通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス) コミックス – 2013/2/19

5つ星のうち 3.1 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クズの本懐(1) (ビッグガンガンコミックス)
  • +
  • クズの本懐 (2) (ビッグガンガンコミックス)
  • +
  • クズの本懐(3) (ビッグガンガンコミックス)
総額: ¥1,821
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私たちは、人間のクズだ――。

品行方正な美男美女カップルとして、周囲から羨望の眼差しを浴びている花火と麦。理想的な男女交際に見える二人は、誰にも言えない“ある秘密"を共有していた。


登録情報

  • コミック: 177ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2013/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757538871
  • ISBN-13: 978-4757538870
  • 発売日: 2013/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
自分の本当の欲求に対する置き換えとして取っている行動がタイトル通りの「クズ」であるかはテーマとして疑問。
お互いに合意のもとで行われていることなので、目的に対する歪みよりも「自分ってクズ」だなあという浸りたいだけに見え、
客観的にはそれほど大したことでもないよ、と言ってあげたいところです。
コメント 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメ化もされた話題作で、かわいくて親しみやすい絵、ということでつられていくと、しっぺ返しに合います。ある意味、「ファンタジー」の「エロ」なのだと思います。それがよいと思えるかは好みなのだと思いました。私は無理でした。

ヒロインの花火はとても気が強くてヒネた子で、かわいいのは外面と外見だけです。確かに、花火はクズかもしれません。
麦にいたっては、(1巻の時点で)どうしてモテているのかも不明な、特に特徴もない、「薄い」子です。クズと評するにも、いまいちパンチがよわいキャラです…

また、二人それぞれの恋が、うまくいくような気配は全くないし、うまくいかせる気も作者さんにはさらさらないんだろうなと思います。たぶん、表現したい目的はそこじゃないのでしょう。

二人には全く共感できませんでした。ほかに好きになれる人物も全くいませんでした。いままでたくさんマンガを読んできたのですが、話題作といわれるもので、こんな感想を持つのは、おそらく初めてです。そういう意味では、読んでよかったです。

たとえば文学の世界だと、主人公に共感しやすさは必ずしも必要ではありません。ただ、文学の場合、作者自身の醜さが投影されている場合が多いと思うのですが、この話は、文学作品のように作者の自己を投影しているのではないと思われま
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
設定は面白そうではあるなと思ったけど最後で拍子抜け、お前ら結局セックスしてないんかい!完全にタイトル負け。
そのせいでヒロインが自分に酔ってる感が増してしまって、実際大したことない悲劇のヒロイン気取りな口弁慶になっている。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
アニメ化、ドラマ化されるというので読んでみた。

思春期の♂♀の愚かさとエロいことへの期待のようなものは
よく出ていると思うけど、そんなひねくれた方向へ歪むくらいなら
ストレートにぶつかれよ、と言いたくてたまらない。
これが純愛? 寝言は寝て言えよ?

一度読んで、後で読み返したくなるマンガでは決してない。
今後の展開により、すっきりと終わる可能性もまずない。
いいところはあると思うけど、アニメ化・ドラマ化は過大評価なんじゃないか?
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
おそらく作者がクズな世界を知らずまた自分自身もクズなことをしたことがないからなのかストーリーに躊躇が見られる
おそらく生々しく本当にクズなストーリーを作るのは気がひけるのだろう
もしこのタイトルを編集者に付けられただけなら可哀想
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
6巻まで読んだ。
全体として言えることは構成力がまるでない。
人気作で絵もきれいなので面白くなることを期待して読み続けたがつまらなかった。
群像劇風に話を進めているが魅せ方が下手なのでごちゃごちゃしててひたすら読みづらい。
セクシュアリティや自己愛についての掘り下げが足りず露骨で希薄。
モノローグはどの登場人物も作者に喋らされてる感が拭えないヒロイズムばかり。
闇落ちさせればいいと思ってるのかと。
話の進みが遅いなら読者を飽きさせない工夫をもっとしてほしい。

絵はきれいなので原作をつければいいかもしれないが正直表情や魅せ方もそれほど上手くないのでエロ同人を続ける方が良いのでは。
R18指定の同人誌が買えない中学生にとっては需要のある作品だとは思うのでその層を狙い続ければいいかもしれない。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私的に横槍メンゴ先生は脚本家を別に付けて出した方が評価的にもセールス的にも上がるタイプの漫画家。
岡本倫先生がストーリーを担当した「君は淫らな僕の女王(以下:きみだら)」と、横槍メンゴ先生の連載作品である「クズの本懐」「レトルトパウチ」では、構成力が全然違います。
きみだらは何度も読み返したくなる魅力があり今でも夜中にこっそりと読んでいますが、クズの本懐とレトルトパウチは1巻を読んだだけで「もういいかな」って思ってしまいました。

皆さんも挙げられているように、まず「クズ」と思えるほど、人間的に終わっていない。
どれだけの「クズ」なのかと期待して、肩透かしを食らいました。

ただイラストは繊細で柔らかく、本当に素晴らしいのでその点は☆5です。

作者は「女性でも読めるエロ」を目指しているらしいですね。
私は女性ですが、エロとかそれ以前に大切なものが欠けている作品だという印象を受けました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー