通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス) 新書 – 2002/5/8

5つ星のうち 4.3 69件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 896 ¥ 1
新書, 2002/5/8
¥ 1,058
¥ 1,058 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)
  • +
  • クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
  • +
  • クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)
総額: ¥2,958
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

エンターテインメントは維新がになう!
衝撃の新青春エンタ!

鴉(からす)の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から2週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”が級友(クラスメイト)・葵井巫女子(あおいいみこと)とその仲間(フレンズ)たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼“人間失格・零崎人識(ぜろざきひとしき)”との出会いによって揺らめき脆く崩れ去っていく――。そして待ち受ける急転直下の衝撃。1つの世界が壊れる“そのとき”を描ききった新青春エンタの傑作!

内容(「BOOK」データベースより)

鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から二週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”が級友・葵井巫女子とその仲間たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼“人間失格・零崎人識”との出会いによって揺らめき脆く崩れ去っていく―。そして待ち受ける急転直下の衝撃。一つの世界が壊れる“そのとき”を描ききった新青春エンタの傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 384ページ
  • 出版社: 講談社 (2002/5/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061822500
  • ISBN-13: 978-4061822504
  • 発売日: 2002/5/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 69件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 498,071位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
著書の二作目にして最高傑作。この作品がなかったら、西尾維新のことは嫌いだったと思う。独特な文章は正直読みにくいし、キャラクターたちも意味不明な性格ばかり。おまけにミステリーとしても伏線やトリックが雑。
しかし、この小説が良いのはそんな要素を越えた部分にある。色々と展開に無理があるが、なぜか引き込まれる。文章も嫌いだが気づいた時は最後まで読んでいた。
おそらく、これが西尾維新の才能なのだろう。細かい理屈抜きで面白い。青春ミステリーの残酷さがよく描けている。主人公の内面も素晴らしかった。戯言だけどね、という臭いセリフや独特なキャラクターたちも最後には良いと思えた。
ぜひ、こうした傑作をもう一度書いて欲しい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白かったです。愛憎、人間関係。そういうものの圧力と解放みたいなものが書かれているように思います。

この戯言シリーズの主人公、「僕」がだんだん凡人と称しつつ、実はやばいんじゃないか?というところに行きはじめるお話かなあ、と。前作『クビキリサイクル』では見られなかった主人公のやばさが強く出ています。

誰が犯人か?はすぐにわかるように書いてありますが、それが混乱して、確信が持てない感を読者に与えて、それが面白い感じになっているのかなあ、と。

ここまで、主人公の悪意みたいなものを真面目に取り扱って、読ませることができるように書いてある小説をあまり読んだことがないように思います。ラノベは深くない、みたいな紋切型のラベリングを軽薄にも信じていたのは誤りだったと思わせられたように思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 西尾維新の中で、純粋に作品としてのレベルの高さではトップだろうと思う。こんな面白い小説が存在していいのだろうか。
 純度100%のキャラクター小説。だが、それでもとことん面白い。あまりに残酷であまりに美しい。ラスト、全てが明かされた後、主人公の一言一言がぞくぞくするくらい胸に感じる。
 主人公の性格、そして魅力が最大限に発揮された話。
 そして、日常の崩壊。足し算引き算の人間関係。友達。殺人鬼の対比。
 全ての要素が絡みあい、最悪にして最高の読了感をもたらしてくれる。
 
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
最悪は「最低」とは違う。
悪は時として「高く」もある。
最悪な読了感に反比例するかの如く、
作品の出来が高まっているように感じる。
新世代の感覚を持った作家のみが書ける貴重な物語だろう。
そして、物語の全てを読み切るには、
読み手側に「痛み」を克服出来るだけの精神力が必要だ。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
今回も個性的なキャラが大勢登場。私は特にお人好しな殺人鬼・零崎人識が大好きですVv

内容は、シリーズ中最も胸に突き刺さる話だと思います。

どんなに失敗しても終われない人生。
友達と盛り上がっていても冷めてしまう心。

「いーちゃんは自分だ」とひそかに共感してしまう人はきっといるはず。

まだ読んでいない人はぜひどうぞ!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
面白いですよ。
読者をも騙す主人公。
あまり動機のわからない殺人。
↑(でもこれはこれで、ある意味リアルだと思えるところもある)
主人公の闇とその深さが垣間見える。
戯言遣いと一般人が交わればこういった結果になるという
一つの答えがここにある気がした。
面白いことに間違いは無いので、一巻を読んだ人は
読むべきでしょう。
ただ、まだ読んでいない人にこれだけは言わなくてはならない。
本の表紙に「新青春エンタ」と書かれた
帯が巻かれているかもしれない。
だが正直いってこの本は「青春エンターテインメント」
とは違う。絶対違うと思う。
どちらかと言えばサイコホラーに近い気がする。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
西尾維新氏の「戯言シリーズ」第二弾。
前回のような天才と呼ばれる人は出てこないが、今回の作品ではとにかく描写が激しい。
思わずゾッとしてしまうような描写に、後半の登場人物達の心のうちが分かった時の喪失感もまたたまらない。
人間の複雑な感情がこれほどまで上手く書かれている小説は少ないように感じる。
余談だが、このシリーズは「タイトル」にも仕掛けがしてあり、タイトルを意識しながら読み進めていくと、より読み終わった時の余韻を楽しめるだろう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー