中古品:
¥ 3,498
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【国内正規品】レンタル落ちではありません。新品ケースに交換済です。  「状態について」 再生に問題ありません。 (外箱傷み防止の為、クリーニングした後に、防水包装をして、その上から管理ラベルを貼っています) 「発送について」 AMAZON配送センター管理の為  品切れがなく、すぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 「支払いについて」 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも 対応しています。 「お問合せ」 万が一、違う商品が届いたり、 不具合等ございましたら、 評価される前に、 ご連絡ください。 迅速に返品、返金などの対応をさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クリムト デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 3.0 12件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 2,329より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョン・マルコヴィッチ, ヴェロニカ・フェレ, サフラン・バロウズ, ニコライ・キンスキー, スティーヴン・ディレイン
  • 監督: ラウル・ルイス
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2007/04/25
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000NIVIP0
  • JAN: 4988102352134
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 87,633位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

劇場大ヒット! 19世紀末のウィーン。エロスを究極の美に昇華させた天才画家がいた。 「エロス」と「タナトス―死―」をテーマに描く究極の愛。 クリムトと旅する、絢爛豪華なウィーン世紀末―。

●日本でも女性を中心に人気絶大!クリムトの世界を耽美的に描いた話題作! 恋人ミディとはプラトニックな関係だった一方で、モデルに触れないと描くことができなかった天才画家の世界を、彼が生きた世紀末ウィーンに漂うデカダン美や神秘性とともに描いた話題作。豪華絢爛な衣装も必見!Bunkamuraル・シネマやシネスイッチ銀座での公開、「芸術新潮」をはじめとする各誌での特集など流行に敏感な女性を中心に評判となり、話題性も抜群!
●マスコミ騒然!女性モデルがオールヌード&無修正で多数登場!
●名優ジョン・マルコヴィッチがクリムト役で渾身の名演技! 『マルコヴィッチの穴』などで常にスクリーンを圧倒するJ・マルコヴィッチがクリムトに扮し、現実と幻想の狭間で揺れる画家の精神世界を見事に体現!

〈スタッフ〉監督・脚本:ラウル・ルイス(『見出されたとき-「失われた時を求めて」より』)/製作代表:ディエター・ポポラトコ/製作:アルノ・オートマイアー、マシュー・ジャスティス、アンドレアス・シュミット
〈キャスト〉ジョン・マルコヴィッチ(「エラゴン 遺志を継ぐ者」「リバティーン」「キリング・フィールド」)/ヴェロニカ・フェレ/サフラン・バロウズ/ニコライ・キンスキー/スティーヴン・ディレイン

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

19世紀末から20世紀初頭に掛けて活躍した天才画家、グスタフ・クリムトの半生を描くドラマ。運命の女性を求め続け、虚構と現実の狭間で揺れ動くクリムトを性格派俳優、ジョン・マルコヴィッチが熱演。R-15作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
瀕死のクリムトが水に浸された床の中でうめいている中
見舞いに来た若き友、エゴン・シーレがクリムトの記憶を追うかのように物語は進む。
だからこの映画では少し耳をすますと水の音が常に聞こえているような気がするほどだ。

そしてクリムトの絵
それもまた水の流れのような絶え間ない時の一瞬を止めたかのような構図を持つ。

アトリエに出入りする裸の美女たち。
そのほとんどがクリムトの子を産んだという。
柔らかな乳房、下腹部の曲線、ゆるやかに動くその線を、一時だけ留めおくかの様にクリムトの筆は動く。

ただウィーンの美術界で彼は常に異端児であり、
ことあるごとにスキャンダルのネタにされ
しかしその一方彼は独自のスタイルを確実に築き上げて評価を不動のものにしていく。

でも
彼をとりまく謎の人々
在フランス大使館の書記官
元ウェイターの『教授』
その息子の天才音楽家
口ひげを生やした娼婦たち
そしてウィーン社交界の花形の美女たち

「虚」と「実」がからみ合う中で
彼の絵だけが「そこに確実にあったもの」だと
そんな不思議な確信が持てるような映画だった
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
クリムトの夢を約一時間半見せられた、という感じでしょうか。そして何処までが現実で、何処までが妄想なのか、良く分からない不思議な映画でした。

クリムトが女たちを愛したとはとても思えません。そこがこの映画の主旨ではないものの、金箔の如く彼を彩りながらも金箔の如く薄っぺらな愛情しか貰えない。そんな女たちが不憫でした。
またクリムトの世界観を表現したつもりなら物足りなさは否めません。当時のクリムト(=当時の美術界の現状や権力者への不満、及び日常)とファム・ファタルへの渇望がメインであれば、随所で女性がヌードを披露する必要はない気がします。

構想は面白いけど後味はスッキリせず、また個人的には俳優マルコヴィッチから画家特有の非凡さが全く匂わず、違和感さえ覚えたのが残念でした。因みにファム・ファタル役は「トロイ」でヘクトル妃を演じた方で、あちらよりずっと綺麗でした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
華麗で耽美的な作風で、前世紀末ウィーンを象徴する画家クリムト。
映画は、彼の生涯を描いた物ではなく、むしろ、死に瀕し、回想とも妄想ともつかなくなったクリムトの混濁した意識を通して、彼の美学・精神世界が描かれて行きます。
いわゆる「伝記」形式の作品ではないので、予備知識がないと、難解なだけの作品となってしまう危険もありますが、クリムトがデザインした衣装なども再現されて居り、彼を始めとする「分離派」など、この時代の芸術がお好きな方には興味深い作品でしょう。(少しですが、エゴン・シーレや、建築家アドルフ・ロースも登場します。)
実際に町に残るカフェ等を使用して撮影されて居り、前世紀末ウィーンの雰囲気や色彩が堪能できます。

いつもながら、クリムトを演じるJ.マルコヴィッチの演技にも圧倒されました。
南米・チリ出身の監督、ラウル・ルイス監督作品。
尚、この監督は、長編小説としても有名なプルースト作「失われた時を求めて」の最終章の映画化「見出された時」(99年)でもマルコヴィッチを主役に起用しています。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
オーストリアの画家、クリムトの物語。

臨終を目前に病院のベッドの上で意識の混濁するクリムトの過去が、
脳裏を駆け巡る走馬灯のように断片的、幻想的に回想され、
耽美なクリムトの世界を巧く表しているように思います。
また、19世紀末〜20世紀初頭のウィーン上流階級の生活もよくわかります。

ただ、断片的、幻想的なため、理解できない部分も多く、
クリムトや当時のウィーン・西欧美術にについてのある程度の知識があれば別でしょうが、
そうでなければ、ぼんやりと鑑賞するにとどまるのではないでしょうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
不気味な映画です。
世紀末のウィーンとパリ。
戦争の影。
政治家と金持ちと芸術家の享楽と退廃的な風潮。
ジョン・マルコビッチ演じるクリムトが、現実と非現実の狭間を彷徨います。
しょっちゅう現れる謎の秘書官が不気味でした。
クリムトを愛し続けるミディ役のヴェレニカ・フェレとクリムトが愛してしまうカストロ夫人レアを演じるサフラン・バロウズが綺麗でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す