クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]

5つ星のうち 3.0 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,644
価格: ¥ 3,481 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,163 (25%)
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,481より 中古品の出品:2¥ 3,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • クリーピー 偽りの隣人[Blu-ray]
  • +
  • アイアムアヒーロー 通常版 [Blu-ray]
  • +
  • ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]
総額: ¥11,753
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 西島秀俊, 竹内結子, 川口春奈, 東出昌大, 香川照之
  • 監督: 黒沢清
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2016/11/02
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01KFL6JA8
  • EAN: 4988105104693
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 6,134位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。
未解決の一家失踪事件×奇妙な隣人家族
犯罪心理学者が迷い込んだ2つの≪謎≫に隠された真実とは-?

■西島秀俊×竹内結子×香川照之 日本映画界を代表する豪華キャストの共演
主演は、4度目の黒沢清監督作への出演となる西島秀俊。その妻役に竹内結子。奇妙な隣人を香川照之が怪演。更に黒沢組初参加となる、川口春奈、東出昌大、藤野涼子などの若手実力派俳優の活躍も光る。
<第66回ベルリン国際映画祭正式出品作品 ベルリナーレ・スペシャル部門>
<第40回香港国際映画祭クロージング上映作品>

■黒沢清監督最新作! 日常へ深い闇が忍び寄る、衝撃のサスペンス・スリラー
本作で監督を務めるのは、『CURE』(97)『回路』(00)など数々の恐怖映画を手掛け、2015年度第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞した名匠・黒沢清。ある夫婦が“奇妙な隣人"への疑惑と不安から深い闇へと引きずり込まれていく圧倒的な恐怖を描く!

■じつは"実話"な痛快歴史エンターテインメント超大作! 今から250年前、本当にあった庶民の話。空気に流され、長いものに巻かれるのが日本人だとすれば、自分の欲を捨て、他人のために何かを成したいと思うのも日本人。そんな日本人の強く、美しい<無私の精神>に迫る。

■『第15回日本ミステリー文学大賞新人賞』受賞作待望の映画化!
原作小説は、作家・綾辻行人が「展開の予想できない実に気味の悪い(クリーピーな)物語」と絶賛した前川裕著の「クリーピー」(光文社文庫刊)。小説で描かれた恐怖の質感が遂に映像化! -あなたは、隣に住む人が“何者"か知っているか?

【映像特典】
特報・予告編

【仕様】
バリアフリー再生機能付:日本語字幕(本編ディスクのみ)

【ストーリー】
犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、刑事・野上(東出昌大)から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀(川口春奈)の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。

一方、高倉が愛する妻・康子(竹内結子)と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。病弱な妻(最所美咲)と中学生の娘・澪(藤野涼子)をもつ主人・西野(香川照之)との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。

「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」

未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。
2つの繋がりに高倉が気付いた時、康子の身に【深い闇】が迫っていた・・・。。

【キャスト】
西島秀俊 竹内結子 川口春奈 東出昌大 香川照之
中本賢 西村雅彦 山本舞香 岩田華怜/
藤野涼子 戸田昌宏 馬場徹 最所美咲 池田道枝 佐藤直子 笹野高史

【スタッフ】
監督:黒沢清
原作:前川裕「クリーピー」(光文社文庫刊)
脚本:黒沢清 池田千尋
音楽:羽深由理
撮影:芦澤明子(JSC)
美術:安宅紀史
照明:永田英則
録音:島津未来介
編集:高橋幸一

※商品仕様、特典等については変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

黒沢清監督が手掛けた、西島秀俊、竹内結子、香川照之主演によるサスペンススリラー。犯罪心理学者の高倉は未解決の一家失踪事件を調査していた。ある日、高倉は最近妻と引っ越した家の隣に住む、奇妙な家族と事件の繋がりに気付いてしまい…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
黒沢監督の変な撮り方とか変なカットは相変わらずで、それが映画全体の不穏さを引き立てていると思う。
最初は少し変わった人、くらいの印象だった隣人が、次第に規範それ自体が異なった怪物であることに気付いてしまう過程はゾクゾクするし、ある人物の一言から、その狂気が一気に加速するのも良かった。
ルールが違う人って現実にも確かに存在するし、「隣人」のいない人はいない。しかもこれは実際に起きた事件を元にしているから、どうしても自分に置き換えて観てしまうため、そりゃあ怖かった。
意図的に盛り込んである笑い所も、その根幹には狂いがあるため、思わず笑ってしまった後にじわりと怖さが残るようになっていて、上手いなと。
ただ少しあざとさを感じる瞬間もあったのでマイナス1。
しかし「ちはやふる 上の句」、「ヒメアノール」、「アイアムアヒーロー」等々、最近邦画が面白い。これが一過性の豊作で終わらないことを祈ると共に、このムーヴメントがTVドラマにも波及してくれることを切に願う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
夫婦で引っ越してきた元刑事の主人公が
近所に住む妙な雰囲気の男と遭遇する話。

香川照之が演じる男の気持ち悪さは絶妙で、
礼儀正しく愛想もいいのに普通でない雰囲気があふれている。
未解決の一家失踪事件の内容が
言葉での説明に限られるため状況がわかりにくいが、
その事件と主人公の隣人とが徐々につながっていく前半は面白い。

問題は後半で、サイコパスに対して
なぜ無抵抗に従ってしまうのかの説得力が弱く、納得できない。
単に昏睡状態や中毒状態にするならわかるが、
普通の生活能力を残しつつも命令には従うという
都合のいい支配状態をどうやって作っているのかがまったくわからない。
また、なんらかの方法でそれが実現できているとすると
今度は逆にラストの展開の説明がつかなくなる。

社会に入り込むサイコパスを描くまではよかったが、
周囲の人間の支配の仕方や、
サイコパスへの対抗法にもっと説得力が欲しかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
黒沢映画の原点回帰でありながら、気味の悪さは一線を越えている気もしました(誉め言葉です)。
香川照之の怪演は誰もが注目するところでしょうが、それだけにとらわれていると、この映画の贅沢さを十分に味わえないのでは。
また、作劇に重みを置くタイプの映画愛好者は、この映画にあまり入りこめないかも。
私としては、竹内結子という女優にこんなに魅力があったのかと発見しただけでも大きな収穫でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
原作を読んでいないのだが、どうやら原作は実際にあった北九州一家殺人事件をベースにかかれた小説のようだ。

この映画を見た人の多くは「こんなことが実際にあるはずがない」と思うだろうが、北九州事件の本を読んでもらえば、この映画をはるかに超える人心に取り入り家族を奴隷のように意のままに操る恐ろしい犯行が実際に起きたことに驚愕するだろう。

しかも、似たような事件は他にもある。尼崎一家連続殺人事件もそうだし、看護婦四人組による福岡保険金連続殺人もそうだ。いずれも犯人は連続殺人を犯しているにも関わらず罪の意識にさいなまれること一切なく、口が達者で人の弱みにどんどんつけ込んではマインドコントロールの力を強めていく。

さらに一番恐ろしいのは警察の無力さかもしれない。北九州事件も巻き込まれた殺された被害者に元警察官がいる。上記に挙げたすべての事件で被害者やその家族、近所の人々が何度も警察に異常を訴えているのに警察は民事不介入を決め込み、最後に大量の死体が発見されるまでは事実上犯人のしたい放題にさせていたわけで、「日本の警察は世界一」などというのはデタラメであることは、これら以外にも桶川ストーカー事件や北関東連続幼女殺人事件の本を読んでもらえればわかるだろう。

さて映画のレビューだが、香川照之はおそらくいまの日本の俳
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
一昨日届き、本日観ました。
不思議な内容でしたが、まぁまぁ面白かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック