通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
クイック・ジャパン79 (Vol.79) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。x2521a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

クイック・ジャパン79 (Vol.79) 単行本(ソフトカバー) – 2008/8/12

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • クイック・ジャパン79 (Vol.79)
  • +
  • 雨上がり文庫 (小学館文庫)
総額: ¥1,486
ポイントの合計: 26pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 262ページ
  • 出版社: 太田出版; A5版 (2008/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778311434
  • ISBN-13: 978-4778311438
  • 発売日: 2008/8/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 705,956位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
徹底特集は『アメトーーク』雨上がり&加地プロデューサーの対談から、ツッチー、おぎはぎ、すべり芸人のインタビューそして人気者、日村の秘蔵写真も・・・

特集の『DMC』は原作者、若杉公徳のインタビュー&全57話のセルフ解説
映画の出演者、監督などのインタビューが載ってます

他は、ダイナマイト関西や、ドアラと五月女ケイ子&細川徹再開、裏関根インタビューなどです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
アメトーークが当たり前じゃなくて、爆発していた頃、デトロイト・メタル・シティが映画化され、ダイナマイト関西が大きくなりつつあった。

ブームは一定の期間を経ると2つのどちらかに変わる。消滅するか当たり前になるか。お笑い芸人を礼に取ると分かりやすい。”ドドスコ”の楽しんごはテレビの表舞台から消滅し、”トゥース”の春日は当たり前のようにテレビに出ている。

ブームだった頃のアメトーーク特集がこの号のメイン。アメトーークなるすごい番組があると日常会話に出てきていたころ。

今はそんな会話はなくなった。当たり前になったから。当たり前のように毎週放送され、キリが良い時にはゴールデンSPが放映される。未だに当たり外れはあるけど、当たり前になったことに疑いはない。

ブームになったものの、多くが消滅してしまうことが多い中、当たり前になることの価値は大きい。

そんなアメトーークブームの頃の特集。今ではデトロイト・メタル・シティは終わり、ダイナマイト関西は大きいステップに進もうとしている。

【手に入れたきっかけ】

Quick Japanにハマっていた頃、まとめ買いをした中の一冊!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック