この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クマ王 モナーク (シートン動物記) 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/30


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥ 2,160 ¥ 1,010
単行本(ソフトカバー)
¥ 346
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


入園・入学・新学期準備ストア
入園・入学必需品からお祝いの品まで、新学期の準備はAmazonで。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

カリフォルニア州最後のグリズリー、モナークは、母を失った子ども時代、「ジャック」と名付けられ、人間に飼われていました。ある時、人から逃亡し、野生をきたえ、後にクマ王とよばれるようになりますが……。
ゴールドラッシュにわくカリフォルニアで、人間社会が動物と自然にあたえた暴力とも言える様を、シートンはモナークの物語を通して描き出しています。
アーネスト・T・シートン(文・絵)/今泉吉晴(訳・解説)

出版社からのコメント

今までの「シートン動物記」と、ここが違います!

1. シートン自身の絵を生かした作品構成です!
実は、シートンは美術学校を卒業したプロの画家。このシリーズでは、シートンによる100点近いイラストカットを各巻に収録。シートン動物記は、シートン自身の物語と絵の両方あってはじめて本来のシートン作品といえるのです。

2. 完訳版だからこそ伝わる真の動物たちの姿!
シートン作品は、すべてが事実に基づいたもの。事実に基づいた物語だからこそ、動物学的発見が随所にちりばめられていています。シートンが大切に考えていた野生動物の個性や生き方を、長年にわたってシートン研究を重ねている動物学者・今泉吉晴氏がわかりやすく、読みやすい物語に訳しました。

3. 豊富な解説と、日本初出典のエピソードも!
子どもたちにもわかりやすく丁寧な解説を、各巻に約40~70頁収録。物語の背景となった社会や、動物たちの習性、シートンの思想などを、Q&A形式でわかりやすく解説しています。また、このシリーズでは今までの「シートン動物記」で公開されていないエピソードも収録。初めて明らかになった事実をふまえ、シートンが伝えたかった動物たちの本当の姿を楽しむことができます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 童心社 (2010/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4494009997
  • ISBN-13: 978-4494009992
  • 発売日: 2010/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 924,402位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう