クリーピー 偽りの隣人[DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クリーピー 偽りの隣人[DVD]

5つ星のうち 2.6 36件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,564
価格: ¥ 2,445 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,119 (31%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,445より 中古品の出品:8¥ 1,250より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • クリーピー 偽りの隣人[DVD]
  • +
  • アイアムアヒーロー 通常版 [DVD]
総額: ¥5,517
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 西島秀俊, 竹内結子, 川口春奈, 東出昌大, 香川照之
  • 監督: 黒沢清
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2016/11/02
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 36件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01KFLVYT4
  • JAN: 4988105072077
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,015位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。
未解決の一家失踪事件×奇妙な隣人家族
犯罪心理学者が迷い込んだ2つの≪謎≫に隠された真実とは-?

■西島秀俊×竹内結子×香川照之 日本映画界を代表する豪華キャストの共演
主演は、4度目の黒沢清監督作への出演となる西島秀俊。その妻役に竹内結子。奇妙な隣人を香川照之が怪演。更に黒沢組初参加となる、川口春奈、東出昌大、藤野涼子などの若手実力派俳優の活躍も光る。
<第66回ベルリン国際映画祭正式出品作品 ベルリナーレ・スペシャル部門>
<第40回香港国際映画祭クロージング上映作品>

■黒沢清監督最新作! 日常へ深い闇が忍び寄る、衝撃のサスペンス・スリラー
本作で監督を務めるのは、『CURE』(97)『回路』(00)など数々の恐怖映画を手掛け、2015年度第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞した名匠・黒沢清。ある夫婦が“奇妙な隣人"への疑惑と不安から深い闇へと引きずり込まれていく圧倒的な恐怖を描く!

■じつは"実話"な痛快歴史エンターテインメント超大作! 今から250年前、本当にあった庶民の話。空気に流され、長いものに巻かれるのが日本人だとすれば、自分の欲を捨て、他人のために何かを成したいと思うのも日本人。そんな日本人の強く、美しい<無私の精神>に迫る。

■『第15回日本ミステリー文学大賞新人賞』受賞作待望の映画化!
原作小説は、作家・綾辻行人が「展開の予想できない実に気味の悪い(クリーピーな)物語」と絶賛した前川裕著の「クリーピー」(光文社文庫刊)。小説で描かれた恐怖の質感が遂に映像化! -あなたは、隣に住む人が“何者"か知っているか?

【映像特典】
特報・予告編

【仕様】
バリアフリー再生機能付:日本語字幕(本編ディスクのみ)

【ストーリー】
犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、刑事・野上(東出昌大)から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀(川口春奈)の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。

一方、高倉が愛する妻・康子(竹内結子)と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。病弱な妻(最所美咲)と中学生の娘・澪(藤野涼子)をもつ主人・西野(香川照之)との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。

「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」

未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。
2つの繋がりに高倉が気付いた時、康子の身に【深い闇】が迫っていた・・・。。

【キャスト】
西島秀俊 竹内結子 川口春奈 東出昌大 香川照之
中本賢 西村雅彦 山本舞香 岩田華怜/
藤野涼子 戸田昌宏 馬場徹 最所美咲 池田道枝 佐藤直子 笹野高史

【スタッフ】
監督:黒沢清
原作:前川裕「クリーピー」(光文社文庫刊)
脚本:黒沢清 池田千尋
音楽:羽深由理
撮影:芦澤明子(JSC)
美術:安宅紀史
照明:永田英則
録音:島津未来介
編集:高橋幸一

※商品仕様、特典等については変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

黒沢清監督が手掛けた、西島秀俊、竹内結子、香川照之主演によるサスペンススリラー。犯罪心理学者の高倉は未解決の一家失踪事件を調査していた。ある日、高倉は最近妻と引っ越した家の隣に住む、奇妙な家族と事件の繋がりに気付いてしまい…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
評価が低いので観るのを躊躇してたけどいざ見始めたら「あれ?意外と面白いけど?」となって良い感じ!と思っていたらん、何この展開?どう受けとればいいの?といった感じに…もう中盤から終盤までは「急にどうした?」とツッコミたくなることのオンパレード。なぜこうなってしまったのだろう?この映画決して観る価値のない駄作ではない。人の心を掌握する、される怖さは上手く消して描けてるし、ゆっくり進行していけば傑作になり得た。ご都合主義で進めていく後半にやはり無理がある。そこが台無しにしている。あと一時間あればもう少しなんとかなったかな?いや、難しいか。役者さんたちは素晴らしい演技でしたので☆2つ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
香川照之さんって、実はこういう性格?!と、思わせるくらい、役柄がはまってました。

じわじわと、家族が侵食されていく様は、現実味があります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
DVD1枚だけ送ってきた。
ケースもなにもない。
これで新品同様って信じられへんわ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
一切の予備知識無しで鑑賞しました。

とにかく、香川照之のインパクトが抜群ですね。
「言葉は通じるのに話が通じない」とでも例えましょうか?
そんな不気味さ・不条理さを持ったサイコパスを見事に演じています。

配役も概ね良かったと思いますが中盤以降、設定の粗が目立ちます。
特に警察がお間抜けすぎ!
ぶっちゃけ奴らがもう少し有能で協力的だったら真相も早く解明したし、あそこまでの被害も出なかったはず。
西島演じる主人公の元刑事もラストにあんな自分の手を汚す羽目にならなくて済んだかもしれないのに…

その辺がマイナスです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 原作である前川裕の同名小説のタイトルは、1969年のシャロン・テート惨殺事件を起こしたマンソン・ファミリーが、獲物を探す時の言葉“であるcreepy crawl(気味の悪い徘徊)”から。
 一連のオウム真理教事件以来、「洗脳」「カリスマ性」という言葉を鮮やかに蘇らせた北九州監禁殺人事件(2002年)がヒントのようで、奇しくも単行本が発売された2012年の秋に尼崎連続変死事件が発覚している。
 前者の松永太と緒方純子、後者の故角田美代子、憶測に過ぎないが元オセロの中島知子と仲良しの占い師さんなんかも、周囲に影響力をかなり発揮してしまう人であったのだろうと思う。
 そのような背景を知れば、小説『クリーピー』における西野昭雄→矢島善雄の人物像が浮かび上がってくるのだが、小説版はあまりにも盛り込み過ぎ、創り過ぎ、辻褄合わせ的説明過多の印象があり、推理小説はパズルの遊戯性を重んじるジャンルなのだと再確認できる。
 松本清張の長篇より短篇を映像化したものの方に傑作、佳作が目立つのは(特に1950年代~1960年代)、素材のシンプルなプロットをあまり変えることなく、「絵」による想像力を観賞者に喚起させ、各々の思い入れが結晶するものにし易いからではないか。

 商業映画は時間的制限のある表現だから、長篇推理を原作とする場合は特に厳しい取
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
途中までは香川照之の怪演に引き込まれ、どういう展開になるんだ?と思わされましたが、途中からは、C級お笑いサスペンスになりはてます(笑)
突っ込みどころが多すぎてねえ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちどり 投稿日 2017/5/7
形式: DVD
星なんかいらないと思うくらいひどいわ。
なんで原作をここまで壊して駄作を作るのか
原作者から苦情が来ないのか
映画監督という職業の人、自分が作ったこの作品を見て満足なの?
原作は本当に面白いのに
世の中に映画なんかいりませんね。こんな辻褄合わないめちゃくちゃの作品で
お金貰えて職も失わずにいいもんですね
後半は収集がつかなくなって適当にやっちゃったみたいな、
妻も隣人が不気味ならわざわざ料理作って持っていかんでもね
原作をぶっこわして何がしたいのか
模倣犯以外の駄作映画
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Corybant VINE メンバー 投稿日 2017/5/16
形式: DVD
WOWOWで観たから文句も言えないと判ってはいますが、これはちょっと駄目ですね。前半で主人公が大学の大教室の教壇の前にコーヒーをかなぐり捨てる場面で既に呆れました。大学講師の分際でそんなことできるか?って。中学の娘さんよ、学校を通して警察に助けを求めろって、そしたら簡単に事件解決じゃん。薬中毒になっている妻にどうして気が付かないのかなぁ良き旦那さんの主人公は。隣人に気が付かれずにどうして乗っ取った家の中にあんな拷問部屋がいきなりどうして出来ているんだよ!と言いたいこと盛りだくさんでした。原作を読んでいないのでぶっ壊し加減が判断できませんが、そんなことどうでもいいくらいのクリーピーな「偽りの作品」でしょうね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー