の話ではありますが、カレー沢薫「クレムリン」。同様にアゴが砕けた一冊として、思わず読んでる途中に本を閉じました...。

読みなが
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック