通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫) 文庫 – 2008/8/12

5つ星のうち 3.7 39件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)
  • +
  • クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
  • +
  • サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)
総額: ¥2,170
ポイントの合計: 53pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ミッションは少女救出!
“ぼく”が学園で見た惨劇は――

知らない誰かと仲良くするためには絶対に守らなければならない約束がひとつだけ存在する。その約束とは、相手に対して常に友愛の情を持つことだ。つまるところそれがどういうことかといえば、知らない誰かと仲良くすることなんて結局は不可能だという意味なのだろう。いや、そもそも、知らない誰かと仲良くしようだなんて考え自体が常軌を逸しているとしか思えない。絵空事を語ることさえ自らに許さず、たったひとつの矛盾さえも生理的に見逃すことのできない誠実な正直者、つまりこのぼくは、6月、人類最強の請負人・哀川潤に、およそ問答無用に引き連れられて、高名なお嬢様学校であるところの私立澄百合学園へと向かうことになった。そして事件はその学園の中で起きる。それは巻き込まれたと言えるかもしれないし、また、自ら渦の中へと飛び込んだと言えるかもしれない。まあ別に、どう言い、どう言いつくろったところで、それはきっと意味がないのだろう。だって起きた事件自体が、そもそも戯言みたいなものだったのだから――戯言シリーズ第3弾

内容(「BOOK」データベースより)

ミッションは少女救出!“ぼく”が学園で見た惨劇は―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 298ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062761335
  • ISBN-13: 978-4062761338
  • 発売日: 2008/8/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 230,070位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
前二作に比べると、ちょっと一息、なかんじの作品。
ただ、人類最強の赤色ファンなら、読むべき(笑) 赤色の魅力が爆発しています。
かっこいいだけではないぞ、といいましょうか。
ここから読み始めても、シリーズにはなんとかついていけるとおもいます。
ただ、ここからはじめると、前二作に衝撃を受けるかもしれませんが。。。
ミステリィだと思わず、あまり気張らないで読むことをオススメします。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『戯言シリーズ』の3作目,02年08月のノベルスの文庫化です.

これまで,ちょっとイメージの掴みづらかった『戯言遣い』について,
本領発揮,面目躍如と言わんばかりの立ち振る舞いが見られる1冊です.
また,作中でのある『アイテム』に引っ掛けた言葉まわしがなかなかで,
韻を踏むなどした,いくつかの章タイトルもあわせて楽しませてくれます.

反面,ミステリはトリックが後日談でさらりと語られるくらいの扱いで,
いわゆる,超人たちの繰り広げるバトルやその能力が前面に描かれており,
1→2作目のときもそうでしたが,それ以上に大きく変わった印象を受けます.

ただ,ヒロインとの掛け合いは楽しいものの,いささかやり過ぎの感もあり,
シリーズのはじまりから『過去』があるように匂わせている主人公についても,
本作でも気になる言動を見せつつ,未だに何も語られないのは不満が残ります….

とはいえ,その主人公について今後を暗示させるような分析がされていたり,
本作の登場人物が,外伝の『人間シリーズ』にたびたび顔を出しているあたり,
単純なボリュームは過去2作の半分ほどですが,『濃い』1冊なのかもしれません.

このシ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 西尾維新を読む時は、肩の力を抜いて、シニカルな笑みを浮かべながら。しかし、油断していると、心を貫かれるぞ。
 「クビ」シリーズ第三段。200ページ弱の薄い本の中で、今回も戯言と赤の嵐(当社比150%増)が舞い踊る。「クビキリ」ほどの驚きのトリックも、「クビシメ」ほどの昏く熱い恋情もないが、「ぼく」と一姫との会話は、確かに何かを心に残す。そしてなにより面白い。燃える人は燃えて、萌える人は萌えて、喪える人は喪えてください。
      「寂しいけれど――でも、一人で生きます。
            裏切って、騙して、言い訳して。」
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 白色 投稿日 2010/5/22
形式: 文庫
戯言シリーズは一応全部読んでいますが、ここからでしょうね。
下降線になったのは

この作品は前二作にあるような確固たるテーマは、はっきり言って存在しません。
西尾氏のキャラ小説の原点とも言えます。

一応読者に考えさせるようなつくり、つまり形式だけでも推理小説のスタンスをとっている以上、特殊能力で人を殺せるってのはなしですよね
そういうキャラは零崎人識だけでよかったと思います

この作品で西尾氏が何をしたかったのか。
僕に伝わってきたのは、いーたんに女装させたかった、子荻ちゃんを出したかった、それくらいです

西尾作品も結局ラノベなんだよな、ということを再認識させられる作品です
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本自体薄いし、内容も薄い。
エピローグ?(最初の2ページ)での拉致について、その後「ぼく」からなんら言及が無く、
また赤色からも説明が無いのは西尾維新らしくない書き方。
まだ3作目でスタイルが確定していない、試行錯誤中の作品なのだろうか?
また、赤色は言葉遣いは荒くても「文法」は間違えないキャラ設定だと思ったが、
P63(NOVELS版)の赤色のセリフで「・・・外からは決して見れない密室・・・」と「ら」抜き言葉を使っている。
西尾維新らしくない。
表現の微妙な違いを捕まえて相手の虚を突いたり、論理破たんさせたりしている以上、細かい文法事項にも
キャラ毎で一貫させるべきであろう。
その点が残念である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 one 投稿日 2002/8/21
形式: 新書
いーちゃんと“人類最強の請負人”コンビが活躍(?)するお話ということで、今回は友ちゃんは登場なしです。
前作と比べるといーちゃんの「戯言」が少々抑え目だったりしますが、
そのかわり、掛け合い漫才のような会話が楽しめました(笑)
この『クビツリ~』ぐらいからは、前作を読んでいないと??と思える部分も出てきますね。
このシリーズ、ずっと続いてくれるといいなぁ・・なんて思い始めてます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー