通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どお... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 樋下田書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に少しキズが見られますが、特に大きな損傷や汚れなどなく概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか? 単行本(ソフトカバー) – 2003/10/31

5つ星のうち 4.2 72件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 220

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
  • +
  • チェンジ・ザ・ルール!
  • +
  • ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ベストセラー『ザ・ゴール』に続くゴールドラット博士によるシリーズ待望の4作目。テーマはTOCによるプロジェクトマネジメントである。

   本書でも一連の作品と同様に、既存の手法が通じない経営問題に直面する主人公がTOCに出あい劇的な成果をあげるという、「コストワールド」から「スループットワールド」への転換を興味深く描き出している。その「世界」を体験させてくれる大きな役割を果たすのが、定番の小説スタイルといえよう。

   ストーリーは、大学のエグゼクティブMBAのクラスを舞台に繰り広げられる。主人公の教授と、各業界から現行のプロジェクトの納期短縮といった使命を帯びて集まったプロジェクト・リーダーらが、議論を戦わせながら現実的なソリューションを求めていく。

   プロジェクトの問題点はここで総ざらいされる。納期直前まで作業を始めない「学生症候群」、結局は無駄になる「セーフティー(時間的余裕)」、あるいはクリティカルパス以外の作業の開始時期、プロジェクトの評価基準などだ。TOCはそれらを見事に解決するが、同時に、クリティカルパスの変化やマルチタスク(掛け持ち作業)による人的リソース不足といった実行段階の問題を解く新たな視点も要請する。それが「クリティカルチェーン」である。

   謎解きのような展開にはやや焦らされるが、具体的な事例をもとにプロジェクトマネジメントの基本を順に追うことができるのはよいトレーニングになる。エッセンスがつまった部分としては、取引先との納期の交渉シーンなどが見ものである。読者を限定しない1冊で、これでTOCはさらに浸透するだろう。(棚上 勉)

メディア掲載レビューほか

クリティカルチェーン
TOC(制約条件の理論)を平易に解説した『ザ・ゴール』のエリヤフ・ゴールドラット氏によるビジネス小説の邦訳第4弾。著者はプロジェクトマネジメントを題材に選び、TOCの適用を試みる。

 小説の舞台は、ある大学の社会人向けMBAコース。所属会社から「製品開発プロジェクトの期間を短縮する方策を探れ」との指令を受けた3人が、プロジェクトマネジメントの講義を通して、課題解決のヒントを見つけるまでを描く。前3作と同じく、純粋な小説としては描写が平板だが、登場する失敗プロジェクトのエピソードが巧妙なので、ついページをめくってしまう。

主人公である教官と学生のやり取りを通じて、著者は「ボトルネックとなるリソースの都合を優先して全体スケジュールを立案すべき」と提唱する。結論を急ぎすぎるきらいもあるが、それなりに納得できる。システム開発プロジェクトに携わるエンジニアは、一読して仕事の進め方を見直すとよいだろう。


(日経コンピュータ 2003/12/15 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 384ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2003/10/31)
  • ISBN-10: 4478420459
  • ISBN-13: 978-4478420454
  • 発売日: 2003/10/31
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,798位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
一体、企業の経営者や重役の方でこの本を読んだことのある者がどれだけいるのだろうか
少なくともそういう立場の人間には必須の知識が詰め込まれている

もちろん、成長や飛躍を望む個人にもとてつもなく有用であり
努力しているのに思うように成果があがらないなど悩んでいるなら
是非読んでみてほしい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「なぜ、プロジェクトは遅れるのか?」を
分析し、どうすれば予定通りにできるのか?
を段階を追って理解できるところが非常によかったです。
とても応用の利く内容だと思います。
プロジェクトマネジメントを行っている方は必見の内容です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
プロジェクトマネジメントを改革する革新的なアイデアが、大学の講義の場を通して生まれていく過程の描写に臨場感を感じました。ゴールドラット博士の著作に共通する特徴だと思いますが、登場人物が壁にぶつかり、悩み、そしてそれに立ち向かっていく過程に素直に感動を覚えました。
本作のタイトルは「クリティカル・チェーン」ですが、本作ではそれ以外にも”大学教育が社会に直接役立っていない”という問題提起があり、ビジネスマンのみならず教育関係者にもぜひ読んで欲しい一作だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書はプロジェクトに関わる者が持つ悩みに、実用的な解を与えるクリティカルチェーンプロジェクトマネジメント(CCPM)の啓蒙書である。CCPMは、PMにTOC理論を適用した手法であるが、この本が出た2003年10月頃はまだまだ知られていなかったが、最近では本書の日本語訳の解説を書かれている津曲氏のコンサル会社(エリヤフ・ゴールドラット・インスティチュート認定)の指導により幾つかの会社で導入実績がある。

物語はエグゼクティブ向のMBAコースでプロジェクトマネジメントの教鞭を採るリックが、TOCの理論を実際のプロジェクトに適用することで、CCPMを確立していく過程をドラマティックに描いている。このMBAコースにTOCを浸透させたキーマンは製造論担当のジョニー(ゴール2でアレックスがCEOになったユニコ社で一年間TOCを学ぶ)であるが、その陰には、ユニコ社で副社長を務めるドン(アレックスの懐刀)の目論み(社内でTOCを教えるのではなく、学生にTOCを教えてくれる大学を育成すること)があった。

本書では、大学が真に社会に役立つ教育を提供しているのか?という問いかけもあり、とてもアメリカらしい状況設定になっている。また、アメリカにはプロジェクトマネジメント学会もあり、実務的な手法の開発に対する科学的なアプローチがなされている。日本ではこのような実
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るかに トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/8/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者は、ザ・ゴールなどの著作でTOC(制約条件理論)を小説仕立てで説明しています。
TOCの適用範囲は幅広く、プロジェクトマネジメントにおいてもTOCが有効であるとのことが本書の主張です。
私は、著者の他の著作は読んだことは無いのですが、ソフトウェア開発のマネジメントに興味があり、今回本書を初めて読みました。
特に前著の知識も必要なく、すらすらと読めました。

本書では、「プロジェクト→鎖、タスク→鎖の輪」のメタファーで表現し、
コストワールド(鎖の重さの総量)とスループットワールド(鎖の強さ→最も弱い輪の耐久力)という2つの世界観が紹介されています。
部分的な改善の積み重ねが全体の改善につながるというコストワールドの世界観ではなく、
スループットワールドでの改善がプロジェクト管理には必要であるということが説明されています。
また、スループットワールドにおける改善を、セーフティ(バッファ)という観点から、読者に整理して提示します。

・学生症候群
・作業の掛け持ち
・ステップ間の依存関係

表題でもある「クリティカルチェーン」とは、従来型プロジェクトマネジメントにおけるクリティカルパスを
プロジェクトの特性や人間行動の特徴を
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
かなり期待して読みました。新しい「制約理論」と言われていますが、TPS(トヨタ生産方式)では昭和40年以前から「風呂桶の理論」というものがあるので新しさは感じませんでした。JITとTQMがよく引き合いに出さていますが、間違った解釈がされているようです。例えば、P192ではA,B,Cの掛け持ちの話が出てきますが、これもTPSでは「一個流し」の考えが元々あります。また、バッファの概念もTPSでは「安心・安全値」として存在しています。至る所にTPSをリファレンスした後があります。TOCも経営哲学と言われていますが、TPSも経営哲学であり、単なる方法論ではありません。ゴールドラット氏の本を読んだ方は、大野耐一さんの「トヨタ生産方式」を読まれることをお勧めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー