この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クレオパトラの謎 (講談社現代新書 (683)) 新書 – 1983/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

古代ローマの権力者であったシーザーやアントニーを魅了し、権謀術数渦まく地中海世界を舞台に、華麗な足跡を残したエジプト女王クレオパトラ――。しかし、栄光と悲惨のあやなすその生涯には、いまなお多くの謎が秘められている。彼女の抱いた政治的野望とは何か? ローマの将軍たちはなぜ彼女に惑わされたのか? 自殺の真の理由は何であったか? 丹念な史実の検証と大胆な新解釈によって謎の真相に迫る。

シーザーとの出会い――包みが部屋に運び込まれたとき、シーザーはおそらくアレクサンドリア人が陳情に来た、くらいの興味しかもたなかった。しかし包みの紐が解かれ、中から小柄な女王がころげ出し、髪を乱してはね起きたとき、シーザーの驚きはかつてなかったほど大きなものであった。プルタルコスは、このときの様子を、「シーザーはクレオパトラの機智を示す証拠に魅せられた」と語っている。独創的で勇気に満ちたエジプト女王の現われ方は、いまやローマ第一の権力者であるシーザーに彼女を印象づけるには充分であった。――本書より

著者について

1943年、東京生まれ。1970年、早稲田大学文学部美術史専攻卒業。現在、早稲田大学人間科学部教授。専攻はエジプト美術考古学。早稲田大学古代エジプト調査室主任として発掘調査を続けている。著書に、『エジプト史を掘る』『ファラオの食卓』――小学館、『ピラミッドの謎』『ツタンカーメンの謎』――講談社現代新書、『古代エジプト女王伝』――新潮選書――など多数。


登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 講談社 (1983/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061456830
  • ISBN-13: 978-4061456839
  • 発売日: 1983/02
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 986,996位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2008年2月3日
形式: 新書
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告