通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫) 文庫 – 2008/4/15

5つ星のうち 3.9 136件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 843
¥ 843 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
  • +
  • クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
  • +
  • クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

エンターテインメントを一新した傑作!「戯言シリーズ」
第23回メフィスト賞受賞作

自分ではない他人を愛するというのは一種の才能だ。他のあらゆる才能と同様、なければそれまでの話だし、たとえあっても使わなければ話にならない。嘘や偽り、そういった言葉の示す意味が皆目見当つかないほどの誠実な正直者、つまりこのぼくは、4月、友人玖渚友に付き添う形で、財閥令嬢が住まう絶海の孤島を訪れた。けれど、あろうことかその島に招かれていたのは、ぼくなど足下どころか靴の裏にさえ及ばないほど、それぞれの専門分野に突出した天才ばかりで、ぼくはそして、やがて起きた殺人事件を通じ、才能なる概念の重量を思い知ることになる。まあ、これも言ってみただけの戯言なんだけれど――第23回メフィスト賞受賞作

内容(「BOOK」データベースより)

絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、五人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする。工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友とその冴えない友人、「戯言遣い」いーちゃんは、「天才」の凶行を“証明終了”できるのか?第23回メフィスト賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 562ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062754304
  • ISBN-13: 978-4062754309
  • 発売日: 2008/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 136件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 109,711位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
クビキリサイクル読ませていただきました。最近の西尾維新さんはものすごいですね。CMなどでも見ない日はないのではないでしょうか。そんな西尾維新さんの初の書籍を読んで見た感想は不思議そのものでした。この体験をすることによって様々な想像を膨らますことになるのです。これを読んでまだ続きかあるのか…こんな贅沢をしてもよいのか…と次の御話も楽しみで仕方がないです。西尾維新さん…楽しみをありがとうございます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
とりあえず読めばわかる。最後にはっはーとくる感じがいいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
以前、少年JUMPの巻末コメントで編集の方が最終巻を絶賛しているのを見ていて気になり本屋で書籍で全巻一気に購入しました。

文体がかなり独特で、厨二っぽい名前やセリフ、設定、正直、好き嫌いがはっきり分かれる作家さんだと思います。

個人的な感想を言うと今まで読んだ作家さんの中でも一番に近いくらい合わなかったです…。
何よりキツかったのは全体を通して主人公の発言や考え方に大半嫌悪感しか抱けなかった事です。登場人物たちも大半…というかほとんど好感は持てませんでした。

ミステリー部分に関してもうーん…と思う事が多かったです。

それでも最終巻を絶賛している編集の言葉を信じて最終巻迄読みましたが、私には素晴らしい作品とは一度も思えないままでした。正直読後の感想としては色んな意味で最低としか言えなかったです。

しかし夫はこのシリーズこそ読んでないものの西尾維新さんの大ファンなので、刺さる方には最高の作品になりうる、そんな作品だと思います。

とはいえ私には一つも楽しめず共感出来ず文体も読みづらい、刺さるところもなく、何故絶賛されているのか全く理解できない作品でしたので星1以上は付けれないな…と。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ラノベ!!!と全身で表しているような小説を久々に読みました。もともと本作についてはあまり調べないでメフィスト賞受賞作という看板に惹かれて購入したのが原因なんですが。一般小説と勘違いしていたんですね。そしてその勘違いは数ページ読んだだけで氷解しました。キャラ、文章、ストーリー、構成、すべてにおいてラノベ!!!だったからです。
本作をざっくり説明すると天才ばかりを集めた孤島で首切り殺人事件が発生し、主人公たちが解決するというミステリーになっています。エピローグの種明かし含めトリック自体はそこそこ納得できるレベルでした。トンデモ要素はありますがそもそもミステリー小説でトンデモ要素がない作品は少数なので、まあその点はいいとして、問題は天才しかいないという状況下なのに各々の推理や犯人のトリックがあまりにお粗末すぎるということ。
作者より頭のいいキャラはいないという至言がありますがまさにそれ。傲慢で不遜で変人で他人を見下し肩書きや学歴だけで立派さを表現しているような上っ面の天才キャラはたくさん出てきますが本当に頭が良いんだと思えるキャラは作中一人も登場しません。推理を聞いていればわかります。というか被害者と電話で話したという貴重な証言が出ても「それは幻聴」でまかり通ってしまう辺りいろいろ察することができると思います。
正直本作のトリックは首切り殺人としては初歩中の
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ラノベ作品としては並なんだろうか。
このレベルの作品にしては妙に星が多い気がするが。
トリックも平凡なものが多いし、最後にどうにでも説明ができるようにするためか途中の細かな描写に欠ける。
なので謎解きという感じではない。そしてなにより財団の令嬢っていうのが出てきたのは爆笑した。
どアホなのかとも思った。作者にも出版社にも。文章力だけで勝負して知識の不足が露呈していました。
というか、知識の不足は調べて補えばいいのですが、面倒くさかったのでしょうか。
いずれにせよ、とても薄っぺらくかんじました。
この作者には、論理的思考能力と社会の知識が不足していると感じました。
この作家の今の力量は知りませんが、これに限って言えば駄作だと断言できます。
私にはなぜこれが売れるのかわかりません。
新品で買わなかったのがせめてもの救いです。
もう2度とこの作者の作品は買うことはないでしょう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー