クリスティーン コレクターズ・エディション [DV... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,955
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 麻布セール本舗
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クリスティーン コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,955 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サザンフィールドが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 1,410より 中古品の出品:4¥ 1,127より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

Amazon.co.jp限定特典はスチールブック&映像特典ディスク
『バイオハザード:ザ・ファイナル』 商品をチェック

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クリスティーン コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • ザ・カー [DVD]
  • +
  • 激突!スペシャル・エディション [DVD]
総額: ¥3,809
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: キース・ゴードン, アレクサンドラ・ポール, ジョン・ストックウェル
  • 監督: ジョン・カーペンター
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日 2010/07/28
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003NVV86S
  • JAN: 4547462070104
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 72,646位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

クリスティーン、彼女は誰にも殺せない。

【ストーリー】
内向的な少年アーニーは、学校の帰り道にスクラップ寸前の車“クリスティーン”を見つける。
一目で彼は車の虜になるが、“彼女”はただの車ではなかった。
自らの意思を持ち、“彼女”の美と自尊心を傷つける人間を襲う、恐ろしい車だったのだ。
そんな事とはつゆ知らず、アーニーは大金をはたいて、“彼女”を手に入れるが・・・

【映像・音声特典】
1ジョン・カーペンター監督とキース・ゴードンによる音声解説
2未公開シーン集
3メイキング・ドキュメンタリー集
4フィルモグラフィ

【Copyright】(C)1983 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーヴン・キングの小説を元に『ハロウィン』のジョン・カーペンター監督が映画化した傑作ホラー。呪われた58年型の車が、自ら意志を持って人々に襲い掛かり、殺戮を繰り広げる。“CINE STYLE @ SONY PICTURES ホラー selection 第4弾”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
自分は車が大好きである。
毎日のように乗る愛車にドアパンチされただけでもその日一日ディープブルーが入る人間。
ついこの前、当て逃げされた日に至っては、怒りを通り越して悲しみのあまり寝込んでしまった。

車好きをこじらせた結果か、正直なところ、以下の様な感想を抱いてしまった。

映画を見た私は、
心からクリスティーン(のような存在)が欲しいと思ってしまった。
当て逃げなんかしたら、クリスティーンが地獄まで追いかけて制裁を加えてくれるだろう。
そして、自己修復でピカピカのまま、ずっと傍らにいてくれるのである。

かなり穿ってみてしまうと、
「車の形をした悪魔にとりつかれた少年」を救おうと、
周りが彼と車の仲に介入した結果の少年の破滅に見えなくもない。

少年の世界は、クリスティーンと言う存在一つに囚えられてしまうが、
彼や車に危害を加えなければ、クリスティーンも無差別な危害は与えない。
彼女は、悪魔ではなく、ナイフの使い方を知らない子供のような存在、ではないのかと。

いじめっ子への仕返しや秘密を知った者への報復は凄惨すぎるが、
もう少し初期の段階で関係を正せば、
少年と車、二人
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ネコロンボ VINE メンバー 投稿日 2012/9/6
形式: DVD Amazonで購入
現在の自分の年齢の半分くらいの歳の時、レンタルビデオで見たのが、
最初で最後だった。その当時の印象としては、ホラーとしてはイマイチ
怖くないなぁ程度のものだった。

今回何十年ぶりで見直して、当時の自分の浅薄さに呆れた。
これは、カーペンター監督の代表作の1つと断言する。
確かに、怖さだけを期待すると、多少肩透かしを食うかも
しれないが、登場人物の描写が大変ガッチリしているので、
ドラマが非常に充実している。
そして、主演のK・ゴードンの、代表作間違いなしの素晴らしい
演技。異性として登場するクリスティーンの影響で、瞬く間に
人間が変わってしまう面白さ。そしてその魅力ゆえに破滅して
いってしまう悲劇。

これが1000円足らずで見られるという、この幸せ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sleepy トップ1000レビュアー 投稿日 2015/7/10
形式: DVD Amazonで購入
原作は未読の者の感想です。1957年、製造された時から意思、感情を持った58年型の真っ赤なプリマス・フューリー。邪悪な存在が現世に誕生しました(BGM. I was bad to the boneアタシは根っからの性悪よ)。時は流れて78年、これに一目ぼれした冴えない高校生アーニーは、車をクリスティーン(以下、彼女)と呼び、「彼女」もまたアーニーの思いにこたえます。しかし気難しくってツンデレ。男を虜にする真っ赤なドレスの性悪女を思わせます(ごめんなさい)。所有者の精神まで入り込み、邪魔をする者を破滅に陥れる冥府の使者みたいな存在。「彼女」は所有者を「所有」しようとします。嫉妬の権化です。

クリスティーンを巡るダイナミックでワクワクする見せ場と同じように、3人の描写に力を入れていて良いです。「彼女」を含め4人のキャラ表現に幅があって、一見単純ですがよくみると多様に考えられて面白い。うがった見方をすると四角関係。クリスティーンを含めた、アーニーのとりあいではないかと。そして「彼女」の美しさを損なう者(4人組不良や葉巻のおっちゃん)にも容赦ない
(「アタシの完璧美ボディに何すんのよ!」)。

最初は冴えないがっかり高校生アーニーの変貌ぶりがちょっと胸イタです(服装も変わります)。では単に「彼女」がアーニーを変容させ、強暴にしたのでしょう
...続きを読む ›
4 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
スティーヴン・キング原作に挑んだジョン・カーペンター監督のSFサイコ・スリラー快作(1983年度作品)。

「車が生命を持つ」という過去にもあった題材にも拘らず、斬新奇抜な設定要素が素晴らしい一編である。
<先駆作は人間を敵視する悪魔の車「ザ・カー」(77)、吸血鬼と車を融合させた「高速ヴァンパイア」(81)など。>

それらの作品とは一線を画する映画であり、人間の内面に入り込み、潜在している暴力性や欲望を表現した作品。

魔性の女を思わせる「クリスティーン」。運転する持主(男)を洗脳し人格を変え、自暴自棄の運命へ導く寄生怪物
「クリスティーン」。寄生した男の生命をじわじわと吸い取り、自らの意思により無人でも動く殺人車「クリスティーン」。
そして滅茶苦茶に破壊されても自己再生、何度でも甦る不死身の怪物ブギーマンこと「クリスティーン」。

カーペンターは、前作「遊星からの物体 X」(82)でグロ・ゴア特殊メイクを遣り尽くしたのか、
本作はとてもスマートな映像となっており、青春学園物のスタイルをとったサイコ・スリラー色が濃厚であり、
殺人場面の描写は脱スプラッター的ですらある。過激な残酷描写が好きな人には物足りないかもしれない。
が、別な視点から、
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す