この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

クライマーズ・ハイ [Blu-ray]

5つ星のうち 3.7 93件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,980
価格: ¥ 3,962 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,018 (20%)
通常7~9日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,422より 中古品の出品:12¥ 1,444より

この商品には新しいモデルがあります:

クライマーズ・ハイ [DVD]
¥ 2,663
(93)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【 ソニーピクチャーズストア 】 - 新着タイトル、ランキング、セール商品など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • クライマーズ・ハイ [Blu-ray]
  • +
  • 突入せよ! 「あさま山荘」事件 Blu-ray スペシャル・エディション
総額: ¥7,137
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 堤真一, 堺雅人, 遠藤憲一, 堀部圭亮, 田口トモロヲ
  • 監督: 原田眞人
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2009/01/01
  • 時間: 145 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 93件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001HUN202
  • EAN: 4547462054296
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 77,549位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

走り,叫び,書いた。新聞記者たちの激動の一週間。

【ストーリー】
群馬県,北関東新聞社。地元が現場となった,航空機事故の全権デスクに任命されたのは,組織から一線を画した遊軍記者・悠木和雄(堤真一)だった。モラルとは?真実とは?新聞は<命の重さ>を問えるのか?プレッシャーに押しつぶされながらも信念を貫き通そうと必死にもがいた悠木が見たものは?これはあの暑かった夏をひときわ熱く駆け抜けた新聞記者たちによる濃密な日々の記録である。

特典〈初回封入特典
■縮尺版プレスシート
〈映像特典〉
■メイキング・オブ・クライマーズ・ハイ
■舞台挨拶映像(完成披露試写会映像・初日舞台挨拶映像・上野村特別試写)
■もう一つの新聞社内
■未公開シーン集
■キャスト&スタッフ紹介
■プロダクションノート

【スタッフ&キャスト】
《製作》若杉正明
《監督》原田眞人
《脚本》加藤正人/成島出/原田眞人
《出演》堤真一、堺雅人、山崎努

【CopyRight】
(C)2008 『クライマーズ・ハイ』フィルムパートナーズ

H.264 MPEG-4 AVC DOLBY TRUEHD

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

横山秀夫原作による同名原作を『魍魎の匣』の原田眞人監督が映画化した社会派ドラマ。85年8月、群馬県御巣鷹山に日航ジャンボ機が墜落。未曾有の大惨事を取材することになった地元新聞の記者たちの激動の一週間を、緊迫感あふれるタッチで描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
原作を読み、NHK製作版も見ているので、期待半分、変にぶち壊されていないか不安半分で見ました。どうしても比較してみてしまいがちですが、ひとつの映画としてみればある意味、よくできた作品だったと思います。
俳優陣の役になりきった迫力の演技のぶつかり合いと、編集局内の臨場感あふれる演出、カメラワークにはすばらしいものがあり、まるで実際の事故当時の新聞社内の記録映像を見ている様です。
NHK版ではあまり描かれなかった、山岳シーンも見ごたえがありました。

しかし、です。みどころはそこまでです。やはり原作がある以上、物語の骨の部分が感じられなかったので、監督ご自身が言われている様に「何が言いたいのかわからない」などと言う批評が出るのもわかる気がします。

悠木は家族と別居はしていないし、淳には妹もいたはずです。燐太郎が衝立で悠木に告白する場面は淳が「親父のために」と打ち込んだハーケンの話とともにひとつの感動のシーンでした。
安西が言った「下りるために登るんさ」という謎めいた言葉が軽く扱われていること。また、この事件で記者として凄惨な現場を体験した若き神沢ですが、やがて北関をとび出し共同通信のトップの記者に成長していくはずがなぜかここでは死んでしまう。悠木が出世コースをはずれ一人遊軍記者になっている原因でもある新人記者の望月
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
個人差があるのは承知でレビューします。
映画を見てからNHKドラマ版を見ました。最初に映画版を見たときにはそれなりによかったのですが、NHK版を見てしまったあとには、駄作としか言いようがありません。(NHKドラマの方が先にあったことを知らなくて後悔しています)
役者のせいではなく、演出が全く違います。堤真一、堺雅人らはいい演技してますが。
正直言って、映画版は所詮エンターテイメント。
何故「クライマーズハイ」という題名をつけたのか?映画版では全く伝わらないでしょう。原作を読まなくとも、ドラマ版と映画版を比べればわかります。
何故、悠木が20年後に山に登らなければならなかったのか?地方新聞社としての苦悩が全くと言っていいほど描かれていません。地方新聞社の内情の描写も稀薄。
この作品で言いたいのは、スクープ合戦ではなくて、新聞記者として生きていくとは何か?ということ。一本筋の通ったものがない。
まだの方は、是非NHK版のドラマを見ていただきたいです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
小説を先に読んでいると、この作品には幻滅してしまいそうです。
別々の作品として楽しむべきかと思います。

「映画」としてみると、良作だったと思います。
ただ、悠木の家に帰ったシーンは謎でしたし、最後のニュージーランドも蛇足でした。息子が何故スイスに行ったかも全く謎。
そもそも、安西の「下りるために登るんだ」は何処に生きてくるのかサッパリ分かりません。
最後の新聞記事も、何がそんなに社長の逆鱗に触れ、どうして辞表を突きつけたのかイマイチよく分かりません。そしてその辞表を受け取ろうとしない社長の態度もよく分かりません。
つまり、小説のソースを入れすぎたせいで意味不明な部分が幾つもあるのがいただけなかった。
伏線回収を全てしろとは言いませんが、小説の核だった部分に触れながらも蔑ろにするというのは、どうかと思います。よって、☆二つ。

役者については、堤真一にしても、堺雅人にしても、良い味出していたと思います。山崎努も良かった。それぞれの演技は素晴らしかったと思います。
一見の価値はあり、といった感じでした。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
夕刊もなく全国規模の記事は共同伝に頼らざるを得ない地方紙、北関東新聞の記者たち。かれらの記事に対する情熱には、大手中央紙に対する屈折が影のように常に寄り添う。自分たちを取り巻く小さな世界の限界を感じながら、記者たちの特別な日々が始まる..はずである。
が...
オフィスひ、ひろっ!まるで「大統領の陰謀」のワシントンポストのセット並み。ロビーまわりもずいぶん立派で、ほほう、夜は高級料亭ですか。
ぜんぜんめぐまれているじゃん。屈折なんかしなくていいじゃん。
事故発生で混乱する記者たちは、深作ばりの手持ちカメラ。広いからね、やりたくなるよね。

悠木の妻と子供はスイスに仕事を見つけ物語から去ってゆく。なぜスイス?地方紙のしがない記者の妻という設定からするとこれはあんまりだ。ここで主人公・悠木の息子への距離感に悩むタテ線ぶっとぶ。

ここで気づくべきである。この映画は何を描くかより、撮りたいものをどう撮るかの方が大事なのだ。人間関係であれ、性格背景であれ、撮りたくないものは、バッサバッサと削ってゆくつもりなのだ、と。

遺族が北関東新聞に新聞を買いにくる。事故の当事者である遺族と当事者ではない記者、2つの世界が直接つながり合う唯一の場面。最も大事なシーン、NHK版でも山場のひとつ。
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック