中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クレイジー大亜門道―大亜門短編集 (ジャンプコミックス) コミック – 2007/8/3

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 219ページ
  • 出版社: 集英社 (2007/8/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088744489
  • ISBN-13: 978-4088744483
  • 発売日: 2007/8/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 西京BOY 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2007/8/5
形式: コミック
現在、ジャンプで「ギリギリギャグ」をやる作家の代表と思われる大亜門。
その彼の道のりを味わえる初の短編集。

私は基本的にこの短編集で雑誌に掲載されたものは全て読んでいて、
初見の作品は未発表の「怪傑h」しかなかったのだが、それでも新鮮に読める。
当時のことを思って懐かしくなる感じもあるし、スピンちゃんの読切では
家庭教師のときの英文で再び笑ったり、実に切れのあるギャグを発揮している。
そもそももて塾の時からぶっ飛ぶようなオチだったり、間間の小ネタに面白みがあったりと
パロディが少なくても笑える要素は多々あった。
個人的にはこの時が一番バランス良かったな、とは思う。(もちろん今の漫画も好きだが)

おまけページの裏話も実に面白く、連載で好きになったなら読んでみて欲しい一冊。
デビュー作から応援してる作家なのでこれからもずっと作品を発表し続けて欲しい。
取り敢えず次回作はこの夏の赤マル!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
良く言えば「メリハリがあるギャグ作品」悪く言えば「下品な作品」でお馴染みの大亜門先生の短編集です。

正直、確かにやってることは変わりないのですし、「太臓」に比べると荒削りな部分も見受けられますが、それを補うだけの勢いと突っ込みのハイクオリティさも当時から光るものが見受けられました。
一作品ごとに書き込まれている作品解説では当時の苦労が垣間見れて、それもなかなかそそられます。

余談ですがカバーの作者コメントと写真は大爆笑しました。
こんなとこでも「共演」していたんですね・・・。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
もて塾から結構好きでしたが、ジャンプだけでなく単行本を買ったのはこれが初めて。
てっきり連載版と一緒に単行本になってると思ってた読み切り版スピンが一番の収穫です。
だいじょうぶだあの下りとか、博士の陰でいい味出してる辺り最高。
アホ親父を慕う健気な姿に母性・父性本能をくすぐられる読者も多いんじゃないかと。意外に男前な亜門さん、早期のジャンプ帰還を祈ってます。
たいぞうの変遷も面白かったなー。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 には 投稿日 2007/12/25
形式: コミック
大亜門先生=パロディ=パロディが無いと漫画を描けない、というイメージが固まっているが、そうじゃあない。
やはり昔リアルタイムで見た通り、またはもて王同様、オリジナルネタ、ツッコミ、ストーリー構成や、あんな短ページでキャラの個性を活かせるのは大亜門先生位だ。
パロディ無くても十二分いける(むしろ無い方がいいかも?)。
やはりもて王の時のようにキャラに愛を感じる。世間からは先入観だけでもて王に酷評の声がよく聞かれるが、是非大亜門先生の作品を知ってる人も、知らない人も見てほしい。また、もて王が嫌いだった人もこれを見て大亜門先生を見直してほしい。
自分はスピンと一九がお勧め。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック