Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 680

¥ 54の割引 (7%)

ポイント : 38pt (5%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[貴志 祐介]のクリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
Kindle App Ad

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.1 229件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 680
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 279
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

藤木芳彦は、この世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を、深紅色に濡れ光る奇岩の連なりが覆っている。ここはどこなんだ? 傍らに置かれた携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された……」それは、血で血を洗う凄惨なゼロサム・ゲームの始まりだった。『黒い家』で圧倒的な評価を得た著者が、綿密な取材と斬新な着想で、日本ホラー界の新たな地平を切り拓く、傑作長編。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 591 KB
  • 紙の本の長さ: 252 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2002/11/8)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BMM5OV0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 229件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,726位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「バトルロワイアル」、ホラー映画「CUBE」、「ソウ」
上記3作品を足したような小説。
これらが好きな方はきっと楽しめると思います。

面白い小説は多いけれど、これほど
先が気になって気になってしょうがない!
早くこの話の謎(結末)が知りたい!
という気持ちになったのは久し振りでした。
コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
サバイバルゲームものは漫画などで他にもありますが、
私はこれ以上に面白かったものがありません。
それくらい夢中になって読みました。

途中で出てくる選択肢やアイテム選択? の場面などは最高です。
ゲーム感覚の小説なので、若い人達には楽しめると思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 「ゲームは開始された」見知らぬ土地(火星?)で始まった生き残りをかけたサバイバルゲーム。良くありがちな設定かと思いきや、その圧倒的な描写力でぐいぐいストーリーに引き込まれ、「次はいったいどんな展開が・・・」と手に汗を握りながら、ページをめくり続けた。 最後の結末は賛否両論あると思うが、私自身は十分満足できた。それにしてもグールの描き方や、恐怖の煽り方は天下一品。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
夜中にちょっとだけ読むつもりが読み出すとどうにも止まらず、気が付いたら朝になっていました。
これほどハラハラドキドキさせられる作品は滅多にお目にかかれません。
似たような系統としてバトルロワイアルを思い浮かべましたが、描写がうまいということもあり、恐怖や緊張感といった点ではむしろこちらのほうが勝っているのではないでしょうか。
少々グロイ描写もありますが、そういうのが大丈夫な人には楽しめる作品だと思います。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
集められた人々が特殊なルールに従わされて殺しあう、という物語がたくさんあるけど、安っぽくて感情移入できずあんまり好きじゃないジャンルでした。
あんまり本とか読まない人が好んで読むイメージがありました。

けれど貴志祐介の作品ということで、ジャンルは分かってたけど期待して読んでみたら、大当たりです。

プロットがしっかりしてて安っぽさは全くなく、最低限人物描写も押さえててるから、思いっきり主人公に感情移入しちゃって、ドキドキしっ放しで1日取り憑かれたように一気読みしちゃいました。

たっぷりの時間と、静かな部屋を用意して、バングルバングルの旅を一気に楽しむことをおすすめします。

忘れられない旅になるでしょう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
CUBE以来、こういった密室サスペンス(?)が大好きだったのですが、そんな私にはしっくり来る本でした。
何一つ明らかにされない物語に納得の行かない方もたくさんいると思いますが、過程が楽しければそれでいい私みたいなタイプには何も問題ありません。
注意点を上げるとすれば、同期に勧めて平日夜に読み始めたらしく最後まで止まらず遅刻したという話を聞いているので、読み始めるタイミングには気をつけてください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「火星」と姿の分からない主催者が呼ぶ場所に集められた数名の男女が出口を目指して競い合う

人間が人食い鬼に変わっていく様がリアルでした

なぜこんな大掛かりな仕掛けがされていたのかという理由も明らかになり

実際に起こってもおかしくない、と思えるのは作者の技量によるところでしょう

続きが気になって一気に読んでしまいました
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
舞台設定や物語の展開はワクワクするもので、特に後半の追いかけっこは、先が気になって寝るのも忘れて読みふけりました。ただ、終幕に向かうまでの高揚がすごかった分、結末は意外にあっさりとしてて、少し物足りなさが。曖昧な部分を残したのでしょうが、「スッキリ」が好みの自分としては、少し残念に感じました。
ただ、面白い作品であることは間違いありません!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作者の本はやや難解な用語や専門的知識が出てきて読みにくさを感じることが少なくないのですが、「クリムゾンの迷宮」はそんなこともなく、最初から最後まで一気に読めてしまいます。
ストーリーの構成が上手いので、中弛みするようなところはありません。
純粋なホラー作品ではないかもしれませんが、お勧めです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover