¥1,210
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
クエルボ兄弟:南米新世代作家コンピレーション(2) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

クエルボ兄弟:南米新世代作家コンピレーション(2) オンデマンド (ペーパーバック) – 2015/4/1


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
オンデマンド (ペーパーバック)
¥1,210
¥1,210

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • クエルボ兄弟:南米新世代作家コンピレーション(2)
  • +
  • レプブリカとグラウの交差点:南米新世代作家コンピレーション(1)
総額: ¥2,200
ポイントの合計: 22pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

マルケスやボルヘスの孫の世代にあたる、1970年代~1990年代生まれの南米の作家たち。彼らの最近の作品を集めて日本語訳した、あまり例のない画期的な文学選集。(イギリスの文芸誌GRANTAや、NEW YORKERに掲載された短編小説を多数収録!) 第2集では、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア出身の5人の小説を紹介。   「象」(フェデリコ・ファルコ):町にサーカスがやって来た。子どもたちは興味津々。団長の息子が地元の学校に通うことになり、生徒たちはその子を取り囲む。しかしきつい眼差しをした内気な男の子は、奇人変人扱いされるのを嫌って口をきかない。ある朝、クラスの女の子が走ってやって来て、団長の息子にいきなりキッス! 男の子は去ろうとする女の子の髪を引っ張って、女の子を飲み込む勢いで大きく口をあけてキスを仕返す。すぐに学年じゅうに噂が飛び交いはじめた。/「ハッピーバースデイ」(ルイサ・ガイスラー):ソフィアとジュリアはいとこ同志。小さな頃からいっしょに遊んできた。ソフィアが思うに、ジュリアは繊細すぎる。少し前に起きた出来事のせいで、ジュリアは体重をかなり落としていた。学校にも来ない。そんなジュリアの誕生日に、ソフィアは頼んであったケーキを取りにベーカリーに行く。色に色を重ね、色とりどりのツブツブの飾りにおおわれた、とても可愛らしいケーキだ。/「素晴らしき四人」(ファビアン・カサス):父親はいないけれど、「グラマーの典型の悩殺タイプ」とみんなが言うママをもつボク。ママのもとに現れるたくさんの男たちがいて、その人たちとボクはしばし付き合うことになる。ママがお払い箱にする日が来るまでは。/「毎週火曜に」(カローラ・サアヴェドラ):ワタシは毎週火曜に、オターヴィオのもとを訪れる。いろいろ訊かれて、たくさんの話をする。オターヴィオはワタシがウソをついても気にしない。ウソというのは、真実の別の形だとオターヴィオは思っているからだ。ワタシは映画館で出会った男の話をする。恋をしてしまったらしい、と言う。オターヴィオはさまざまな質問をしてくる。ワタシが愛人のジュリオとどれくらいセックスするか、とか。/「エマ夫人の冒険」(フェデリコ・ファルコ):エマ夫人は一人暮らしの未亡人。公園に面した建物の最上階に住んでいる。その公園には動物園があり、アパートのベランダからは、虎の檻が見える。ある日、エマ夫人はメス虎が地面に倒れているのを目撃する。係員がクレーンで虎を運びさった。いったい何が起きたのか。エマ夫人は麦わら帽子をつかむと、大急ぎで入ったことのない動物園に向かう。/「クエルボ兄弟」(アンドレス・フェリペ・ソラーノ):「オオオニバス」「街に漂うガソリン臭」「ヴィニシウス」「ラジオ・オデッサと死んだ修道女」の四つの部分からなる中編作品。語り手のぼくが通う学校に、クエルボという名の兄弟が転校してきた。醜いとは言えないが変わった風貌の、異質なムードを漂わせる火星人のような二人。クラスメートたちは、二人は同性愛者だという噂を広める。クエルボ兄弟には親がなく、廃墟のような英国風屋敷に祖母と住んでいた。語り手のぼくは、ひょんなことで兄弟にギターのレッスンをすることになり、その屋敷に足を踏み入れる。そしてこの風変わりな二人の罠にはまったように、心を絡め取られていく。


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 134ページ
  • 出版社: 葉っぱの坑夫 (2015/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4901274384
  • ISBN-13: 978-4901274388
  • 発売日: 2015/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 12.7 x 0.8 x 20.3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,526,169位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう