通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クラウド時代のハイブリッド手帳術 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クラウド時代のハイブリッド手帳術 単行本(ソフトカバー) – 2011/9/23

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,470
¥ 1,470 ¥ 109

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クラウド時代のハイブリッド手帳術
  • +
  • EVERNOTE「超」仕事術
  • +
  • EVERNOTE「超」知的生産術
総額: ¥4,602
ポイントの合計: 95pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

スマートフォンやクラウドサービスの普及が進む一方で、最近では「ほぼ日手帳」や「モレスキン」といった紙の手帳にも注目が集まっています。スマートフォンやクラウドサービスは便利なサービスである反面、発想といった面では「手書き」にかなわない面もあります。本書は、Evernoteのヘビーユーザーであり『EVERNOTE「超」仕事術』『EVERNOTE「超」知的生産術』の著作を持つ著者が「手書き」の手帳に関するノウハウを全公開します!

内容(「BOOK」データベースより)

「ハイブリッド手帳」とは、従来の「紙の手帳」とデジタルツールを組み合わせた、スマートフォン+クラウドサービス万能の時代ならではの新しい手帳の考え方です。これまでの手帳が持っている機能を1つひとつ点検し、アナログツールが持つ力を再確認しながら、それぞれに最適なデジタルツール・アナログツールを割り当てて、個人の情報管理力を最大化します。本書では、著者が実際に記述したサンプルをベースに、各ツールの考え方・使い方を詳しく解説します。「手書き」ならではの、デジタルツールだけでは捉えられない仕事管理・情報管理を実践することが可能となります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 231ページ
  • 出版社: シーアンドアール研究所 (2011/9/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863540914
  • ISBN-13: 978-4863540910
  • 発売日: 2011/9/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 430,003位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
恐らく著者にとっては、日常当たり前にこなしていることなのだと思います。

しかし、一般サラリーマンにはちょっとつらいかも、です。使用するツールが9種類にも及ぶと、正直何が何だか・・という感じです。目的に応じて使い分ける、という発想は分からないわけではないのですが。目的が「スケジュール管理」「タスク管理」「メモ」「目標管理」の4つなのですから、せめてそれぞれ1つ計4つくらいまでは絞り込まれていないと現実に使いこなせる範囲を超えてしまっていると思います。

ただ、心に残る言葉がいくつかあったのも事実です。特に、ツール選びは「機能」よりも「好み」で選ぶ方が結局長続きする、ということ。いくら高機能でも色やデザイン、触った感触などが好みでなければ長く使う気にならないというのはその通りだと思います。

繰り返しになりますが、考え方には共鳴できるところがあるものの、肝心のツールが多すぎて一読しただけではとても理解しきれないというのが全体の感想です。もう少し、著者自身厳選したツールでシステムを作り上げてからの方が、本としてまとめるには良かったのではないでしょうか。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
以前から時間の使い方に問題があったものの、なかなか手帳をうまく使いこなせず悩んでいました。
スマートフォンやGoogleのサービスも登場し、試行錯誤のたびに逆に時間に使わている気がして、
なんとかしたいと思っていたところ、こちらの本に出会いました。

様々な実例はあるのですが、一貫して書かれているのは「手帳は自分を成長させてくれる
ためのもの」ということ。読み進めるうちに、著者が試した様々な方法と考察をもとに、主体的に
時間管理をする→自身の成長のため、ということを教えてくれます。

ちなみに私は行動の記録、感情の記録の多い人間なので、その日1日の感情の整理として役立つ
「ほぼ日手帳」を購入しようと思いました。
あと、参考になったのは、「Weeklyプランナー」の項です。
1週間の空き時間を可視化することにより、時間の使い方だけでなくその時間を自分が作り出せた
自信と、せっかくの空き時間をどのように使いたいかを意識するようになりました。

「自分は手帳を使ってどう成長したいか?」根本的に手帳術の使い直しを考えたい方に良いと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
雑誌を読むような気軽に読める本のつもりで購入したが、意外と中身が濃い。
文章自体は平易で読みやすいし、実行していることもさほど複雑なことはしていない(自分が同じように実行できるかどうかは別)。
したがって、難解ではないが、あちらこちらに著者の「思想」と「ノウハウ」が散りばめられている。
ハウツー本と言うよりは、著者の考え方や方法を「ひとつの例」として参考にしながら、自分のやり方は自分で考えるための本だと思う。
書籍のタイトルのキーワード「クラウド時代」「ハイブリッド」「手帳術」に問題意識を持っている人が読めば、「なるほど、こういうやりかたもあるのね。さて、自分はどうしようか?」という風に役立つと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 携帯をスマートフォンに変え、スケジュールやタスク管理をスマートフォンに一本化しようかとも考えましたが、やはり紙の手帳を手放してしまうのに抵抗がありました。そこで出会ったのが本書でした。
 手帳を「自分の情報を管理する大きなシステム」として捉える視点は非常に重要であり、この視点の転換をすることでアナログ・デジタルという垣根はなくなります。本書にはアナログとデジタル、それぞれの良いところを取り入れハイブリッドに活用する手帳術がふんだんに記載されています。
 また「時間の分割払いには金利が発生する」というタイムマネジメントの考え方など、著者である倉下氏の効率よく仕事を進めるためのライフハックもさまざま盛り込まれています。単にどのツールに何を書くかという話ではなく、ハイブリッドに手帳を使いこなすことを通してセルフマネジメント実現を目指すことを含め、本書では手帳術と定義されています。
 本書を読み、手帳を活用することで、人生を豊かにするにはどうすれば良いかということがわずかながらわかった気がします。もっとも、本書で紹介されている手帳術は倉下氏に最適化された構成となっていますので、自身の環境と照らし合わせ、必要なツールの取捨選択が必要です。本書を参考に、改めて自分の手帳活用を見直してみようと思いました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック