クラッシュ [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: レンタル落ち商品ではありません。【セット内容】⇒ディスク・ケース・チャプターリストでの販売となります。 【商品状態】⇒★ディスク=ごく僅かに細かいキズがございますが綺麗な状態です。★チャプターリスト=目立つ痛み・破れも無く綺麗な状態です。★ケース=少々スレがございますが良好です。☆〔発送詳細〕⇒商品の保管・梱包・発送等はアマゾンの配送センターが行いますので最速でお手元に届きます。お急ぎ便も利用可能です。お支払いには代金引換・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い等利用できます。この機会にぜひご利用くださいませ。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,900
通常配送無料 詳細
発売元: 【まほろば商店】コンディション説明をよくお読みください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クラッシュ [DVD]

5つ星のうち 4.3 152件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 304 (7%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、メディアショップ KONOMI が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でクラッシュ (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • クラッシュ [DVD]
  • +
  • トラフィック [DVD]
総額: ¥10,450
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: サンドラ・ブロック, ドン・チードル, マット・ディロン, ブレンダン・フレイザー, テレンス・ハワード
  • 監督: ポール・ハギス
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2006/07/28
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 152件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EUMM98
  • JAN: 4988104034816
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 6,312位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作は、ロサンゼルスでの2日間の人間ドラマを、心に突き刺さるほどの「クラッシュ」とともに描いていく。登場人物は、地方検事とその妻、黒人刑事と同僚でスペイン系の恋人、TVディレクター夫妻、雑貨店を営む家族、鍵の修理屋など、さまざまな階層・人種。職業だ。
   無関係のようにみえた人々が、人種間の偏見、そこから生まれる憎悪が引き起こす事件によって結びつけられる。急展開ながら、登場人物の交通整理のうまさに引き込まれるのだ。警官からセクハラまがいの仕打ちを受けた女性が、その後、彼と思わぬかたちで再会するシーンなど、何カ所か、本当に背筋の奥までゾクッとさせるショッキングな描写もある。俳優たちも、ほかの出演作とは明らかに違う迫真の演技を披露し、最後まで観る者の目を釘付け。全編に漂うのは、いまだに差別に満ちたアメリカの現実だが、ラストシーンでわずかに残される希望が、静かな余韻を残す。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を手掛けたポール・ハギスの初監督作となる群像ドラマ。人種や階層の異なる人々がさまざまな形で衝突し、運命を狂わしていく。第78回アカデミー賞作品賞ほか3部門を受賞。PG-12作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
もうだいぶ前の映画ですが、何度も見ていて、古臭さは全く感じられません。

日本ではこれほどあからさまな人種差別はないかと思いますが、アメリカは色んな人種が住んでいるので、大変ですね。

ディズニーの「ズートピア」も似たようなメッセージの映画かと思いますが、中高生ぐらいの子供たちにも、この作品をぜひ見てほしいと思っています。

結末が想像できない点でも面白い映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「ミリオンダラー・ベイビー」の製作・脚本で高い評価を得たポール・ハギスの監督デビュー作。人種など置かれた境遇の全く違う人々が織り成す群像劇。人種差別や偏見が柱となっている作品であるが、ハギス監督の見つめる本来の人間像が胸を揺さぶる。

本作で重要な柱となっているのは人種差別・偏見である。日本人には人種差別というのは余りピンと来ない問題かもしれない。しかしアメリカには白人、黒人を始めヒスパニック、ラテン、アジア系など数多くの人種がひしめき合っている。1960年代の公民権運動を経て黒人差別は法の上では否定されたものの、今も差別感情は根強く残っている。そして9・11以降のアラブ系への偏見も産まれている。このような人種差別主義者による凶悪犯罪(ヘイトクライム)が後を絶たず、大きな社会問題となっている。本作でもその一部を垣間見ることが出来る。

本作がどこまでアメリカの現実を表現したのかはわからないが、感触としては、これまでの映画の中でもかなりアメリカという国の現実を克明に反映させたものなのだろうと思った。アメリカという国は本作に示されているように非常に難しい国なのだろう。

本作ではハギス監督なりに差別や偏見に向かい合っている。差別という概念は歴史や社会の風潮といった背景を通じてアメリカを支配しているが、その中で暮らす本来の人間の
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
複数のストーリーがモザイクのように絡み合っている作品。
ひとつの交通事故から時間を遡り、最後はその交通事故に戻る。

黒人差別する人間が同時に黒人を助けたり、差別を嫌う人間が不運にも黒人を殺してしまったりする。
家庭内不和や弟を助けるために他人を陥れたが結局その弟は事故死したり、なにげない銃弾の購入シーンがあとあとの伏線になっていたり、かなり複雑な構成になっている。

妖精のマントのところはちょっとおもしろかった。よくあんなこと考えつく。
ラストは最も救いのなさそうなチンピラが、中国人移民に優しさをみせる。
そのあと満足そうにフッと笑ってみせて、「ここはアメリカだぜ」と言う。
そう、これが人種のるつぼ、アメリカなのだろう。
人種差別の光も影も、描いた映画である。

差別問題というタブーを正面から扱って、ストーリーとしてもおもしろく、エンタメとして成立していて、人間というものを深く考えさせる。
監督脚本のP・ハギスは『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家かと納得。

日本では園子温監督あたりが同じようなことやりたいのかもしれないが、残念ながらレベルが違いすぎる。

*ユーザー名で批評ブログも書いているのでよかったら見てください!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
思いやっている気持ちが相手には届かない。

ひどい差別があってもやるべき仕事への意識が高い。

嫉妬や苛立ちから職権を乱用して相手を傷つける。

勘違いと思い込みで人の命を奪う。

差別の問題など、多民族国家であるアメリカならではの描写はあるものの、

描かれる根底となる人間の心は、あまりにも人間的で

我々も共感するところがどこかしら見られると思う。

見ていて辛くなるような"衝突"の数々だけれども、

それでも人と触れ合いたい人間の姿に希望を覚えます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
黒人を中心とした、ただの人種差別映画なのかという見かけですが
あらゆる社会、人間を普遍的な内容をもって描いた良作の脚本映画
だと思います。
差別があるアメリカは酷いよね、と無関係な立場を装って、日本人が
語れないだけの内容がある。
要するに人間の多面性、人には良い面も悪い面もあるということを
描いた映画のように思えました

典型的悪役と見られたレイシストでも、病気の父親を献身的に看病し、
また職務として、ときに黒人を救う。差別を憎んでいた好感のもてる同僚が、
ある黒人を助けたあとに別の黒人を奥底にある偏見から殺めてしまう
一連のシーンはこの映画を端的に象徴している場面でしょう。

冒頭、「人間は正面からクラッシュしてお互いをわかりあいたいんだよ」みたい
な内容のことを黒人警官が語りますが、人と人が付き合い衝突する中で
争いも起こる。

そんな時、作中の賢い娘たちなど、一部の良心や知恵ある人たちがいるから
こそ社会はなんとか完全衝突せずに回っていくのだなと、美しい音楽とともに
感じさせてくれる後味のいい映画でした。

複雑に絡み合った脚本も素晴らしいですが音楽も同じくらいいい映画です。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す