通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クドリャフカの順番 (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クドリャフカの順番 (角川文庫) 文庫 – 2008/5/24

5つ星のうち 4.1 65件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 500
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クドリャフカの順番 (角川文庫)
  • +
  • 愚者のエンドロール (角川文庫)
  • +
  • 遠まわりする雛 (角川文庫)
総額: ¥1,945
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

文化祭で賑わう校内で奇妙な連続盗難事件が発生。犯人が盗んだものは碁石、タロットカード、水鉄砲――。事件を解決して古典部の知名度を上げようと盛り上がる仲間達に後押しされて、奉太郎はこの謎に挑むはめに!

内容(「BOOK」データベースより)

待望の文化祭が始まった。だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。盗まれたものは碁石、タロットカード、水鉄砲―。この事件を解決して古典部の知名度を上げよう!目指すは文集の完売だ!!盛り上がる仲間たちに後押しされて、奉太郎は事件の謎に挑むはめに…。大人気“古典部”シリーズ第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 393ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2008/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044271038
  • ISBN-13: 978-4044271039
  • 発売日: 2008/5/24
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,873位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazon Customer トップ100レビュアー 投稿日 2015/7/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
「古典部シリーズ」第三作である本書の舞台は、主人公たちのかよう高校の学園祭。謎の連続盗難事件を縦糸に、古典部内のトラブルを横糸にして、古典部メンバーたちの奔走が描かれます。

語りの形式としては、これまでの折木奉太郎の一人称という単一視点ではなく、奉太郎、千反田える、福部里志、伊原摩耶花の四人の視点が交代しながら進みます。

本シリーズではこれまで主人公である奉太郎の視点でしか描かれてこなかったので、残り三人はあくまで彼の視点からのみ提示されてきました。
しかし本書では、ほかの三人の視点を読むことができ、彼ら全員の感情の機微を追うことができるため、まさしく “青春群像劇” といった印象でした。とくに主人公の友人であり良き理解者である里志の描写からは、同性の友人に対する屈折した心情がよく伝わりました。千反田も意外に奉太郎のことをよく観ていることがわかります。反対に、三者三様の視点から観た奉太郎のイメージも語られるので、彼のイメージもより立体的に理解できました。

視点交代を取り入れたメリットはそれだけではありません。奉太郎をほとんど一箇所に固定したまま、残りのメンバーを縦横無尽に動き回らせることで、物語をふくらませることに成功しています。
本シリーズの設定上もともと奉太郎は “安楽椅子探偵” の役割ですが
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 HERO 投稿日 2017/1/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
TVアニメ『氷菓』を見て、原作小説の<「古典部」シリーズ>を読みました。
クドリャクカの順番では神山高校文化祭で起こる十文字事件の謎を解いてゆきますが、謎解きそのものだけでなく、麻耶花が属する漫研での河内先輩とのやり取りや、千反田が自分以外の他人に頼る方法を入須先輩から伝授されて奮闘するも、無理な精神状態から疲れてしまう話など、読み応えのある人間模様がいっぱい詰まっています。
個人的にはカンヤ祭前夜に千反田が神社にお参りしてみんなの無事を祈り、話の一番最後で折木奉太郎がこうやって運がよかったのは誰かがお祈りでもしてくれたお蔭かな、と感謝するあたりのくだりが特に好きですね。
十文字の犯人は意外な人物で、冒頭から少しずつ伏線が張られているのですが、いわゆる通常ミステリーのように読者が謎解きをするのは不可能でしょう。しかし、ばらばらに描かれてきた様々なエピソードが曼荼羅のように縁があって絡み合い、登場人物本人ですら気がついていないような原作著者の意思が伝わってきて面白いです。
漫研2年生の河内亜也子は本作品では”嫌な奴”、悪役(ヒール)的な描かれ方をされているのですが、漫研部長の言葉では彼女は優しい子とされていて、たぶん本作品を読んだだけではまだその心の中はわかりきらないでしょう。このレビューを書いている2017年1月初めのわずか1か月余り前に古典
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひなこ 投稿日 2012/4/29
形式: 文庫 Amazonで購入
この巻は、語り手も変わり、いろいろな視点からカンヤ祭の雰囲気が描かれているし、同人誌のことや、わらしべ長者のことなど色々な出来事が最後に一つの渦にまとまっていく感じが面白かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この作者の文章は抑制が効いた筆致で地の文が効果的に背景を描き出していて没入しやすい。
ただ、今回はそれぞれのキャラクターのモノローグから始まり、それぞれの視点でストーリーが語られる。
視点の変化が伴うので結構、むつかしい手法だが、群像劇としての本質を反映している。
楽しい文化祭だが、古典部は大きな問題を抱えていた。それは解決できそうもない。四人四様で悩んでいる。
トリック自体は古典的だが、見せ方が面白い。
犯人はABC殺人事件を本歌どりして、10のサークルからその名前と同じ音のつくものを失敬していく。
その犯人はだれか。謎解きの合間に展開するキャラクターそれぞれのエピソード。
それらが一点に集約された先に、折木奉太郎が見出したのは何か。そして古典部の大問題はどう解決するのか。
ただ、厳密には推理小説のルールから逸脱したプロットなのでここら辺は少し気になる。
重要な解決のカギはある人物がもたらすのだが、なぜその人物はそれを持ち歩いていたのか。
去年、カンヤ祭を訪れ、それを手に入れて、そして今年はそれをバックに入れて再び訪問する。
ちょっと、話が出来すぎているんじゃなかろうか。
何か一つ足りないような気がする。それを語るエピソードがほしいところだ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー