通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クリスマス・キャロル (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【書込み無し】カバーに微スレがありますが、紙面は使用感の少ない綺麗な状態です。◆Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

クリスマス・キャロル (新潮文庫) 文庫 – 2011/12/2

5つ星のうち 4.6 40件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 23

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クリスマス・キャロル (新潮文庫)
  • +
  • クリスマス・キャロル―A Christmas carol 【講談社英語文庫】
総額: ¥1,123
ポイントの合計: 19pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ケチで冷酷で人間嫌いのがりがり亡者スクルージ老人は、クリスマス・イブの夜、相棒だった老マーレイの亡霊と対面し、翌日からは彼の予言どおりに第一、第二、第三の幽霊に伴われて知人の家を訪問する。炉辺でクリスマスを祝う、貧しいけれど心暖かい人々や、自分の将来の姿を見せられて、さすがのスクルージも心を入れかえた……。文豪が贈る愛と感動のクリスマス・プレゼント。

内容(「BOOK」データベースより)

ケチで冷酷で人間嫌いのがりがり亡者スクルージ老人は、クリスマス・イブの夜、相棒だった老マーレイの亡霊と対面し、翌日からは彼の予言どおりに第一、第二、第三の幽霊に伴われて知人の家を訪問する。炉辺でクリスマスを祝う、貧しいけれど心暖かい人々や、自分の将来の姿を見せられて、さすがのスクルージも心を入れかえた…。文豪が贈る愛と感動のクリスマス・プレゼント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 189ページ
  • 出版社: 新潮社; 新装版 (2011/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102030093
  • ISBN-13: 978-4102030097
  • 発売日: 2011/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 10.9 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,536位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ディケンズの『デイヴィット・コッパーフィールド』や『大いなる遺産』、『オリヴァー・トゥイスト』などの自叙伝的な長編小説とは違い、
『クリスマス・カロル』は内容も短く凝縮されていて、分かりやすいです。
ただ上記に挙げたような作品の中心にある社会批判、とりわけ貧民救済に関しての記述は、この作品においても核となる部分に据えられています。

ごうつくばりのスクルージ爺さんを改心させるため、死んだ相棒のマーレイをはじめ、幽霊たちが彼のもとにやってきて、
過去・現在・未来のクリスマスの情景をスクルージに見せて、慈愛の情を呼び起こさせる――というお話。
「第一にマーレイは生きていない」という書き出しや「老マーレイはドアの上の釘のように死にきっていた」という叙述に、著者のユーモアが感じられます。

フローベール以前の小説なので、作品中に作者が顔を出し、
言い訳したり訓戒を垂れたりはしますが、最後までスラスラと読めて、心温まる小説です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/11
形式: 文庫
とても短く、あっというまに読めてしまう本ですが、その短い文章の中にはあたたかさがあふれています。 いつ読んでも、何度読んでも心あたたまります。 心がさみしくなったとき、ふとこの本を読むと、さりげない暖かさがディケンズの文章からあふれでてきます。 きっとみんながはまってしまう、素敵な小説です。 ぜひ一度読んでみてください。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 風邪を引いて休んだ一日に読んだ。昔にも読んだ記憶があるが、不覚にも泣いてしまった。

 シンプルな話だ。人間は御金だけでは生きていけないという筋である。そんな話しはいくらでもある。今さら読んで感動するまでもない。そう思いながらも、本書を読みだすと止まることが出来なかった。

 子供の頃に読んだ本だ。子供用に書かれた本かもしれない。しかし、本当は、本書は子供には難しいのだと思う。

 働く事の厳しさ。お金の重みという現実。親しい人を亡くした日の夜。子供を持ったことで分かる親心。

 そういうものを実際に現実に経験した上で本書を読まない限り、本書はただのお伽話でしかない。また、中年になった今だからこそ、本書の細部に心を打たれるものがあるのだと、今回痛感した次第だ。

 子供の頃に僕に本書を読ませた親にも感謝したい。あの頃に読む機会が無かったら、こうして、中年になって、異国の地で本書を再読することもなかったろうから。
 
 
 
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/2/8
形式: 文庫
 19世紀イギリスの作家チャールズ・ディケンズの名短編です。訳は『赤毛のアン』など名作の翻訳を多く手がけられ、文学好きが少なからずお世話になってきた村岡花子女史。表示されている表紙は2011年の新装版です(私が持っている古い版は、表紙の老人がどこからどう見てもスクルージらしからぬ善良そうな風体なので、変わって良かったと思います)。

 村岡さんは毎年クリスマスになると本作を読まれるそうで、そうした作品を本当に愛しておられる方に翻訳されたというのは、作者にも読者にも非常に幸福なことと思います。
 ただ、現代人が読むと訳は多少古い印象を受ける箇所もあります。また、原作では「Spirit」という単語が近年上映された同作のアニメ映画日本語字幕だと「精霊」、キリスト教的意味を考えても「精霊」でいい感じがしますが、本作ではキリスト文化圏ではない日本の読者のことを考えられたのか「幽霊」と訳されています(地の文と精霊が自身を指して使う単語は「Ghost」だからなのか)。そういうことを考えて読むと一層楽しいので、英語の原典が講談社英語文庫等から出ていますので、本作を気に入られた方はぜひそちらも読んでみていただきたいです。

 内容に関してはもう、さすがはディケンズ!という感じです。犬も逃げ出す極悪守銭奴の老人が、クリスマス・イヴの日に現れた超自然の精
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とても楽しく読ませてもらった
クリスマス近くの頃に読んだので
思わず最後のページに「メリー・クリスマス!」と書き込んでしまった

ディケンズは英国人にとってはシェイクスピアと同じく
誰でも読んでおくべき一般教養である
だが、日本人である自分はディケンズは「クリスマス・キャロル」だけの作家だと思う
他は全部過去の文学になってしまっている
今でも楽しめるのは本作だけだ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー