中古品
¥ 250
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。新品ではございませんので、多少の使用感や痛みはございます。 委託先業者の倉庫より2から6営業日で商品を発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クリック&モルタル 単行本 – 2000/11

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 単行本: 395ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2000/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881359339
  • ISBN-13: 978-4881359334
  • 発売日: 2000/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 882,897位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
これは別にEビジネスの話ではありません。ある企業のエクセレントカンパニーになるためのケーススタディーです。なので、タイトルで期待して読むと当てが外れるかもしれません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/5
形式: 単行本
ネット+店舗でのマーケティング戦略の本と思って購入したのですが、うれしい誤算でした。
マーケティングに関するビジネス書で優れたものにはこれまでも色々出会いました。それらは、ブランド戦略に関するものであったり、顧客ロイヤリティに関するものであったり、企業理念と従業員に焦点をあてたものであったりと、大抵は分野ごとに考察されたもので、理論を中心に据えながら実例を合間合間に沿えて理論を補完するという類のものでした。それらは今でも時々読み返しては仕事のヒントにしています。
実はこの本はそういった理論書ではありません。シュワブ社がどのような企業であろうとしてきたか、また今後もあろうとしているかをシュワブ社の経営者が記述したものにすぎません。しかし、それにもかかわらず、それらのマーケティング各分野の優れた理論のエッセンスの多くを現実に実践してきた生の姿が描かれており(!)、ある意味、それらの理論書の集大成のような内容になっています。シュワブ社が現実に大成功している企業であることもあり、その説得力には圧倒されます。
文章のセンスも抜群です(著者・訳者ともということでしょうか)。
私の勤めている会社にとっての競争相手には読んでもらいたくない本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
誰でも、おなじ仕事をするなら気持ちよく働きたいと思うものではないだろうか。
その気持ちよさは同時に、自分はちゃんとためになる仕事をしているというプライドと表裏一体だったりする。
だが、それは個人が勝手に心がけただけではうまくいかない。
また、逆に会社がそれを願ったとしても、社員がそう動いてくれるわけではない。
それを実現するためには、そのためにやっておくべきこと、やり続けなければならないことがある。
会社の側も、そこで働く個人の側も、そのためにやるべきことがある。
「行為」こそが「合意」である。
ここでは社員全員の「合意」がやる気を生み出し、「行為」としての仕事に向かう様子が描かれる。
そして、その「行為」がまた全社一丸となった「合意」を生み出すことも。
この本はそれについて一生懸命書かれている。
自らの会社を「気持ちよく、プライドをもって働ける」会社にしている経営者が、
その方法を、自分たちの経験を紹介しながら記している。
これは理想の会社に関する本ではない。
現実を理想に限りなく近くするための、ヒントについて書かれた本である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ポール 投稿日 2000/12/13
形式: 単行本
期待を裏切られました(笑)企業文化の話が全面に展開されています。でもそれは非常に嬉しい誤算。というか著者がどうしてクリック・アンド・モルタルというベタなタイトルをあえてつけたのか、私なりに考えてみました。結局のところ、オールドエコノミーもニューエコノミーも人のマネジメントでは本質的な違いはない、それを再認識して欲しいというメッセージを感じました(思い込みかなぁ、笑)確かに情報財はこれまで企業が扱ってきた財とはどうやら違うようです。でも、この本は今も昔も企業の成功の原理原則は不変のものである、そんな図太いメッセージを淡々と事例を交えながら楽しく読ませてくれる好著です。翻訳も苦労されたと思います。分厚いけど、どっからでも読めそう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
クリック&モルタルって、ネットビジネスとリアルビジネスを適切に融合させたビジネスモデルの話ですよね?従来型のリアルビジネスの限界を克服する手段として、ネットビジネス(ドットコムビジネス)がいっきに浮上したけど、そんなにビジネスは甘いものではなかった。ネットへの依存度が高すぎた企業が、ネットの市場や消費者行動を読み切れず、アッと言う間に滅んでいったわけ。(正確にはまだ滅びつつある?)そこで次に注目されたのが、「クリック&モルタル」つまりネットビジネスとリアルビジネスの融合。その話を期待して買ったんだけど。。。チャールズ・シュアブは確かにC&Mを実践した会社だからその話を語る権利は十分にあるはずなんですが。なぜか論点は的を外すばかりか、ぼやけている。米!国で売れたんですよね?「イノベーションのジレンマ」や「パーミションマーケティング」「ティッピングポイント」クラスのスマッシュヒット作品を期待したのですが残念でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック