この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


クリック?クラック! (日本語) 単行本 – 2001/1

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他(9)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
ハードカバー
¥7,068 ¥1,491
単行本, 2001/1
¥1,162

この商品には新版があります:

クリック? クラック!
¥2,200
在庫あり。
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

   著者は1969年生まれのハイチ系アメリカ人女性作家。本書収録の10の短篇はすべてハイチを舞台に、あるいはアメリカのハイチ移民を主人公にしている。独立以来現在まで続くハイチの不安定な政情やそれに伴う貧困を背景にした、悲しい物語が多い。

   特に前半には衝撃的な作品が続く。「海に眠る子供たち」は、アメリカ行きの船の中の少年とハイチに残った少女が、決して相手に届くことのない内的な想いを言葉にして、身辺で起きたできごとや相手への恋心をあたかも文通のように交互につづる。「火柱」は3人家族の物語。貧しさにあって誇りを保てず苦しむ夫と、学校の芝居でハイチの伝説の英雄を演じることになり張り切る息子と、やさしい妻であり強い母である女性。3人におとずれる束の間の平和と悲しい結末。そして、本書中最もショッキングな作品ともいえる「ローズ」は、可愛らしい捨て子を見つけ、持ち帰ってローズと名づけ慈しむ、ある家政婦の物語だ。

   平和な雰囲気をたたえた作品もある。「夜の女」は幼子のいる娼婦の、ある夜のおだやかな心をつづったもの。「永遠なる記憶」は、フランスから来た女性画家と少女の交流を、少女の性徴を絡めて描くさわやかな作品である。

   時代背景を異にする各短篇は、それぞれが作品として独立してもいるが、同時に他の短篇との歴史的なつながりをゆるやかに有してもいる。読者は読み進めるうちに、各物語から受ける個別の印象がやがてさらに大きな印象へ、連綿と続くこの国の苦難の歴史の流れのようなものへと姿を変えていくことに気づくだろう。(岡田工猿)

出版社からのコメント

ここには生きることすべてが満ちあふれている
 米国で話題の作家ダンティカの世界!  National Book Awardに於いて最終選考作品となり、ワシントンポスト、ニューヨークタイムズなど各紙に書評され、著者の評価を確立した短編小説集です。

 この作品集には、時と場、生と死、血や性 の因果の中でもがきながら、悲しみや苦しみ、憤りや怒りも、すべてを抱えて「生きる」人びとが描かれています。

 過酷という一言で形容することをためらう 状況下、諦めることでも、声高に主張することでもなく、そして、ただ救済や癒されることを求め、待ち続けることをも超えて、「生きる」主人公たちから、受け取るものは、き っと皆様の何かを揺り動かすことでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)

ここには生きることすべてが満ちあふれている。全米で話題の作家ダンティカの世界。「National Book Award」最終候補作品。

内容(「MARC」データベースより)

恐ろしく、苦しく、悲しく、そして激しい現実の中に、微笑ましく、温かく、たくましく、そして静かに生きる人々。女性の存在に焦点を当てつつ、ハイチ系アメリカ人作家としての独特の作風を確立するダンティカの短編集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ダンティカ,エドウィージ
1969年、ハイチ生まれ。12歳のとき、先に渡米していた両親の後を追ってニューヨークに移住。バーナード女子大学卒業、ブラウン大学大学院修了。修士論文として発表した処女作Breath,Eyes,Memory(1994)が高い評価を得て、本格的な作家活動に入る。翌年に発表した短編集Krik?Krak!(1995)がNational Book Awardの最終選考にノミネートされたことで、その評価はより一層確かなものとなった。ピープル・マガジンやニューヨーク・タイムズをはじめ数多くのメディアから最も注目すべき若手アメリカ人作家の一人として絶賛されている。TVでもオプラ・ウィンフリーが大々的に取り上げ、ベストセラー作家に。最新作のThe Farming of Bones(1998)を含め、三作とも「女性」の存在に焦点を当てつつ、幼い頃のハイチの記憶をつむぎながらハイチ系アメリカ人女性作家としての独特な作風を創り出すことに成功している。文学界はもとより心理学や女性論の見地から幅広く取り上げられることも多い。創作、講演活動で多忙なかたわら、大学の講師や文芸雑誌の編集委員も務めている。

山本/伸
1962年、和歌山県生まれ。立命館大学卒業、静岡大学大学院修了。学部の頃からアメリカ黒人文学に傾倒し、大学院在学中にニューヨークのコロンビア大学に留学、アフリカ、カリブへと関心を広げる。専門はカリブ文学。共編著書に『世界の黒人文学』(鷹書房弓プレス)、共著書に『地球村の行方』(新評論)、『浄土真宗と現代』(文理閣)、訳書に『20世紀の日本人―アメリカ黒人の日本人観1900―1945』(五月書房)がある。現在、四日市大学短期大学部助教授、「黒人研究の会」事務局長、NPO「グローバルネットワーク21」事務局員、「ポップカルチャー研究会」理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 五月書房 (2001/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772703438
  • ISBN-13: 978-4772703437
  • 発売日: 2001/01
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,141,875位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2003年6月15日
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年2月7日
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年1月29日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち4.5 123 件のカスタマーレビュー
Patrick ten Brink
5つ星のうち5.0 By Edwidge Danticat A voyage of short stories on the suffering souls of Haiti – beautiful, painful
2018年5月19日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Kindle Customer
5つ星のうち5.0 Hauntingly beautiful
2019年1月21日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Karen Chambers
5つ星のうち5.0 Juxtaposition of beauty and flavor of Haiti with poverty and brutality of Duvalier regime.
2017年11月6日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
alina
5つ星のうち5.0 A rich tapestry of human sorrow
2019年2月17日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
Leyla Javadova
5つ星のうち4.0 Worth The Read
2016年6月15日 - (Amazon.com)
Amazonで購入