通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 pedykitty
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【キレイな帯つきで美品です】カバーほぼ使用感なく、中身も書き込みやライン引き、開きな癖もく非常にきれいです。ご満足いただける商品状態だと思います。丁寧に梱包して、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クジラの子らは砂上に歌う 3 (ボニータコミックス) コミック – 2014/9/16

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クジラの子らは砂上に歌う 3 (ボニータコミックス)
  • +
  • クジラの子らは砂上に歌う 2 (ボニータコミックス)
  • +
  • クジラの子らは砂上に歌う(4)(ボニータ・コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2014/9/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4253261035
  • ISBN-13: 978-4253261036
  • 発売日: 2014/9/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 suika トップ500レビュアー 投稿日 2014/9/18
形式: コミック
相変わらず作画が鬼のように凄い。
とはいうものの、全体的に砂だらけというかほこりっぽい絵で、美しいというのとはちょっと違う。
ただ、迫力だけはやたらと伝わってくる。
前回長老会は「自殺」を選んだが、スオウを中心とした泥クジラの人々は生き残ることを選択する。
そのためには、帝国と戦い敵の舟を沈めなければならない。
勿論、人も沢山殺さねばならない。
スオウは圧倒的戦力差を打ち破るため、帝国の舟に突撃隊を送り込むが、その間にも帝国の兵士が泥クジラを犯す。
かつての竹宮恵子や萩尾望都を思わせる、壮大なファンタジーロマン。
世界の全貌が明らかになるにつれ、スオウの胸裏を襲う絶望感。
その絶望感の中、スオウは泥クジラが生き残る道を模索する。
チャクロ達も自警団やオウニ達問題児、そして長老達もやがてスオウし従い生き残りのための戦いを始める。
この物語を3巻までで語ることは出来ない。
展開次第では、この先名作になるか、逆にとんでもない駄作になるのか予想できないから。
でも、作画と魅力的なキャラが織りなすテンポの良い展開は、読んでいて面白いことは間違いない。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
次々と倒れゆく泥クジラの人々。全員、流刑囚の末裔ゆえに死を選ぼうとした長老会のメンバーも叶うならば子供らに生きて欲しいと願っている。当初からの自分達の意思で生きるための戦いに挑む子供ら、そんな彼らを石ころのように蔑み殺してゆく兵士の戦い。表紙のオウニが夢見るような何かは外の世界には無いらしい。しかし、生きて欲しいと願う。

私も好きで読んでいるのだが、それほど人気があるとも思えないというのが私の評価だ。しかし、他の読者は違うらしい。人気がありすぎてネットカフェから本作のこの巻(=第3巻)だけが盗難に遭うという事件が起きている! それも複数の店舗で。『このマンガがすごい! 2015』の「オンナ編 第10位」にランクインし、元々人気が高かったことに加えて評判が上がって愚かな行為に走る奴が出たようだ。新聞でヒマワリ畑のことを掲載して大勢押しかけて少しくらいなら構わないだろうと盗み取ったため、あっという間に丸裸になったのと同じだ。

欲しいからって盗んではいけない。欲しければ、書店で買おうね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック