通常配送無料 詳細
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クリスマスのフロスト (創元推理文庫) 文庫 – 1994/9

5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,015
¥ 1,015 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クリスマスのフロスト (創元推理文庫)
  • +
  • フロスト日和 (創元推理文庫)
  • +
  • 夜のフロスト (創元推理文庫)
総額: ¥3,931
ポイントの合計: 120pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ロンドンから70マイル。ここ田舎町のデントンでは、もうクリスマスだというのに大小様々な難問が持ちあがる。日曜学校からの帰途、突然姿を消した八歳の少女、銀行の玄関を深夜金梃でこじ開けようとする謎の人物…。続発する難事件を前に、不屈の仕事中毒にして下品きわまる名物警部のフロストが繰り広げる一大奮闘。抜群の構成力と不敵な笑いのセンスが冴える、注目の第一弾。


登録情報

  • 文庫: 534ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1994/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488291015
  • ISBN-13: 978-4488291013
  • 発売日: 1994/09
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,614位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
主人公のフロストは頭がいいのか悪いのか。不注意なのか注意深いのか。よくわからないが、下品なジョークがおもしろいのは確かだ。「このネタちょっと覚えておいて何時か使ってみよう」と思うのはすでにオヤジ状態だろう。しかし、フロスト警部は単に下品なだけではなく、人情に厚く、正義感が強く、とても人間的に魅力を感じる(知り合いになりたいとは思わないけど。)推理ものとしては、いろいろの雑多な事件が複雑に絡み合うものの、各所の伏線がしらじらしくなく、結構納得して受け入れられる結末である。この点は奇をてらったどんでん返しを無理にこじつけ、ストーリーとして矛盾だらけになってくるシドニー・シェルダンとは異なり、フロストには後味の良さが残る。結局フロストシリーズは3巻とも読んでしまった。2巻、3巻とどんどんページ数が多くなっており、買う際にちょっとひるんでしまったが、一旦読み始めると、ページ数が多いことのデメリットなどは感じない。むしろ残りページの多さがかえってうれしくなってくる。「まだこれだけ読めるんだ」とね。推理小説でありながら、残りのページ数が減るに従って、さびしい気分になり、「もっと読んでいたい」という気分ななる本って、そうそうないでしょう。フロストシリーズはそんな話です。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
犯罪小説には、グロテスクな想像、痛みを感じる情景、苦い人生などの仮想苦痛というのが伴い、それも一つの非日常であっていいのだが、フロストシリーズはちょっと、いや大いに違う。 残酷な犯罪がこれでもかと起こるのに読後の心の温かさは何だろう? 心の晴れやかさは物理的なスケールより精神的なスケールだとあらためて教えられるのがこのフロスト警部。 下品なオヤジギャグの炸裂と言う評が多いが、極限の状態でもなお冗談がいえる人間のスケールに乾杯。他の登場人物の心の描き方も人間味あふれ、読む関心は犯人探しよりむしろ描かれる人間性に移る。クリスマスフロストは、フロストシリーズにのめりこむ最初の本として打ち上げ花火のような傑作。 休日の過ごし方として最高の時間がすごせるはず。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 radio5 投稿日 2005/10/23
形式: 文庫
ミステリが好きですが、気が付けば海外の現代作品は殆ど読んでなくて、食わず嫌いは良くないな、と取り敢えず評判の高いこの作品を購入。
これがハマってしまいました。
同時進行、若しくは時間差攻撃のように次々と事件が発生し、刑事がそれらを追いかけていく形態を「モジュラー型警察小説」と呼ぶのだそうで、兎に角これでもかと事件が起きまくり、警察署は慢性的な人手不足。
そこで我らがフロスト警部(とその他)が、仕事中毒≪ワーカホリック≫振りを遺憾なく発揮してその捜査にあたるのですが、活動すればするほど事件はこんがらがって行く様相を。
事件自体は、実は陰惨なものだったりするのですが、フロスト警部のお陰(?)で笑いながらお話は進みます。
大抵、この手のダメ刑事は、何を隠そう本当は凄く切れ者だったりするのですが――。
で、事件がこんがらがるだけこんがらがって、いくらなんでも収拾つかないんじゃないか、と思われたんですが、最後は実に鮮やかな収束を見せてくれます。
この作者さんは脚本家でもあるそうで、ややこしい事この上ない長いお話を、流れるように、しかも一瞬たりとも飽きさせないで持っていくストーリー運びは素晴らしく見事だと思います。はい。
最初っから最後まで実に面白かったです。笑いました。「海外作品を読んでみたいけど…」という人にもお薦め!
お気に召したら続編も是非どうぞ(長くなってます)。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まず、冷静になって考えると、職場の上司がこんなオッサンだったら毎日が憂鬱でしょうね。ワーカホリックで、不潔で、下品で、人の迷惑顧みない・・・まだまだ言い足らなくなります。頭が良いのか悪いのか、切れ者なのかただの超俗物なのか、勘がいいのか悪いのか、分かりません。とにかくじっとしていない。でも、ちらりと覗かせる優しさや鋭さに目尻が下がる。こんなキャラクターをうみだした作者ウィングフィールドの筆力は相当なものです。ストーリーも小さな事件がいくつも絡み合って混沌としているようですが、読者としては混乱しない。少なくとも作者は凄腕ですね。現在までフロスト・シリーズは3冊出ていますが、すべて残りページ数の減り具合が気になる作品ばかりです。書店にいくと、フロストの最新作が出ていないかを必ずチェックしています。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー