中古品の出品:5¥ 1,195より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クルーシブル (初回限定生産) [DVD]

5つ星のうち 3.9 17件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 1,195より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でクルーシブル (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウィノナ・ライダー, ダニエル・デイ・ルイス, ジョーン・アレン
  • 監督: ニコラス・ハイトナー
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2005/08/19
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000A0D8YU
  • JAN: 4988142308122
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 165,691位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

17世紀末に実際に起こった魔女狩り事件をもとに、
ウィノナ・ライダーが不倫愛におぼれる魔性の女を演じるサスペンス・ドラマ


<キャスト&スタッフ>
アビゲイル・ウィリアムズ…ウィノナ・ライダー(岡本麻弥)
ジョン・プロクター…ダニエル・デイ・ルイス(大塚明夫)
エリザベス・プロクター…ジョーン・アレン(佐藤しのぶ)
パリス牧師…ブルース・デイビソン(有本欽隆)
ダンフォース副知事…ポール・スコフィールド(大木民夫)

監督:ニコラス・ハイトナー
製作:ロバート・A・ミラー/デイビッド・V・ピッカー
撮影:アンドリュー・ダン、BSC
脚本:アーサー・ミラー
音楽:ジョージ・フェントン

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:宇津木道子

<ストーリー>
住み込みのメイドとして働く少女アビゲイルは主人ジョンとの情事に身を任せる。その関係を知ったジョンの妻エリザベスは、二人を引き離すべくアビゲイルを解雇。だが、アビゲイルは性の快楽に目覚め、再び関係をジョンに迫るが、自分の家族を大切に思う彼にとって、二人の関係は一夜限りのものにすぎなかった。やがて、アビゲイルは愛する男を取り戻すために、邪魔者エリザベスを陥れようと町中を巻き込んで、ある恐ろしい行動に出るのだった……。

<ポイント>
●アカデミー賞2部門ノミネート
●『マイ・レフトフット』『ギャング・オブ・ニューヨーク』の演技派アカデミー俳優ダニエル・デイ・ルイスとウィノナ・ライダーが共演
●17世紀末マサチューセッツ州セイラムで実際にあった"魔女狩り事件"を基にしている。

Amazonレビュー

   17世紀の後半、マサチューセッツ州セイラム。農夫のジョン(ダニエル・デイ・ルイス)は性的に淡白な妻エリザベス(ジョアン・アレン)をよそに、召使の少女アビゲイル(ウィノナ・ライダー)と一夜の情事を交わした。そのことを知ったエリザベスはアビゲイルを解雇。しかし、性の快楽に目覚めてしまったアビゲイルは、ジョンを我が物にすべくエリザベスを魔女としてでっちあげていく…。
   アメリカで実際に起きた魔女狩り事件をモチーフとしたサスペンス映画。そもそもは1950年代マッカーシズムへの批判としてアーサー・ミラーが戯曲化し、その後自身の脚色で『サレムの魔女』として映画化されたもののリメイクである(本作の製作はA・ミラーの息子ロバート・A・ミラー)。悪魔に取り憑かれたふりをしながら狂気のさたへと陥っていく魔性の少女をW・ライダーが熱演しているが、彼女はこういう役をやらせるとはまりすぎていて、逆に怖い。一方、一夜の過ちを悔い、でっち上げられた魔女裁判に立ち向かっていく主人公=D・D・ルイスが迫真の演技を披露し、感動を誘う。不気味な要素を多分に含ませながら、その実重厚な人間ドラマとして屹立している作品である。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/4/10
形式: DVD
 1996年、米国映画「クルーシブル」です。
 
 原作は、アーサー・ミラー「るつぼ」。
 セイラムの魔女狩りを描いた作品です。
 映画では、少女たちが恋まじないをしていたことに端を発し、
「誰が悪魔に憑りつかれた」「誰が悪魔と取引をした」といった根拠のない理由で、
村人が次々と牢屋に収監され、最終的には19名が絞首刑となる。

 この映画では、ダンフォート判事の次の論理が貫かれる。
「通常の事件では証人が呼ばれ 有罪か
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
17世紀末に米国で実際に起こった魔女狩り裁判を元に描かれているが、原作者&脚色のアーサー・ミラーの意図は、これも実際に起こったハリウッドで50年代の反共産主義ヒステリーと同様の状態の再現だった。共に歴史のほんの一部分ではありながら、なんとおろかな事件だったろう。
人間は良心・信念・尊厳を捨ててまで生きる価値はあるのか。「無辜の誰かを陥れることを拒む」だけの勇気を誰もが持っているだろうか。集団から離れて存在する勇気を持てるだろうか。赤狩りを魔女狩りに置き換えられた作品には、政治色がない分だけストレートに観る者の心に訴えてくる。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
1692年、マサチューセッツ州のセイラム村で、若い娘たちが森に集まって思いを寄せる男性との恋が叶うおまじないの宴を開いていた。その様子を偶然通りかかった牧師が見つけたから、娘たちの言動が批判される。さらに見つかったショックで2人の少女が意識を失ったことから、村は大騒ぎになる。言動を問われた少女たちは自分達の言動を魔女のせいに仕立て上げ、リーダー的存在の娘、アビゲイル・ウィリアムズを筆頭に、村の人々を次々に悪魔の手先だと告発し始める。・・・
17世紀末のアメリカで実際に起こった事件を元にした映画です。ジョン・プロクターやアビゲイル・ウィリアムズなど、実在した人々を登場させながらも、アビゲイルがなぜ魔女騒ぎを仕掛けたか、という説得力のあるフィクションを織り交'??ながら、集団ヒステリーの恐ろしさがひしひしと伝わってくる作品に仕上がりました。観ていて宗教の価値観にとらわれた牧師や裁判官、村人を次々と告発していき、死刑にされる村人を平然と眺める娘たちに怒りが湧き上がってきますが、こういうことが実際にあったのだと思うと、改めて人間の思い込みや歪んだ価値観の恐ろしさに、背筋が凍る思いがしました。アビゲイル役のウィノナ・ライダーの恋するが故に狂気へ走っていく様子や、最後の農夫ジョン・プロクターの絶叫など、それぞれの俳優たちの熱演も素晴らしいです。観ていて辛くなる場面が多々ありますが、ぜひ観てほしい作品です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
セーレム村の魔女裁判を題材にした作品です。魔女裁判のことは有名ですが、作品を見た後で「ああ、実際は本当にこういうことだったのかもしれないな」と納得させられるほど、現実味のある物語に仕上がっています。

元はといえば、少女たちの他愛無い恋占いがそもそもの発端だったこと。牧師に糾弾されて、思わず自分たちの行動を魔女や悪魔のせいにしてしまったこと。思わぬことから自分たちの持つパワー、権力に酔いしれていく少女たち。果たして自分の所属する共同体がこんな状態になってしまった時、自分ならどうするか。映画を見ているうちにやるせない気持ちになり、次々に村人達を血祭りに上げていく少女たちに腸が煮えくり返るような感情を覚えますが、同時に現実の世界でも起こりうると思うと、じっくり考えさせられる、そんな物語です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー