¥ 566
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
クルマ馬鹿 スーパースター烈伝(2) (ビッグ コ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クルマ馬鹿 スーパースター烈伝(2) (ビッグ コミックス〔ビッグ〕) (ビッグコミックス) コミック – 2012/6/29

5つ星のうち 2.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 166

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クルマ馬鹿 スーパースター烈伝(2) (ビッグ コミックス〔ビッグ〕) (ビッグコミックス)
  • +
  • クルマ馬鹿スーパースター烈伝 1 (ビッグコミックス)
  • +
  • ココロ自動車 (ビッグコミックス)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

それでも僕らはクルマを愛する

日本には、自動車に命を懸けた人間がいっぱいいる!
第2集の本書では、
メルセデス・ベンツに認められたカーオーディオ製作者。
愛国心あふれる建機博物館館長。
様々ないじめを受けながら電気自動車を開発した評論家。
アメリカ・パイクスピークヒルクライムレースの顔となった日本人レーサー。
会社のゴミと言われた日産GT-R開発主管。
夢だった自動車メーカーを本当に作ってしまった経営者。
………この6人が登場する。
嫌がらせを受けたり、硬直した役所に門前払いをされたり、
デフレ不況で業務が無くなったり……
それでもクルマを愛するゆえ、どん底から這い上がってきた
仕事人間たちのタフな人生を、同じくクルマ馬鹿漫画家の田中むねよしが
ドキュメンタリータッチで描ききる! 新しい視点の名物人間評伝第2弾!!


登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091841996
  • ISBN-13: 978-4091841995
  • 発売日: 2012/6/29
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
GT-R開発主幹の水野氏と、昔の英国車の意匠をむやみに車のオーバーハングにぶら下げる車で商売をする光岡の会長もクルマ馬鹿だ、素晴らしい!というような内容の本です。登場人物に反対する者には単に悪役的な役割のみしかあたえず、登場人物をひたすら礼賛する内容ですので、登場人物の身内の方にとっては最高の一冊といえるでしょう。人選やエピソードの取捨等、多いに疑問の残る内容なのですが、自分の取材に応じてくれた人をひたすらに褒めあげることで、筆者が業界内で何らかのメリットを享受するという意味では成功した作品なのでしょう。若者の車離れに一石を投じたいとのことでビックコミックスでこうした連載が企画されたようですが、車の魅力を語ることができずに取材協力者のヨイショに終始する内容に、連載終了も当然というレベルの出来栄えです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ボルトアンドナッツ等他の作品に比べて、取材(実経験の)不足があります。思い入れ(企画)先行型で突っ込んで自爆したような残念な作品です。作者の他の作品はおススメです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
テレビ番組で言うとNHKのプロジェクトX・テレビ東京のルビコンの決断の
クルマ関係コミック版っといった作品でしょうか。
実在の人物の立身出世物語・・・氏のこれまでの作品には無かったパターン。
つまらないと言うほどではないがおもしろい!っとは言えないなんとも中途
半端・消化不良な作品。まっ実在の他人様を描写するんだから致し方なしです。
氏には、やっぱり身銭を切って自らクルマオタクの沼にハマッテ逝くサマをチマチマと
描写していただきたい。自動車ジャーナリストにFRの伝道師と名乗るオヤジが
いるが、氏には、やっぱりボル&ナツで意思表明したライトウエイトオープン(エラン・
ビート・ユーノスロドスタ)の伝道師として作画に励んでいただきたい。
絶版になったダイハツコペン、来年以降登場するであろうコペン後継車・新型
ビート・サイズダウンのNDロドスタ。ネタはどんどん出てくるようです。
どっぷりハマッタの待ってます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック