通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
クオリティピッチング がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【2013年6月初版1刷】カバーは帯付で、微スレや背に薄い色褪せありますが、概ね良好なコンディションです。中身は書き込み(チェック済みですが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい)や折れも無く、概ね良好な状態です。中は使用感もあまり感じられません。☆Amazon専売品です。発送時は丁寧にビニールに入れて出来るだけ24時間以内に発送を心がけいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クオリティピッチング 単行本 – 2013/5/25

5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/5/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 611
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クオリティピッチング
  • +
  • 決めて断つ (ワニ文庫)
  • +
  • 【日めくり】 黒田博樹 - 一言入魂 - DVD付き (ヨシモトブックス) ([実用品])
総額: ¥4,508
ポイントの合計: 137pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

かつてない究極の1冊!
スマホをかざすだけで見られる40本動画つき! !
「僕は、コントロールはよくない。でも、よく見せることはできる」
「悪いときにいかに試合をつくれるか、それが大事」

いまや、世界を代表する投手のひとりとなりつつあるNYヤンキース黒田博樹投手。
「意図のない球は1球たりともない」という、
驚愕の能力に支えられた、質の高いピッチング、その極意!

「僕はコントロールはよくない。だけど、よく見せることはできる」
「ツーシーム・スライダー・フォークの握りと、その使い方」
「軌道を消す球で、打ち取る確率を上げた」
「試合に臨むメンタリティとマウンドでのメンタリティ、その二つが重要である」
「メカニクスに大事な、ひとつのポイント」……etc.

逆転の発想に支えられた「ピッチングバイブル」で「思考方法の本」がついに解禁!

内容(「BOOK」データベースより)

クオリティ・スタート率、防御率…歴代日本人先発投手No.1!錯覚させる投球、進化し続けるフォームと握り、逆算の配球論、マウンドでの“優位メンタル”。“メジャースタンダード”を体現した日本人最高投手による最高傑作ついに解禁!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2013/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584134960
  • ISBN-13: 978-4584134962
  • 発売日: 2013/5/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 132,027位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
11
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(11)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 takashi 投稿日 2013/5/29
正直、黒田博樹とういう投手が勝てる理由は、
先天的な体の強さ、だと思っていた。

それが…、この本を読んで、
この人は勝つべくして勝っている人、
誰よりも準備を怠らず、
一球に細心を払い、
とにかくそこに魂を込めている人なのだと分かった。

実際の1球1球の解説は、本当に感心させられるし、
そこまで考えているのか、と、
「アスリート」を見る目が変わりそうだ。

で、スマートフォンで動画が見られるって衝撃すぎた。
黒田博樹はもっとメディアが取り上げるべきだ。
そうじゃなきゃ、おかしい。
心底感じた感想です。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まさに目から鱗の本。

この本には、メジャーに行って大きな進化を遂げた黒田の心技体の全てに渡っての赤裸々な思いが吐露されています。
とりわけ、1試合を見越した1打席1打席の配球の全てがその理由と共に記されています。
専門書としても1級品ですが、野球好きの人なら絶対に読むべきバイブルです。

「ここまで書いていいんだろうか?」
これを読むとおそらく誰もがそんな危惧が心に思い浮かべますが、それに対しても黒田は明確な答えを用意しています。
「万が一、相手バッターがここに書いた僕の考えを知ったとしても、今度はそれを逆手に取ればいいだけのことです。」

野球とかけ離れた日々の自分の仕事にも重要な示唆を与えてくれることは言うまでもありません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ダルビッシュや大谷君のような、見るからに元々持っていた身体能力に本人の努力で能力を上積みしたタイプじゃなく、泥臭く研究と努力を実直に積み重ねて進化し続けているタイプな黒田なので、「俺でも頑張ればできるかも」と思わせてくれます。そういった意味ですごく実践的な内容です。

息子がピッチャーをしているので勝つための考え方の一助になればと購入しました。
配球や考え方はオーソドックスと言えばオーソドックスです。
印象に残っているのは、配球の組立として「針の穴を通さないといけないような状況そのものを事前に防ぐ」ようにしている事。
人間なんでプレッシャーがかかる場面だとなかなかうまくいかない。だからそういう状況にならないように事前にいくつも布石を打っておく。
コントロールは決してすごくいいほうじゃないけど、結果としてそういう印象を持たせる配球。
とにかく相手を倒すためというより自分を楽にするための投球術、考え方が書かれています。

それとあんまり強くアピールされてませんが、今時の技術で要所要所に疑似AR(QRコードのようなもの)が仕込まれていて、
挿絵にアプリインストール済みのスマホをかざすと黒田本人が解説している映像を見ることができます。
活字に抵抗のある子供にはまずはここからざっと見せて興味持ってもらうことができるのでこの仕掛けはすごくいいと感じます。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 投球術に徹した本ですが、黒田博樹投手のマウンド哲学は、そっくりそのまま人生哲学にも活用できます。

 「中6日、144試合」の日本よりもハードな「中4日、162試合」の日程で、常に「6回、自責点3以内」のクオリティ・スタートを求められる大リーグ。
 その中で黒田投手は1年間体が持つように、「ブルペンでの球数は36球まで」と決め、練習でその日の調子を探れない代わりに、試合の中でその日の決め球を探りながら投げていくスタイルにたどり着きます。
 好不調の波が激しい投手よりも、毎試合コンスタントに6〜7回投げられる投手が求められるメジャーリーグ。本書ではこのようなメジャー流サバイバル術が記されています。

 黒田投手と言えば日本を代表するエースの1人といっていいですが、「えっ?」と思わせる告白も続きます。

・ストライクゾーンを9分割できるほどのコントロールはないし、1球の出し入れを意識して投げることもない。
・股関節が固くて正座もできない。

 しかし、黒田投手は発想を逆転し、「コントロールがいいように錯覚させながら投げる」「今ある自分(股関節が固い自分)を受け入れ、その中でどうやっていいボールを投げるか考える」という境地に至り、現在の活躍につながりました。
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー